花を生け続ける姫君

作者 永都佐和(宮澄あおい)

29

11人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

作中における〈花〉の変遷が面白いなぁ──と。

「壱 杜若」において、生け花は相応の身分にある者のたしなみとして描かれています。この時点では、あくまでたしなみでしかなく。〈花〉は物語のヒロインである彼女の美しさを際立たせるもの。飾り立てるものとして機能しているわけですが。

調べてみると、この生け花というのが面白くてですね。流派にもよるそうなのですが、フラワーアレンジメントが三六〇度どこから鑑賞しても美しいを志す一方、生け花は鑑賞者の視点が決まっているそうで。

とどのつまり、この角度から見てこそ完成形。この立ち位置から対象を味わうのが大前提。それ以外からどうか〈私〉を見ないでね──というのが生け花の主流なあり方らしい。

そう考えると、立場上男に生まれた方が何かと都合は良かっただろう(男に生まれたかっただろうと書くのは何やら違う気がした)彼女──以降影を見せてゆく彼女が、鑑賞者の立ち位置を指定する花を生け続けるという構造自体、物語として面白くも皮肉めいているなぁ──などと。

〈花〉はときに彼女の代弁者、時の流れを指し示すものとして機能するのだけれど。当然のことながら、特段姫さまのために何かをしてくれるわけではありません。こと「漆 山桜」においては、姫さまをただ俯瞰するもの──彼女を取り巻く景色の一部に過ぎず、どこか距離さえ感じてしまいます。

それが「玖 彼岸花」において、はじめて〈花〉が物語に干渉してくる。

と、同時に「もう元には戻れない感」(戻りたい元とやらが明確にあったかどうかはさておき)も色濃くなるわけで。初見だと「終 あまたの花々」に「え、もう最終話?」と感じた方は少なくないと思うのだけれど。再読すると「拾 梅」において登場する梅の花はもはや花器がない以上、柱に括りつけられる他ないわけで。

鑑賞者を失ってしまった。見せたい完成形を失ってしまった。

こう… 続きを読む

★★★ Excellent!!!

温室でたいせつに守られて咲くべき花が、道端に放り出され、水も思いやりも与えられないのに、「こちらの言う通りに美しく咲け」と命じられる。
この物語のヒロインは、そうした理不尽な運命の姫君です。
周囲は自分本位な人物ばかりで、姫君の想いは置いてけぼりどころか、踏み荒らされるばかり。
けれど可憐で美しい温室育ちの花は、「ならば荒れた道端に打ち勝ち、咲く花になろう」と、懸命に生き抜きます。その身に毒を帯びようとも。

美しい情景描写が、世の残酷さと運命の過酷さをも際立たせますが、私は読後、不思議な爽やかさと、染み入るような感動を得ました。
それはきっと、姫様の鮮やかな生きざまのおかげ。賛否あろうと、私は心から「本当にがんばったね」と拍手を送ります。

★★★ Excellent!!!

戦国の世を生きた、ひとりの姫君。彼女をこの上なく優しく見守る乳母。
とても美しく鮮やかに、さらに読みやすく書かれていますので、歴史に詳しい方もそうでない方もどんどん読み進めることができます。

歴史ならではの描写の中に、キャラクターたちが生き生きと描かれます。
姫君を慕う乳母の目線で描かれていますので、美しく、はかなく、幼い姫君の姿を読者も真剣に追うことになるでしょう。

だからこそ、彼女がたどる残酷な運命が読者の心をも大きく翻弄します。
女性として生まれなければ、姫君としてこの戦国に生を受けなければ――
次から次へと襲い来る歴史の奔流に。天下に荒ぶる男たちに。
たおやかだった姫君は、その姿を変えていく。
無垢なままでは、生きていけなくなる――

とても長い激動の歴史絵巻を読み終えた心境ですが、たった二万文字だったんですね……。
壮大な歴史ロマンがお好きな方、ぜひご一読ください。