罰ゲーム彼氏だった俺はフェードアウトを決め込むことにした。

作者 としょん