短編:ユメニ

作者 唐紅

88

37人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★ Very Good!!

童話であるヘンゼルとグレーテルの知名度とセット関係を生かし、設定に組み込んでいるセンスが凄いと思いましたし、主人公月光とヒロインのユメニが両想いっぽい会話内容が楽しかったです。

短編でこれだけの物語のクオリティを出せる文章能力に感嘆しました。

個人的に"俺と初めて逢った時、彼女は花を愛でるような優しさを孕んだ可憐さを持ち合わせていた。それが今や、宛ら研ぎたての日本刀のような尖い輝きに成ってしまっている。"の表現が好きだし、魅せるなあと思いました。

改善点としては難しい漢字が多かったので、それらにルビを振るとより多くの読者(中高校生)が読んでくれるかなと思います。

後は敢えてそうしているのかとは感じましたけど、最後の戦いの戦闘シーンが少し蛋白だったので、もう少し盛り上がる何かがあれば凄い名作が出来ると自分は感じました。

長編化を読んで見たいなと感じる作品でした。