黒の宿命 〜光の目覚めと共に再び、動き始める世界の運命〜

作者 つむじかぜ

80

29人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

万人向けだけれども、ダークな描写が続きますので、そういうハラハラドキドキを求める方向け。
冒頭にストーリー上の大きな鍵が提示されており、主人公との関係はこれから解き明かされていくようです。
強いけれども悩み苦しむ主人公が好き!じっくり進むお話が好き!という私のような人間にはストライクな作品ですので、作者様も言われているとおり、まずは10話まで読んでみることをオススメいたします。

★★★ Excellent!!!

ご縁があり、この物語に出会いました。更新分まで読み終えましたので、レビューさせていただきます。

この物語の始まりは、800年前のこと。この世の陸海空全てを蹂躙した『破壊の大厄災』。そんな災害とも呼べる惨事からやがて時が経ち、とある理由で両親に捨てられ、辺境の村で魔獣を退治して暮らしていた少年、レイの視点へと移ります。彼は稀有な才能を持っていたが故に悲しみを背負いながらも、村人達の優しさに触れつつ、平穏な日々を送っていました。
しかし、運命は彼を逃しはしませんでした。彼の持つ稀有な才能に目をつけた、十戒、と呼ばれる者達が村にやってきたことによって、彼は否が応にも動き出した歯車に絡め取られていきます。

見応えのある戦闘シーン。厨二心をくすぐられる、ルビ付きの魔法。バトルファンタジーものの王道を、一直線に突き進むこの作品。
主人公に襲いかかる悲しい展開の数々には、自然と彼を応援したくなってしまいます。しかし、絶望があれば希望があるもの。彼はきっと、辛い今を乗り越えてくれるでしょう。

王道で、でもダークな一面を持つバトルファンタジー。他の皆さまも是非読んでみてください。

★★★ Excellent!!!

希望が絶望に変わりこれから主人公はどうして行くのかがとても気になりました!

そしてストーリ的にも良く自分的にはだいぶ良かったと思います!ただ自分的にはもう少し絶望感が欲しかったなっと思いました(笑)
主人公がこれから絶望を味わっていく際はもっと残酷な話を期待して待っています!!

★★★ Excellent!!!

10話まで読んで後悔しないと言うのは本当です。話が進むほどジリジリと先の展開が気になるようになっていきます。

1話と2話辺りは中々言い回しが難しい感じで書いてありますが、そこを突破出来ればその後は読みやすくなっていきます。

是非10話まで読んで見て欲しいです。

ただ、この作品はかなりダーク寄りで、残酷な表現がバンバン出てきますので、そう言うのが苦手な方は、ご注意下さい。

★★★ Excellent!!!

 物語の流れとしては、序盤はごく単純だ。主人公が大切にしていた日常が儚くも理不尽に壊される。

 詳細は省くが、『人が死ぬ』シーンは必見だ。

 また、壮大な世界観をうかがわせているが、小見出し的な設定よりも、唐突な謎を開示する際の読ませる力が、この作者の方にはあるように思う。
 特に10話は、作者の方が言う様に、これが続く物語であるとするならば良いプロローグとして機能しているだろう。

 日常の描写をあえてコメディタッチに表現することをすれば、その残酷な世界観がより活きてくると思われる。