第2話 転移

「あ~もしもし、回想は終わりましたか?」


 突然、声が頭に響き周りを見渡すと、辺りは白い靄のようなものに包まれている。

 よく見ると緑の長い髪をポニーテールに束ねた、スレンダーなメガネ女子が目の前にいた。


「ここはどこでしょうか?」


「私の名は女神ゼクシー。異世界『エニワン』を管理しているものです。そしてここはわかりやすく言えば、現世とあの世の狭間はざまです」


「俺は死んだのですね」


「はい。佐藤 慎吾さん、あなたはお亡くなりになりました」

 右手の指でメガネをふちを少し上げ、そうメガネ女子は言った。


「そうですか、死んだのですか。で、これから俺はどうなるのでしょう?」


「はい、生前の行いが悪いため、あなたは俗にいう地獄行きです。来る日も来る日も死ぬような攻めを受けながら、これから輪廻転生するまで苦しむのです」


「死んだのに死ぬような苦しみ、てどんな罰ゲームなんでしょう…」


「罰ですから…と、そんなあなたに朗報です!今なら『エニワン』へ転移できます」


 話を聞くと地球と似たような異世界が他にもあり、そこに転移できるらしい。

 文明は地球よりかなり遅れており、剣と魔法の世界で中世ヨーロッパ時代程度。

 魔獣や魔物がおり人の命が軽いとのこと。

 あぁ、最近アニメでやってる異世界転移か、時々見たことがあったな。


「で、俺が行くその目的は?」


「文明が低迷してもう千年近く進んでいません!だから新しい風が欲しいのです。特に世界を変えるような大きなことは期待していないわ。あなたが転移し生活することで、周りに何かの刺激を与えてくれればいいのです。常識や世界観がわからないだろうから、困らないように予備知識やスキルを1つ与えますね。逆に何も周りに影響を与えられないくらいの力なら、多分生活も成り立たないと思うけど。それに一人の力で、世界が変わる訳でもないから気負わなくていいからね」


「他にも転移者はいますか?」


「今の時代に他の転生、転移者はいません」


「そうですか、ならせっかく転生するなら新しい名前が欲しいです。生まれ変わりたいんだ。そうだ女神様に名前を付けてもらえませんか」


「え、私にですか?」

 今まで転移者を送ってきたが、こんなことはなく戸惑う女神ゼクシーだった。


「えぇ、ぜひお願いします」


「分かりました」


 ゼクシーはしばらく考えていたようだったが


「あなたの名前はエリアス。エリアス・ドラード・セルベルトでどうでしょう?」


「それでいい。ありがとうございます。名前を付けてもらえるなんて、俺とあなたは親子みたいな関係ですね!」


「え!どういうことでしよう?」


「名前を付けてもらった。俺には母親が居る、そう思いただそれだけを心の拠り所にして、生きていきますから」


 えっ、そんなことで、そこまで思ってくれるなんて。


 ゼクシーが女神になってから数万年。

 後輩の寿退職を尻目に、一人寂しく婚活に励んだ。

 相談所に入会してみたものの、高い月謝だけ毎月取られ良縁には未だ恵まれず。

 いったい、私の何がいけないの?(泣)

 自問自答の日々…、結婚だけが人生か…。あぁ、また一人、そしてまた一人と…。


「それと出来ればメンタルと性格面を変えてください」


「どんなことでしょうか、言ってみて」


「まず沈着冷静で物事の先読みが出来る、人から好かれるようにしてほしい。一人で生きていく以上、メンタルや性格も大事ですから」


「わかりました。年齢はどうしますか?自由に設定できますよ」


「成人は何歳からですか?」


「15歳です、でもまだ体は未成熟。養えない家庭が多いから成人扱いにして家から出すことも多くて」


「そうですか、では17歳で。それから精神年齢も17歳にしてください」


「17歳ね。後はお金と、いきなり死なれても困るから、ステータスは全体的に高めと。生活魔法(火・水・氷・風・光)を使えるようにしておくわね」


「ありがとうございます。それと、転移3点セットもお願いできますか」


「転移3点セット?」


「はい転移・転生の定番と言えば、鑑定・異世界言語・ストレージです。後はにしてください。それとスキルを1つください」


「どんなスキルですか?」


「想像した事を実現できる魔法です」


「創生魔法ね、わかりました。ほら、これでどう?ではそろそろ、名残惜しいけど『エニワン』に送るわね。私に会いたくなったら教会に行ってお祈りすれば会えることもあるわ」


「色々とありがとうございました」


「1つ聞くわね。転移したらどんな生き方がしたいの?」


「面白楽しく生活でき、苦労をせずお金を稼いで生きて行きたい!」


「そう、あなたの夢が、叶うことを祈っているわ。では良い旅を…」



 こうして俺の新しい転移生活が始まった。


  *    *    *    *    *


 あ~、やっと行ったわ。

 どうも転生とか転移者は疲れるわ。

 でも仕方がないか?

 徳の高い人はすぐ、天界へ昇天してしまうし。

 ここの狭間へ来るのは、ろくな人ではないからね。


 転移した時に心を洗うから、生まれ変わってくれると良いんだけどね。

 今回はわりと、まともだったわね。

 ふぅ~。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る