言の葉の刃を握る

作者 裕福な貴族

SNSのコメント欄=仮面舞踏会

  • ★★★ Excellent!!!

 言葉の殺傷効果についてが書かれている内容。
 匿名の誹謗中傷というのはいわゆる自己顕示欲が満たされないかつ、個人しかいない認識をもつ人間の行う行為だと私は思います。

 子どもの頃からいじめをしてきてその矯正をこれまでしてこなかった人間や、いじめをされてそういう被害があることが当たり前な世界だと認識している場合とかなのかなあと個人的に想像したりします。(※それ以外もあるでしょう)

 SNSで大事なのはやっぱり励ましかなと思います。そのためのツールでもあると思います。マツコ・デラックスさんは2ちゃんねるは最初はそういう場所だったとテレビで言っていたような気がします。

 自分はこんなに裕福なんだというアピール・だからこれはその証明だよ(君たちにはできないよね、持ってないよね、行けないよね、食べられないよね)!
 みたいな自分しか気持ちよくなれない記事を書くと、実際にその記事を読んだ人が攻撃を匿名でしなくても、そのアピールって一方的な精神攻撃になってしまいますよね。


 面白いことにSNSの精神攻撃は言葉だけじゃないんですね。そしてその当てはまる内容って、個人によって何が該当するか分からないんですよ。人によってはそんなことでっみたいなのもありますでしょう。
 つまり現実社会でもネットでもどちらでも必ず目に入ってしまうものなんですよ。精神攻撃的に個人に当てはまってしまうような目視情報は。

 何が言いたいかと言うと、自分の目にそういう不快なものが入らないような環境を作っていくことが解決になるのかなあと思います。

 自分を否定する人を変えられれば居心地よいのは皆同じ。それはすべての人間が。それができないのが人間。動物だって性格や趣向がそれぞれ違います。つまり何がコンプレックス的な意味での攻撃になるか分からない、何がその人の存在を肯定することになるのか分からないかつ、自分にできることが限られる。
 合わないなら距離をとるしかないです。

 でもそれだと自分の言っていることが正しいかどうか分からないし、自分の立ち位置を群れ(社会)の中でじゃないと確認できないじゃないかと思われる方がいらっしゃいますでしょうか。
 つまり合わない人間と関わらなくなると人間関係が狭まるし、社会(人間社会)で自分がどういう人間かを認知できないじゃんということです。

 認識できなくてよろしいのではないでしょうか。認識する必要もありません。

 そういう認識の仕方はマウント人間を作ります。いわゆる勘違い系の高学歴と同じ思考パターンです。上記のような認識で生きてきたからの行動パターンというものがあるんです。SNSだってそうです。
 マウントできないのはマウントするためのものを勝ち取ってこなかったからとか勘違いな人間社会構造が頭の中にある人もいます。だから心から欲しくなくても何かを掴もうとする人間がいるんです。
 プライドのためだけに他人に勝つって、かわいそうな人だと思います。(高学歴=ではないです。人生の目的のためにという考え方の人もいらっしゃるでしょうから)


 日本は自由と犯罪罰が両立する国です。悪いことをせず自由に生きることが少なくとも日本では住みやすいのではないでしょうか。

 みんなという言葉で誰かがやっているようなことを自分もして、自分の本質の言葉をつかえないで、欲しい人生も手に入らないでストレスだけたまって他人で憂さ晴らしをするなどは私からすると、義務教育が国でなされていないも同じだと思います。

 生きづらくなるような人間たくさん作ってどうするんですか。そんなんマウントしあう社会が当たり前じゃない。
 

 でもまあ、学校とかって難しいんですけどね。色んな価値観が混ざり合った混沌とした場所ですから。そしてみんな一緒にいることを国が強制しているようなものですから。家庭の事情とかもありますが。


 だからSNSを混沌とさせなければいいのではないでしょうか。あきらかに変な人には反応しない。コメントも返さない。サイトに報告したり、場合によっては警察に相談する。個人へのマウントは内容の明確さによっては名誉棄損で訴えることができます。


 趣味や好きを共有できる仲間を探して、楽しむ。それでいいんじゃないかなあと思います。SNSは。


 この世は劣等感の理由になるものが多いですから、理解されない人間からは距離を取らないとやられちゃいます。SNSじゃどのみちお金稼げないんです。お金稼げるようになってビジネス的に告知みたいな営業目的で使えばいいんじゃないかなあと思います。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

七福 アカリさんの他のおすすめレビュー 580