手首蒐集家 左手・右手・(生首)・両手

作者 坂井令和

仕掛けと工夫に満ちた画面の面白さ。破格の主人公が挑む怪事件!

  • ★★★ Excellent!!!

まず、推理小説として面白いです。
謎解きをする探偵役の思考も言動も突き抜けていて、被害者も容疑者も翻弄されますが、なにより読者の鼻面をひっつかんで引きずり回すようなどんでん返しの連続に、頭がくらくらしそうです。(いい意味で!)
こんな主人公を設定した時点で、この物語の面白さは保証されたようなものだと思います。

そして、物語の画面を彩るさまざまな工夫。
文字でつくる図で、謎かけのような言葉で、その他いろいろ、多種多様な仕掛けで読者に謎とヒントを投げて、楽しませてくれます。
小説表現の新しい可能性を切り拓く創意の数々に、感嘆のためいきがこぼれるほどです。
ぜひ、その目でたしかめていただきたいと思います。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

久里 琳さんの他のおすすめレビュー 598