平凡な俺が財閥令嬢の擬似彼氏になってと頼まれた ~選ばれた理由は「お嬢様が本気で好きになるはずがない男」なので、彼女が俺に好意を持つはずはない……よな?

作者 波瀾 紡