グランの鳩

作者 ヤシロヒトセ

限り無く鉛色に近い銀のようなお話

  • ★★★ Excellent!!!

 ずっと先の未来を思わせる設定もあれば、今に近しい雰囲気を持つ描写もあり、そのコントラストが独特の雰囲気を纏わせている物語です。

 様々なSF的な設定、フィクション独特の組織も存在しますが、明確に描写や説明されていないが故に、登場人物に雰囲気を纏わせる事ができるように感じます。SFやファンかタジーであれば、こういったガジェットの意味を読者に把握させるのは必須なのでしょうけれど、人間関係を中心に描くドラマに於いては必ずしも必要とされない事を思わされました。

 登場人物はそれぞれが人格を持っており、注目される主人公2人は元より、物語に上がる全員がつじつま合わせ、答え合わせのような行動を取らない展開もレベルが高いです。

 三部作の完結編という位置にある本作ですが、詳細な説明をしない事で雰囲気を物語に纏わせている本作は、単独でも楽しめます。

 何度も繰り返してしまった雰囲気という言葉ですが、文字にし難い、判別しにくいものを纏っている気がするのが特長なのです。銀も鉄も鉛も、等しく「銀色」と呼ばれるのと似ているかも知れません。

 しかし銀は余程の事がない限り錆びない金属であり、作者ヤシロさんの筆にも植える事であると感じるのです。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

玉椿 沢さんの他のおすすめレビュー 160