3-5 呪いのセイレーン

 海中には数え切れない船が沈んでいた。折れることなく真っすぐ伸びた帆柱、白さを湛えたままの帆、まるでまだ生きているかのように綺麗な状態で皆眠っていた。


 海は仄暗く、不気味さを醸し出す。光りの届かぬ墓場。

 海中に放り出されたセラの下方にまだ沈み切っていない船舶が浮かんでいる。少しずつ空気が抜けているようだ。


 セラは顔を上げて悪しき精霊を見据えた。


「セイレーン、今すぐ船を解放しろ」


 セラは頭の中で強く叫んだ。


「人間風情がワタシに命令するなどと」


 セイレーンがセラの前へと降り立つ。髪がゆらりと水を掻いて美しい衣が舞い上がる。セイレーンはそっと手を伸ばすとセラの細い首筋に触れた。


 口づけされるかと思うほど柔らかく優しく触れて、彼女の冷たい情が心にするりと侵入する。手をそっと首筋に添わせて愛おしそうに撫でたと思うとその直後、突如首を絞められた。


 驚いたセラは必至で剥がそうともがくが、美しい顔からは想像できぬあまりの剛力に次第に口内の息が漏れていく。手を伸ばして抵抗し、セイレーンの顔を掻くと薄い皮膚が破けた。白肌の下から露わになったのは赤黒い恐ろしい死霊の肌だった。


 セイレーンは大口を開けるとセラの口に齧り付いた。肺の中に残っていた空気を全て絞り取り、セラの体の力がどんどん萎む。恐らく吸われているのは生気だ。


 指が細り、手の甲に皺が寄って、体が痩せていく。

 限界のあまり意識が途切れそうになった。目の前が暗くなり、暗黒が頭の中へと押し寄せて正常な意識を浸食していく。

 次第に光が細り小さな丸となって消えそうに儚く煌めいた後、死を悟った。


 ああ、ここで死ぬのか。

 こうして死した魂を集めてまたセイレーンは巨大な憎しみの塊へと成長するだろう。無念を抱えた魂は波間を彷徨い、永遠に消えぬ精霊となって人々を襲う。海の魔物だ。


 全てを諦め手放そうとした時、急に目が覚めた。

 胸をあの熱さが襲う。

 胸の文様から白い光が放たれ、それが口元を通してセイレーンの体内へと一気に流れ込んだ。


 爆発するような膨大な光量を受け入れられずセイレーンは体から光を迸らせる。唇を離し、喉を押さえて苦しみの呻きを上げた。

 セイレーンの体が内から眩く発光している。海中で激しくもがき奇声を上げて叫んだ。


「貴様何者だ、この力。お前の命、お前の命は」


 光が内から死霊の体を貫く。凄まじいまでの命の抵抗に海の中が騒然とする。

 死霊の体から沸騰したように大きな泡が勢いよく溢れ、セイレーンが苦しみながら蒸発していく。焼けつくような魂の残り香は水中であっても凄まじい。


 おぞましい声を発しながら苦しみ、命が消える瞬間まで彼女はもがいて断末魔を響かせた。琴の弦が切れたような高い女の声だった。

 セイレーンの体を覆った泡はやがて周囲に広がり、全ての視界を埋めてセラの意識を奪った。

     



 気がつくと船は穏やかな海洋に浮かんでいた。皆、甲板で倒れてそれに明るい陽光が降り注いでいた。嵐を抜けたのだ。


 全てが信じられない一時の幻であった気がする。

 だが胸がまだ熱い。生きている。セラは自身の生を確かめるようにゆっくりと自身の手を握って開いた。生気を奪われ痩せた体は元へと戻り、胸元を確認すると光は消えて元の黒い文様のままだった。




 それからの旅路は実に愉快だった。と言うのも人々は皆セイレーンに遭遇した後のことを一様に覚えていなかった。

 セイレーンに出会って意識が無くなり、気がつけば嵐はおさまっていた。頭の中から恐怖の記憶が抜け落ちて、残ったのは奇跡。人々は手を取り合い生あることに感謝した。


 以後、毎晩お祭り騒ぎ。陽気に歌い踊り、酒を飲んで。そして寝る前に必ず酒を海へと注ぎ、皆で海の女神に祈った。



――助けてくださったことに感謝します。航海の無事をお見守りください。



 人はやっぱり祈るのか。セラは祈りの集団に加わることなくそう思った。海の女神という者が存在するのか無神論者であるセラにはやはり分からない。ふと思い出しムルティカで女性に貰ったネックレスを取りだした。ネックレスは月明かりで鈍く光った。


「航海の無事を」


 女性の言葉を思い出し不思議な気持ちになる。神は本当にいるのかもしれない。それがクルタスの神であるか海の女神であるかは不明だけれど。理屈で説明できぬ自身の身に起きた異変の正体は神の加護であるのかもしれない。

 何しろ自分は生きている。


 だから、今度同じことがあったら祈ってもいい。祈ることで救われる人々もこの世にはたくさんいるのだから。


 セラはネックレスを首にかけると、そっと服の中へと仕舞った。



       ◇



 船舶はその後各地を巡り、乗船してから半年後、セラの目的地であるノーザンピークの漁港へと辿りついた。長い航海だった。下船する時、皆が見送ってくれた。彼らは生死を共にした旅の仲間だ。

 マーティスなど泣いていたし、セラが金を巻き上げた連中も「またやろうな」と笑った。


「これはお前にやるよ」


 そう言って副船長が差しだしたのはスコットリドリーの著書、精霊学だった。


「何度も読みましたし。殆ど頭に入ってるからいいです」

「そういうな。分かってても人生に大切な本はあるんだよ」


 副船長は半ば押し付けるように突きだす。セラは軽く頷いて本を受け取った。気持ちが嬉しかった。


 スコットリドリーの住むステラと言う町は漁港から歩いて一時間ほどの所にある。とても古く美しい町だという。


 赤道を跨いだため季節はまた夏になった。乗船したのも夏の始まりだった。


 セラの胸の傷は少し大きくなった。これでまた一歩死へと近づいた。でも、まだ生きている。生きているのだ。セラは半年連れ添った仲間に別れを告げた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る