4-2 海の男

「おい、トニヤ。さっさと外せ、魚が腐るだろうが」

「おい、トニヤ。茶はぬるいのがいいって言っただろうが」

「おい、トニヤ。いつまで甲板こすってるんだ。床がすり減っちまうぞ。大体お前は」


「はあ、疲れた」


 短い夕食を終えたトニヤは船の縁に寄り添うと顎を船の縁に乗せてため息を吐いた。


「トニヤって呼びやすいんだよ」


 トニヤより三歳年上の新米漁師ノアが笑う。彼の経験値とトニヤの経験値は変わらない。と言うより、これほど働いているならトニヤの方がむしろ上かもしれない。ノーザンピークに着くころにはトニヤは立派な漁師になる。


 自身の悲劇を思うとため息しか出てこなかった。懸命に働くとは宣言したけれど、まさかこれほどだとは思わなかった。


「今日獲った魚はダナンで売るんだって」


 それを聞いてジャンクがダナンでトニヤを降ろすと言っていたことを思い出した。


「他の国に行くの初めてなんだ。どんなところかな」

「ボクは降りない」


 トニヤがぼそりと呟く。


「絶対、絶対降りないぞ」


 トニヤの反抗の意思が快晴に木霊した。




 ダナンで魚を売り捌く間に、結局トニヤはノアと下船した。


 ダナンは南の大陸寄りの島のため、文化が殆どロドリアと変わらない。特に異国情緒が溢れているわけでもなく、大人しい町。漁港で魚がたくさん売られていて、漁民がそこら中で魚を捌いたり網の修理をしている。


 魚を見ていると思い出すのは森の魚。森でも川魚は良く食べた。森には一件魚屋があってウィプスという若い変わり者が一人で店を営んでいた。お使いで行くこともあったが何しろトニヤは彼が苦手だった。


「セラはどんな風に大樹を燃やしたのかな」


 店番をしながら本を読んで、森の誰もが聞けないことをあっさりと聞いてくる。トニヤは返答に困ってしまい「知りません」と叫んで店を後にすることも度々あった。ただ、ウィプスの店の干物は感激する程の一品で、その理由は釣ってはいけない聖域の丸々と太った魚を釣って加工しているからということを後で知った。


 特に美味しくもなく不味くもない食事をダナンの町で摂り、ノアと歩いて漁港へ戻った時だった。


「トニヤ、見ろよ。ハンプトンだぜ」


 そう言ってノアが指した先に丸々と太った銀色に光る超巨大魚が居た。トニヤは目を丸くした。トニヤ二人分くらいの体長と四人分くらいの胴周り。台車で船からゆっくりと運び出されているところだった。


「ボクたち、ハンプトンを見るのは初めてかい」


 ハンプトンを釣ったと思われるまだ若い三十代位の漁師が笑った。


「うん、初めて見るよ。すごくおっきいんだね」


 トニヤはハンプトンに近寄ると大きな目玉を覗きこんだ。大人のこぶしほどの大きさがある。


「どうやって釣ったの」


 ノアは興味深々で問いかけた。


「ワイヤーで一本釣りさ。船が沈むんじゃないかというほど暴れてね」

「へええ、すごいなあ」


 ノアは心底感動した様子で「すごいな、すごいな」と目を輝かせていた。

 ハンプトンは台車ごと荷車に移された後、ダナンの町へと運ばれて行った。




 それからというもの、船でノアの蘊蓄は留まるところを知らなかった。


「ハンプトンは伝説の怪魚と言われていて、ティエリア海の王者と呼ばれているんだ。釣り上げたことがあるのはほんの一握りの漁師で、ハンプトンを売れば家が建つって言われている位なんだぜ」

「どんな味なの」


「うーん、食べたことないけどきっと美味いんだろうぜ」

「食べたことないのに」


「ああ、五月蝿い。うちは貧乏だったから、食べさせてもらえなかったんだよ」


 すると二人の背後で話を聞いていたジャンクがくすくすと笑い声を上げて、ひと言「とろけるほど美味いぞお」と呟いた。


「ジャンクさん食べたことあるの」


 トニヤは驚いて振り向いた。


「仲間の漁師に一度食べさせて貰ったことがある。動物の脂身の部分のように柔らかく溶けて甘い。後にも先にもあんな魚は食べたことがない」


「へええ」 


「釣り上げるのは海に生きる男の誉れだな」

「男の誉れ」


 トニヤはぽつりと呟く。


「さあ、トニヤ。午後の漁の準備を始めるぞ」


 そう言って立ち上がるとジャンクは漁の準備を始めた。



       ◇



 殆どの日、午前と午後の二回漁をして、島々に寄港しながらセレス号はだんだん北上して行った。ロドリアの港を出港して一カ月。この頃トニヤの身にある問題が起き始めていた。


――ああ、つまんない。


 疲れ切った体を船縁に持たせながら海面をぼうっと眺めた。


 そう、トニヤは海上生活に飽きていた。毎日、漁をして、魚を売りさばいて、変わりもしない町並みを見学して、また船に乗り。

 繰り返される変化の無い日々にやる気を見いだせず、この頃こうして海面を眺めてため息ばかり吐いている。


 ノアなどはやりがいを感じているらしく、日に日に成長しているのはトニヤにさえ分かる。トニヤだけがみんなから置き去り。

 何しろトニヤの夢は船乗りになることではないのだから。


「おい、トニヤ。いつまでぐずぐずしてるんだ。午後の漁の準備をしないと」

「いやだ」

「ああ?」


 ジャンクの片眉がつり上がる。


「いやだ。ボクもう船降りる」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る