第79話 変身ヒモパンの今後って?

「いやぁ、凄まじい爆発音だったなぁ」

「ええ……アプリルさん? あの爆発は……本当に魔法ではないのですか?」

「あっ はい、違いますよ?」


 あれから……合流してきたルシアママとレニーさんだったけど、

 やっぱり塔の中でも、すっごい音と振動がしたみたい。

 ねんのためにキマイラの足元にも【アスガルド】を張ってもらってよかった~


(でなかったらいまごろ、屋上の床が抜けてたかもね)


 そうしたら、下の階にいたルシアママたちも無事じゃすまないし?

 とにかくあの【水蒸気爆発】で、キマイラが討伐できてホントによかった♪


「たしかにあの大量の【水】と【溶岩】は、魔法で出したものですけど~」

「じっさいの火山とかでも、閉じたところにある水に、溶岩が流れ込めば……」

「お山のカタチが変わっちゃうくらいの、爆発をおこすんです」

「そ、そうなのか?」

「恐ろしい……ですね」

「こわいですよねぇ」


 さすがのキマイラも、あの規模の爆発は未体験だったみたいだ。

 さんざん【舐めプ】してくれた、バチがあたったと思いたい♪


「しかし……よくもそんな作戦を思いついたな?」

「ええ……」

「え? あ……ええと~ ステラさまの遺されたご本に?」

「ああ……なるほど」

「さすがはク──いえ、アプリルさんですね♪」


 ふう……やっぱりステラママの名前を出すと、説得力があるなぁ

 もちろん【水蒸気爆発】は、前世の知識からだけど?

 と、そのとき──


「あ、アマーリエさんっ しっかり!?」


 アマーリエさんが手で頭を押さえて、辛そうにしてる!?


「え、ええ……なんだか少し、めまいが──」

「大丈夫ですか!?」

「え、ええ……なんでしょうか、その……」

「馬車に長時間乗っていた時の、あの目の回るような感じの様な……」

「ああ、それならおそらく【レベルアップ酔い】だな」

「レベルアップ酔い……ですか?」

「ああ、アマーリエ? 其方そなたは冒険者ではないから、レベルが1だったのだろう?」

「ええ……」

「それが先ほどのキマイラの討伐で、一気にレベルが上がりすぎたのだ」

「レベルが……上がりすぎる?」

「レベルが上がると、その身体能力が上昇するからな」

「普通は少しづつ上がるから、その差異も判りにくいのだが……」

「一気に上がりすぎるとその差異に頭が追いつかず」

「まるで酔いが回ったような状態になるそうだ」

「あぁ……そうなのですね」


 あー、レベルアップ酔い……前世でもあったなぁ

 ルシアママたちに【パワーレベリング】してもらったときに~


「え? じゃあワタシも、すっごくレベル上がってるんでしょうか?」

「ああ、聞けばこれまでの魔物はすべて【封印】だったらしいが……」

「今回のキマイラは、完全に【討伐】してからの封印だったのだろう?」

「故に、かなりの経験値が入ったはずだ」

「おぉぉ ならこの騒ぎが終わったら、ギルドで調べてもらわないと♪」

「でも、武器職人のアルタムさんがレベルが上がっても、使いみちがないのでは?

「はっ!? そうでした!」

「それに高レベルになると、ビキニアーマーの面積が減ったりするんじゃ……」

「そうでしたぁ!?」

「ま、まさかあたしもかいっ アルタム!?」

「あ……【上級者】もレベル35を超えると、ビキニ小さくしないとダメですねぇ」

「なんてこった……」

「で、でも……この【戦装束】に比べれば~」

「こいつは【認識阻害】っての、してくれるんだろ?」

「いつもの神官服のビキニは、そんなのしてくれないんだよっ」

「あ~」


 ん? そういえば……


「そういえば、この【悪霊】と【6体の魔物】の騒ぎがおさまったら……」

「とりあえずこのチームは解散ですよね?」

「ん? ああ、そうなるな」

「ええ、アプリルさんも、それが目的でしたし……」

「じゃあこの【変身ヒモパン】って……」

「これが済んだら、私がエルフの森に持ち帰るんでしょうか?」


 なんて聞いてから、ちらりとぼくのカラダのアプリルさんを見ると……

 『さ、さあ?』みたいなこまったお顔でぼくを見てる。


「ふむ……だが現在のエルフの森には……」

「その【戦装束】を伝える者は、アプリルしかいなかったはず」

「故に、従者の戦装束は【6体の魔物】の封印のあいだの期間限定……」

「もしくはその従者の生ある限り──なのやもしれぬな」

「な、なるほど」

「え? じゃあこの変身ヒモパン、ワタシたちがもらっちゃっていいんですか?」

「ええ、6体の魔物をすべて封印後、残っていれば……ですが」

「それにこの【戦装束】に変身しないと、あれらの魔法は使えませんよぉ?」

「そうでした!?」


 うん……この【セーラー服美少女戦士】ふうのビキニ……

 ビキニアーマー全盛のこの世界でも、けっこうキワモノ扱いなんだよねぇ

 だから? プライベートでもコレを装備したいってヒトは、いないかも?


