縁の下の刀持ち、ぽんこつ娘をひそかに支援する任務を仰せつかる。そして、それを発端とする椿事について。なお、波乱、危険、恋慕を包含す。

作者 @ns_ky_20151225

小説の累計PV数

85 PV

エピソードごとの累計PV数

一、雑魚も庭のにぎわい 1 12 PV
二、すまじきものは諜報部仕え(回想の部 全六章中の一) 1 8 PV
三、お膳立てすれば憂い無し? (回想の部 全六章中の二) 1 6 PV
四、火中の末娘を拾う(回想の部 全六章中の三) 1 6 PV
五、親心あれば任務開始(回想の部 全六章中の四) 1 4 PV
六、|穂高《ほだか》の関は金次第(回想の部 全六章中の五) 4 PV
七、聞くは一時の恥どころか危険(回想の部 全六章中の六) 3 PV
八、君子にあらずんば危うきに近寄る 3 PV
九、藪をつついて仕事を出す 2 PV
十、釘を刺……さったのか 2 PV
十一、あしびきの山鳥の……お!? 2 PV
十二、なんとかは思案の外 2 PV
十三、断じて行えば鬼神も之を避く、とはいえ 3 PV
十四、三十七計目は逃げるより良いか 2 PV
十五、虎穴に入らずんば……虎子は? 2 PV
十六、……虎子はかわいい 2 PV
十七、狐と狸の話し合い、にもう一匹 2 PV
十八、蛇猫相搏つ 2 PV
十九、帰心矢の如し、飾るほどの錦なけれど 2 PV
二十、蝸牛の角の上、闘うか踊るか |畠山《はたけやま》部長 |大牧恵子《おおまきけいこ》様 |千草《ちぐさ》様 2 PV
二十一、春霞、立つ 2 PV
二十二、雨降って、降りつづく 1 PV
二十三、女心と晴れた朝 1 PV
二十四、赤心洗うがごとく雑念なし 0 PV
二十五、光りあるところ瞳あり 0 PV
二十六、話は香で果てる 0 PV
二十七、子の知らぬは親心だけか 1 PV
二十八、骨肉の試合 1 PV
二十九、旅は道連れ世は情け、しかし刀は忘れずに 8 PV