夏が過ぎたら

作者 都鳥

252

91人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

主軸は青春を題材にした、身近で共感しやすい。けれども、世界観は近未来のような非日常。

ありえそうで、なくもない。そこが凄いリアリティーを出してる。

落とし所も予想外だったので、とても驚きました!

話の作り方が凄い上手いんだなぁ。これ。
参考になります〜。


願わくば2人に祝福があらんことを

★★★ Excellent!!!

切ない、けどすごくきれいにまとめられています。
何度も繰り返す無限ループなようなお話…
最後の最後でギュッと胸を締め付けられる切なさがあります。

ショートストーリーにここまで詰め込んであって、それでいて言いたいことがすべて伝わります!

すごく感動します!

★★★ Excellent!!!

短い文章の中に様々な物語の要素があります。

青春の淡い恋
SF
悲しい恋
切ない恋
そして、永遠の愛

これだけの要素を詰め込んで、満足感たっぷりの物語を作り込んでいます
作者の構成力にアッパレと言いたくなります。

きっと最後にはフーッと一息吐きたくなるでしょう。
それは溜め息じゃありません。
切ない気持ちを吐き出してしまうのです。

愛を感じる物語です。
皆さまも愛を感じてみてはどうですか?

Good!

この季節にぴったりの短編ですね。青春ものの甘酸っぱい展開かと思いきや、社会問題をはらんだ内容になって少し驚きました。確かに、その技術があったら将来導入されそうな制度だなと思います。最近、本当に暑さが殺人的で、クーラー必須ですからね……

そして読み進めていくと、ラストにびっくりさせられます。詳しく書いてしまうとネタバレになってしまいますが、そういうことか!と膝をうつ出来ですね。くどくど書かれてはいないのですが、ラストに辿り着くまでのメインキャラクターの人生に思わず思いをはせてしまいました。きっと、色々あったのだろうと切なくなってしまいます。

余韻の残る良い短編でした。これからも頑張ってください。