 ◇◆◆◇


「な、なんということでしょう……」

「ああ……まさか、とは思ったが」


 あれから──

 どさくさにまぎれて逃げた【悪霊】と、最後の1体の魔物……

 それを探してぼくらはまた、塔の捜索を続けました。

 そして宿屋で一夜を明かした朝──改めて地下を捜索し始めたら……


「こんなところから、ダンジョンが広がっているとはな」

「ええ……しかもこの階段を降りた先は……」

「魔素が濃い、ようだな」


 そう……キマイラ討伐の時の振動のせいか、

 隠し通路への入り口みたいな壁が崩れてて、その先には通路が続いてたんだ。


「アイナさん? これって……」

「往々にして【魔素】の濃いダンジョンは、なぜかその規模が拡張するのです」

「え? ダンジョンが……勝手に、ですか?」

「ええ……まるで生き物のようにその身を伸ばし、新たな階層すら作り上げる」

「話には聞いてましたが……実際にそれを見るのはわたしも初めてです」

「そんな……」

「ともあれ、捜索するしかないだろうな」

「ですね……ではチーム分けはどうします?」

「いや、ここは多少の距離を置く程度にして、同行するとしよう」

「私とアイナ、そしてアプリルが先行……その後を残りの4人で追う形としよう」

「ええ、それがいいでしょうね」

「では……後ろのチームのリーダーはクリス、殿しんがりは神官のレニーに頼む」

「わ、わかりましたっ」

「ええ、承知しました」


 ◇◆◆◇


 とはいえ……


「【ホーリーブレス】♪」


 パァァァァァ……


 アイナママが杖を掲げて神聖魔法を放つ。

 それだけで、たくさんいた魔物──アンデッドたちが浄化されていった。

 そう、タフクの塔の地下にできた増加版ダンジョンは……

 アンデッドの巣窟だったんだ。


「むぅ、最初はどうなるかと思ったが……」

「おおむね【中級者】でなんとかなるレベルの魔物だな」

「ですね、ほぼアンデットですけど~」


 とはいえ? さすがに初めて人が足を踏み入れたダンジョンだけあって、

 そのアンデッドの数はハンパなく、さっきから全然とぎれない。

 けど? こっちにはアンデッド系に強い【神聖魔法】のエキスパートがいる。

 だからさっきから……


「【ホーリーブレス】♪」


 パァァァァァ……


 アイナママがほぼひとりで無双しちゃってます。


「ぐぬぬ……【レイス】やゴーストならともかく……」

「ゾンビやスケルトンなら、剣や風刃で討伐できるではないか!」

「いえ、そもそもアンデッドは元々人族や亜人の成れの果て……」

「ならばむしろ、天に送ってこそ供養ではありませんか」

「ぐぬぬ……」


 とまぁ? さっきから出番のないルシアママはおもしろくないみたい。

 ソレに対してアイナママは珍しく、ドヤ顔をキメちゃってる~


(あとアイナママー、さっきから後ろでレニーさんが……)

(『あたしのホーリーブレスと格が違う』って落ち込んでるのに、きづいてー)


 そりゃまぁ? アイナママは【英雄級】の神官で、しかもその最高位の【聖女】

 ホントならたいした威力じゃないホーリーブレスも、メッチャ効き目ありすぎ。


「つーまーらーんー」

「華麗に活躍して、最愛の息子に尊敬の瞳で見られたいー」

(ルシアママ! 本音がダダ漏れだよ!?)


 な~んてぼくらがお話してると……


「これは……行き止まりでしょうか?」

「ふむ、それにしては一本道だったのだが──」


 カッ!!


 そのとき……ぼくたちの足元の床に、現れた魔法陣。

 それが一気に輝きを増して──


(しまった!? 強制転移!!)


 そして消えゆく景色のなか……


「あ、アイナさまたちが!?」


 慌てて駆け寄るアプリルさんたちの姿が、最後に見えたんだ。


 ◇◆◆◇


「こ、ここは……」

「ふむ……この声の響きよう……かなり広いな」

「ふたりともっ 身体に異常はありませんか!?」

「あ、私は大丈夫ですっ」

「ああ私もだ、アイナはどうだ?」

「ほっ……ええ、わたしも異常はありませんが──」


 ズンッ!!


「なっ!?」

「アイナ! 灯りを!!」

「ええっ 【ライト】!」


 ぱぁ……


 そこに見えたものは……最初、見上げるような大きな岩かと思った。


 ズズズズ……


 けど……それは這うようにこちらを振り向いた。

 そのカラダは太くて手足がなく、まるで鎧のようなウロコに包まれている。

 そしてそこから伸びる9本の長い首は、赤い目をらんらんと光らせて──


「【九首の大蛇オロチ】……ヒュドラか!?」

「こ、こんなところにいたのですね」


 パッ!

