いずれ消え去るその日まで電子の海をひたすらに漂うことしか模造された私たちには許されていない

作者 緑窓六角祭

0

0人が評価しました

★で称える

レビューを書く

書かれたレビューはまだありません

この小説の魅力を、あなたの言葉で伝えてみませんか?