第29話 変わった少女

(変な娘だ)


 ヴェルナーはリアを見送ったあと、秘密通路を使って戻った。


 ――今から約五年前、二十歳のとき、リア・アーレンスと出会った。

 

 そのとき彼女は十歳だった。

 プラチナブロンドの綺麗な髪に、紫色の瞳をした、まだ幼い娘だったが、冷ややかといえるほど凛とした美貌をもっていた。

 

 殴られている少年に彼女は近づき、囲んでいる男達を追い払った。

『風』の魔力を使って。

 とぼけていたが、この目は誤魔化せない。

 

 リアは、とにかく変わっている。

 家まで送っていったが、彼女はヴェルナーの店の周辺をうろつきはじめた。

 危ない奴らが徘徊している場所だ。

 そこに十歳の少女、しかも大貴族の令嬢が一人で出歩くのだ。

 

 ヴェルナーは愕然とした。

 店の場所を話すのではなかったと悔いた。

 どうみても、彼女はヴェルナーに会おうとし、来ている。

 長くはいないのだが、合間を縫って、たびたびやってくる。

 

 彼女は術者だ。大丈夫だろうと思うが、彼女を狙う悪党が術具をもっていれば、危険である。

 リアの姿を見つけたら、ずっと追い払っていたのだが、きりがない。とうとう根負けし、保護することにした。


「入れ」

 

 店の中に促がすと、彼女はぱっと顔を輝かせた。


「はい!」


 薄汚れた賭博場に入り、何が嬉しいのだ。破滅願望でももっているのか。

 ヴェルナーは、その少女を薄気味悪く思った。


(おれが悪党だったら、大変なことになってんぞ)


 自分は全く善人ではないし、悪人側ではあるだろうが。

 

 服装は地味で、まだ子供だが、稀にみる美少女だ。

 攫われれば、高値で売りとばされて、変態に買われる未来がたやすく想像できた。

 

 控え室の椅子に座らせ、ヴェルナーは彼女に尋ねた。


「なぜおれの周りをうろつくんだ。おれのストーカーかよ」


 すると彼女はもごもごと口ごもった。


「仲良くなりたくて……」


 彼女ははっと何かに気付いたようだ。


「でもこれって確かにストーカー……?」

「ああ、そうさ」


 十歳の少女からストーカーに遭うとは思わなかった。

 女に不自由はしていないが、様々な人間と過ごしてきた中で、ストーカー化する女がいないわけでもなかった。それは身分問わずだ。なるものはなる。貴族のほうが性質が悪かったりする。


「そうなりたくなかったら、おれの周りを、この危険な場所をうろうろするのは、金輪際やめると約束しな」

「約束できませんわ!」


 彼女はきりっと答えた。


「お嬢さんな……」 


 髪をかきあげ、ヴェルナーは溜息を吐き出した。少女はじいっとヴェルナーを見る。

 ヴェルナーは眉を顰めた。


「何?」


 少女は大人っぽい笑みを浮かべる。


「私が知っているあなたより少し若いので、不思議な感じがするのです」

「なんだそれ」


 少女はこほんと咳払いをし、物憂く告げる。


「ええと。この間もお話ししましたが、私、予知夢を見たのですわ」

「……予知夢、ね」

「はい。私とヴェルナーさんは、将来共に旅に出るでしょう!」


 危ない子供だ。それとも貴族の子供の間で、こういう遊びが流行っているのか?

 ヴェルナーは彼女を危険人物に認定した。

 

 

 

 ――しかし、リアは変わっているが、しっかりした子ではあった。

 彼女は、遊びや冗談で言っているわけではないようだった。

 何かを隠してはいるが、ほぼ事実を語っている。

 

 実際、彼女がいう時期に南国の王族が、亡くなった。

 大雨が続く日々も当てた。 

 橋が崩れる事故も、リアが事前に知らせなければ、大惨事となっていただろう。

 他にも色々的中させていて、彼女は今までに、多くの人間を救ってきた。

 

 リアは予知夢を見ることについて、ヴェルナー以外には内緒にしている。

 公爵家に迷惑をかけることになるかもしれないからだ。

 彼女は隠密に動いており、ヴェルナーはそんな彼女に協力していた。

 

 基本的には自分の周りのことしかわからないらしいが。

 リアとは今、年齢を超えた不思議な関係となっていた。

 家族ではない。ましてや色恋の相手でもない。

 

 どう表せばよいのかわからないが、強いていうなら友人か。

 彼女は自分たちを『仲間』と表現している。

 

 彼女は『風』術者。

 秘めている力が強く、ヴェルナーにとって非常に興味深い対象でもある。


(あの魔力、一体何なんだろうな)

 

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る