わたしの貞操観念を地雷原から見つけてきなさい

作者 りしと

54

18人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

 社会人の主人公の小守は、偶然出会ったヒロインのめーちゃんを暴漢から咄嗟に助けてしまう。それはまさに運命の出会い……と言いつつも、甘々な展開には全くならず、二人は遠慮容赦のない罵倒の応酬をするのだった。

 ヒロインのめーちゃんはお世辞にも良い行いをしてきた人間とは言えず、毎日荒んだ日々を送っていますが、そうなってしまった背景にも同情の余地があります(紹介文の反社系ヒロインからお察しください)。さらに主人公の小守君同様に非常に口が悪く、そのような一見ラブコメヒロインらしからぬところはありますが、それも不器用な愛情表現と分かればとても愛らしく見えてきます。
 そういうわけで、大きな見どころは二人の罵倒痴話漫才でしょう。どうやったらそんな秀逸な悪口が出てくるんだと、毎回感心させられると共に爆笑してしまいます。また、それも相手を良く解っているからできることでもあり、そこに二人の愛を感じます。
 また、本作は半分ノンフィクションでモデルが居るらしく、社会の汚い面も包み隠さず書かれており、とてもリアリティがあります。そのため、非常にシリアスな展開もあり、はっきり言って相当辛いシーンもありますが……そんな地雷原真っ只中に孤立する彼女を救ってあげて欲しいと小守君を応援したくなります。

 みなさまも、一度お手に取ってみてはいかがでしょうか。病みつきになりますよ!