人類が暴走したAIのせいで危機的状態なので、壊し屋に左遷された

作者 綺じん猫

0

0人が評価しました

★で称える

レビューを書く

書かれたレビューはまだありません

この小説の魅力を、あなたの言葉で伝えてみませんか?