-------------------------------------

【ヒュドラ】

 出典:万物真理事典『ステペディア(stapedia)』


 9本の頭を持つ巨大なヘビの魔物。

 魔族大陸の辺境にあるとされる毒の沼地に生息し、

 水辺では不死に近い生命力を発揮するとされている。


 巨大な胴体に9本の長い首が生えており、それぞれが独立した意思を持つ。

 毒のブレスを操り、その毒は浴びた者をまたたく間に死に追いやるという。


 その硬い鱗は生半可な剣では通用せず、たとえ首を切り落としたとしても、

 強力な再生能力で瞬時に生え変わるといわれている。

-------------------------------------


 そこは石作りの広い空間で……その天井は見上げるほどに高いところにあった。


(けどヒュドラが大きすぎて、なんだかせまく見える!?)


「ともあれ……ここは私達だけで討伐するしかないな!」

「喰らえ!【真・塵旋風しん・じんせんぷう】!!」


 ギュオォォっ!!


 ルシアママが放った逆巻く竜巻が、ヒュドラに向かって放たれた!

 粉塵を含んだ強固な風刃が、そのカラダに襲いかかる!

 けど──


 ブワァァァッ!!


「なん……だと!?」


 ヒュドラがその9本の首を激しく振ると、風刃はそのまま霧散してしまった!?


「あ、あのウロコが風刃を防いでるんです! もっと強力な刃でないと……」

「むぅ なら1本づつ落とすまで! せやっ」


 ヒュバッ!!


 ルシアママが振るう剣から、巨大な風刃が放たれた!

 そしてそのままヒュドラの首の1本に届くと──


「やった!」


 そのまま首は切断され、地面に落ちていった!

 だけど──


 ブゥン……


「なにぃ!? さ、再生……しただと!?」

「し、しかもこんなに早く!?」


 首がなかったのは、ほんの数秒たらずのこと、

 その切断面に魔法陣が光ったかと思うと、切ったはずの首が再生されていた!?


「あ、ありえませんっ 魔物がこんな再生をするだなんて!?」

「でも【6体の魔物】は【不死性】があって、倒しても復活するって……」

「くっ コイツも魔族にいじられているということか!?」


 そんなぼくらが戸惑いを隠しきれずにいると──


 ゴガァァァ!


「なに!? ブレスだと!」

「こ、これは毒のブレスです!」


 キマイラの尻尾のヘビが吐いていた、毒のブレス!?

 その毒が、9本全部の首から発射されて──


「まずいっ【風防壁】!!」


 ヒュゥゥッ!


 ルシアママの放った風が防壁となって僕らを包み、毒のブレスを吹き飛ばす!

 風の防壁なら、こんな毒のブレスの対処にはぴったりだった。


「しかしまいったな……これではうかつに近寄れない」

「ええ……しかもあの再生能力……どうしたら──」

「アイナ? 毒のブレスを防ぐ神聖魔法の防壁は?」

「【アスガルド】なら……しかしこちらからの攻撃も困難になります」

「むぅ なら──」

「解毒の呪文【スケルチブラッド】をかけ続けるしか……」

「それしかないか……」


 せめて、火が使えるアマーリエさんがいれば……

 その切断面を焼くという手段が使えたかもしれない。


(けどあの異常な再生能力は、どんな魔法も防いでしまうかも)

(なら……この手しかない!)


「ルシアさん、アイナさん……ヒュドラを倒すには……」

「9本の首、そのすべてを同時に切り落とすしかない……そうでしたよね?」

「あ、ああ……一般的なヒュドラはそうだが」

「ですがあの再生の速度では、よほどの速さすべてを切断するしか……」

「私の風刃でも、さっきの威力なら1発づつが精一杯だぞ?」

「ええ、けれど私たちが直接、【ソニックブレード】で切りつけたら?」

「むぅ……あの僅かな間にか? 私なら3本……いや、4本いけるか」

「だが、私はともかくお前の剣技では──」


 ルシアママのいいたいことはわかる。

 いくら【姫巫女の戦装束】をまとったアプリルさんのカラダでも……

 その技はルシアママには及ばず、上回ることはない──って。


「ええ……ですが、それを可能にするマジックアイテムが……」

「ステラさまの遺品にあったとしたら?」

「なにっ?」

「まぁ……」

「もちろんそれは、そう何度もつかえるものじゃありません」

「ですが──」

「それに賭けるしか……ないか」

「あぁ……ふたりとも、どうか気をつけて……【アインヘリヤル】!」


 ぱぁ……


 ぼくとルシアママの身体を、アイナママの神聖魔法が包み込む。

 【アインヘリヤル】──衝撃を緩和・消滅させる神聖魔法の正防壁だ。

 その虹色の輝きをまとったまま、ぼくたちは……

 毒のブレスでカラダを覆う、ヒュドラの姿をにらみつけたんだ!

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る