ソロ吉○家デビュー

作者 ☆涼月☆

110

38人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

女性が1人で入るにはハードルが高い店がいくつかあると思います。
だからこそそんな店に女性が1人で入っていくのを見ると、ニュースになったりするのでしょう。

サラリーマンの味方、吉牛も、そんな店の一つ。
主人公の女性がいざ吉牛へ突入し、並盛一杯を食べ終わるまでのお話かと思いきや、最初に張られた伏線がチラッと後半に見えてきます。

この続きは戦国大名でも先手が読めないでしょう、きっと。

★★★ Excellent!!!

これは勇気がいります。
女性に人気のおしゃれなお店に男が1人で入るようなものです。
男としてこれは耐えられません。

主人公の上杉紹子はひょんなことから初めて牛丼屋に1人で食事をすることに。
彼女に待ち受ける運命とは?

牛丼屋に限らず、入りにくいお店はたくさんあります。
勇気を出してそんなお店に入った時のことを思い出しました。

★★★ Excellent!!!

上杉という苗字のせいで、なぜか大名の姫として扱われてしまった主人公。
周りに期待された役回りをつい演じてしまい、そんな自分の殻を破ろうと彼女は一人戦場へーー!!

そう、吉○家に。

ハフハフ言いながら噛み締める、癖のない味。
しかし周りの人のスペースを見て、早く食べなければと思った瞬間、ある人間に出会ってしまう……。

それはかつての因縁の相手か、それともーー?