クニオ記【ショートショート】

作者 モグラ研二

21

8人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

まあ最初にこの物語の感想を述べる前に、とても大事な重要事項を皆さんにお教えします。


この物語の主人公、『クニオ』という名前はワタクシの父親の兄に当たる人で、兼業農家を営んでおりました。

いつも酔っ払っている印象しか無く、しかし勤めていた市役所のボーナスが出ると、必ずお金をくれました。

そんなクニオオジサンですが、ある日、稲刈りの為に出ていた田んぼのど真ん中で、うつ伏せの状態で亡くなっていたそうです。


どうか読者の皆さん、この物語を読む時は、ワタクシのクニオオジサンの冥福をも、同時進行で祈って頂けたら、これ幸い。


ではそんなワタクシも、物語の世界の中に戻らせて頂きます。
クニオという名前だけが、どうしてもワタクシのアタマの中に入って来て、マトモに物語を読む事が出来ませんでした。


因みにワタクシの父親の名前は『キクオ』です。
まあ非常にどうでも良い事ですが。

★★★ Excellent!!!

ノスタルジアなペーソスなソイソース!!
しょっぱいヨ!!

独特の描写、
根底に郷愁(居場所の意味で)が流れている。

何か本当にキュビズムめいて来た。

この題目をこの題と描写でするか!? と言う、
未知(?)の表現方法を目の当たりにしたいそこのアナタ、
一読いかがでしょうか?

最後の場面で少しだけ心が温かくなりました。

ふひひ……。