初夏色ブルーノート

作者 オレンジ11

新しく物語を紡ぐという衝動

  • ★★★ Excellent!!!

日菜子(四歳)、母親(明子)に読み聞かせをしてもらう。
一か月をかけて、千ページ(マジか!?
日菜子は毎日明子にせがんだ事だろう。
千ページ、時には戻り、時にはもっと、と。
子供は同じ話を何度も何度も読んで欲しいと言うものである。
しかし日菜子はそうではなかった。
続きを書きたい、と。
その衝動、母親似。なのかもしれない。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

えーきちさんの他のおすすめレビュー 388