第26話 協力する

 十五歳になったリアは、高級賭博場にきていた。

 記憶を得てから、前世とほぼ同じように過ごしている。

 一つ大きく違うのは、本来、十六歳で出会うはずだったヴェルナーと十歳で知り合ったことだ。


 彼は今生でも、家族なく独り身で仕事に生き、帝都一の会員制賭博場を築き上げた。


 帝都中の上流階級の人間が集まり、ここに通うのは、帝国の紳士たちのステータスで、憧れとなっている。

 他国の王族も利用するほどだ。

 

 営業前、眩く煌めく賭博場の二階で、リアはヴェルナーと話をしていた。

 彼の蒐集した美術品が飾られている。

 

 緩やかなカーブを描く吹き抜けの天井には、豪華絢爛なシャンデリアが下がり、一階には、ゲーム用のテーブルが置かれている。

 建物内には、幾つもの秘密通路がある。

 

 営業前なので客はおらず、従業員のみ。ここでは多くの従業員が働いている。


「昔から君は、変わってたけどな。十代前半で賭博場に出入りするんだから」

 

 ヴェルナーは、艶やかなテーブルの上で頬杖をつく。

 

 彼に来るんじゃないと言われていたが、リアが度々彼の前をうろうろしたので、彼は根負けした。

 リアは賭博はしないが、ヴェルナーからカードの扱い方などは教えてもらった。


「おれと君は将来、旅に出ると?」


 リアは笑顔で頷く。


「皇太子殿下に婚約を破棄されるって?」

「そうよ」

「君はおれが帝都一の賭博場を築くっていうのは、当てたけど」


 今生、リアは十歳で南の地区の状況をまざまざと目にし、物乞いや、劣悪で過酷な労働のもとにおかれている者、虐げられた子供たちを助けられないかと思った。

 ヴェルナーは幼少時にかなり苦労したようで、辛い目に遭っている人々を救いたいと考えていた。

 

 リアとヴェルナーは協力し合った。

 賭博場の経営者で、魔術探偵でもあるヴェルナーは、貴族の交友関係はもちろん、資産状況など、帝都の紳士の情報に通じている。

 

 彼はそれを利用、リアは有力者である養父に働きかけ、法案を幾つか成立させ、今は五年前より、南地区の治安は大分よくなった。

 あのときスリをしていた少年も、今はこの賭博場の従業員として真面目に勤務している。


「自分の周りに関することについて、予知夢をみたって、君は言うが……」

 

 そうヴェルナーには説明している。

 二度目の人生を送っているとはさすがに、話していなかった。

 きっと信じてもらえないだろう。

 

「ええ。私、婚約破棄されるの。そのあと、人買いに捕まってしまう。それを助けてほしいのよ」


 ヴェルナーは呆れたようにリアを眺める。


「君なら、助けがなくても逃げられるだろ? 『風』術者だし、それに君の魔力は変わってて他の術者よりも強い」

 

 リアは『闇』術者であることを前世同様、隠していた。

 両親に言われていたからだ。

 誰にも話してはいけないと。

 ヴェルナーが信頼できないわけではないが、それでも亡くなった両親との約束を守った。

 

 彼は優秀な魔術探偵であるので、魔力を抑え、気を付けている。

 心を落ち着かせてから、リアは返事をした。


「でもそのときはなぜか、駄目なのよね」


 人買いに捕まってしまったのだ。

 自暴自棄になっていた直後だったことも、関係しているのだろうか。


(婚約破棄がショックだったから、それで力が出なかった……?)

 

 しかし今は、心構えができている。

 今回は婚約破棄を突き付けられても、傷つくことはないだろう。

 波風立てず、公爵家に迷惑をかけず帝都を離れるベストのタイミングは、婚約破棄されてすぐ。

 たとえ人買いに捕まっても、自分だけでも逃げられるとは思うのだが、心配なことがある。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る