第八話

 次の日、夜空さんが学校に来ることはなかった。


「なぁ、翔悟……話がある……ちょっと良いか?」

「ん? どうした?」

「夜空さんの件でさ……」

「夜空さん?」とそこに玲が話に割り込んできた。

「いや、ちょっと色々あってな……」

「そ、そうなの? 優斗との関係は?」


 ま、まずい……好きな人の前で他の女子の名前を出してしまった……。


「別にそんな恋人とかの関係じゃないから、気にしなくて大丈夫だよ」

「わ、わかった。優斗の言うこと信じる」


 よかった。

 怒ってはなさそうだ。


「翔悟?」

「わかったよ……」


 翔悟は立ち上がり、俺と一緒に人気の少ない空き教室へと移動した。


 今日、夜空さんが来なかったのはきっと翔悟が深く関係しているはずだ。

 昨日、翔悟がたくさん夜空さんに話しかけてしまい夜空さんは心に来たのだろう。

 全く……翔悟は……。


「それで? どうたんだ?」と机の上に乗り足をぶらぶらさせる翔悟。


 どうやら気づいてないようだ……まぁ、無理もない。


「お前さ……昨日、夜空さんに話しかけたろ?」

「お、おう」

「男嫌いなのに、あんなにいきなり話しかけられたから、夜空さん多分……心に来てるんだと思う……」

「そ、それは? 俺のことを好き……」

「ハァ……お前なぁ……」と呆れる俺。


 こいつ、付き合うことしか考えてねーのか……?

 まぁ、イケメンだし女には困らないってか……?


「どうやればそうなるんだ? そうじゃなくてだな? 多分、夜空さん、昨日のお前のせいでかなり疲れてるってことだよ……」と呆れながら言う俺。

「ま、まじか?」と驚く翔悟。

「ああ、マジだよ」


 翔悟は足をぶらぶらさせるのをやめて、俺の両肩を掴んだ。


「ちょっと……俺はどうすれば良いんだ……」

「だからさ、謝りに行くぞ……」

「え?」

「お前が昨日勢いよく話しかけちゃったことを……」


 それしかない。

 しばらく間が開けば、それだけ俺と夜空さんの関係も戻ってしまう。

 そうなる前に手を撃たなければ……。


 "もう、夜空さんには辛い思いをして欲しくない"


 その気持ちだけが心の中を駆け巡る。



「こ、ここか……」

「ほんとにここなのか?」


 駅に近く、少し古びた雰囲気を醸し出すアパートだった。

 夜空さんは一人暮らしをしているらしい。


 俺と翔悟は夜空さんの家を知る為にいろんな人に聞きまくった。

 しかし、夜空さんの家を知るものは誰一人いなかった……。

 だが、そこで……担任の先生が「お、優斗。お前、最近夜空と仲良いよな? このプリント明日提出なんだ。住所教えるから渡してきてくれ」と声をかけてくれたおかげで無事、こうして家を知ることができた。


「先行けよ……翔悟……」

「やだわ、お前が……」と俺を押す翔悟。

「いやいや、お前が……」と翔悟を押し返す。


 絶対に嫌だ。

 なんせ、俺自身異性の家は玲の家しか行ったことがないからだ。

 だから、少し異性の家に行くのに勇気がいる……。


「なぁ、お前のせいで夜空さんはぁあーなってるんだぞ? 後、お前の方が異性の家によく行くだろ?」

「まぁな……」


 こいつ、夜空さんを傷つけたことをなんとも思ってないのか?

 そして、全く……羨ましい奴だ。

 これだからイケメンはずるい……。

 

「なら……」

「いや、これは違う……なんせ、俺の好きな人だぞ?」

「いや、かんけーねぇだろ? だからさ……」

「嫌だわ、お前が先に……」


 仕方ねぇー。


 結局、俺が前に歩くことになりドキドキしながら……インターホンを押した。


………………。


 しかし、ドアからは誰も出てくることはなかった。


「え?」


 なんなんだ……?

 家にいないとかか……?


 翔悟は平然とドアノブを回した……。


「ちょっ、お前何してんの?」

「い、いやぁ〜」


 カチッ。


「あ、開いたわ……」


 驚きを隠せない俺……。


「開いてるんかい……」


 全く……夜空さんは……家を開きっぱなしにしておくとは……。

 夜空さんぐらいの美少女ならいつ男たちに狙われてもおかしくない。


 平然と中に入ろうとする翔悟を俺は止めた。


「おい、待て。流石に中に入るのはダメだろ……」


 夜空さんが苦しんでる中、ふざけるのは違う。 

 そう思ったからだ。


 だから、俺は……「夜空さん……俺はここで待ってる……だからさ、機嫌をなおしたら出てきてくれ……」と叫んだ。


「はぁ? お前マジかよ? 絶対病んでんなら出てこねーぞ?」


 こいつ……なんでそんなに他人事なんだ?

 お前のせいなのに……。

 さっきからこいつはどこか他人事のように話している。

 

「無視かよ? まぁ、いいや。後は頼んだぜ……待つのとかやだわ……」とドアノブを回して帰って行く翔悟。


 でも俺は止めなかった……。

 いや、止める勇気がなかった……。

 それは親友として……なのか……それとも……。

 

 俺は今になって思う……。


 『あれ? 俺なんであいつと親友なんだ?』


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


 面白い!! と思ったらブックマーク・☆☆☆お願いします。


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る