道に迷ったら美少女が救いの手を差し伸べてくれた。えっ、同じクラス?そんなの聞いてません。

作者 もぐら太郎

15

5人が評価しました

★で称える

レビューを書く

書かれたレビューはまだありません

この小説の魅力を、あなたの言葉で伝えてみませんか?