第70話 アマーリエさん……メッチャ揺れるぅ!?

「それでルシアママ? 特務の依頼って?」

「ああ、【悪霊】と【6体の魔物】の討伐」

「それが正式に我らに依頼として発生した」

「しかも領主、冒険者ギルド、街の連名でな」

「すごい!?」

「だが、それこそ初めのうちは先ほど話したように……」


『そちらが襲われたのだから、責任持って討伐すべきだ!』


「などという意見も出たのだが、さすがにそれはこじつけというものだろう」

「で、ですよねぇ?」

「ええ……そもそもルシアの身体を狙うのは、その【強さ】を得る為」

「もしその力が、魔族側に回ったら……」

「ああ、それを聞いて皆、青くなっていたぞw」

「ですよねー」


 そもそも悪霊が魔王軍の一員である以上、人族の街を襲うのは当然のこと。

 それをルシアママのせいにされちゃあ……ねぇ?


「そしてそうと知ってしまえば、連中も受け身ではいられない」

「結果、『なんとかしてくれ』と、特務依頼が発生したわけだ」

「なるほど~」

「具体的には街の防衛と、【悪霊】及び【6体の魔物】の討伐」

「だが悪霊が街に潜み、人族や亜人になりすましている以上……」

「見つけることはかなり困難だろうな」

「うぅ……そうです、よね」


 ぼくの【万物真理ステータス】さんのレーダーでも、

 あの悪霊は人族としてしか反応しないんだ。

 マーキングをしたとしても、その後にカラダを入れ替えられたら意味がないし?


「ああ、そしてアイナにも指名で依頼が発生した」

「なんでしょうか?」

「今、冒険者ギルドや神殿、そして街の守備隊などに……」

「何者かに『身体を入れ替えられた』そう申し出てくる者が、何人かいるそうだ」

「まぁ……」

「その対処に困っていたようなのでな? アイナを推薦しておいた」

「ええ、わかりました」


 アプリルさんと入れ替わった後、そのまま逃げたメイドさん。

 そのカラダで、ゆうべの神官さんに入れ替わった?

 いや……もしかしたら、途中で何人かと入れ替わってるかも。


「ルシアさま? そのひとたちは、なぜ殺されずに済んだのでしょう?」

「私やクリスくんのときのように、その直前に自刃するカタチで……」

「悪霊も相手が重要人物でない場合は、そのあたりの手間を省くのかもしれんな」

「それに入れ替わられた者は皆、その際に気を失っている様なのでな」

「故に、いまの所はそうした不審死は出ていないそうだ」

「なるほど……」


 よかった……じゃああのメイドさんは、助けられるかも?


「で、そうした者達は集められ、事情聴取を受けているそうだ」

「それである程度整理がついたら、アイナに頼みたい」

「ですが……その場合、ひとり残らず揃っていないと、完全には──」

「そうだろうな……ただ、ある程度は元に戻せる」

「それで納得するしかないだろうな」

「そう……ですね」


 んー、殺されるよりはマシ……と考えるしかないかなぁ

 何人かは、例の【元高官】さんみたいに、別の人生を送らないといけないけど。


「ともあれ、こちらが領主たちに出した条件はこうだ」

「参加するのは……私とアイナ、そしてクリス」

「……ルシア? 貴女は──」

「ああ、わかっている……だが、私が不参加では連中も納得しないのでな」

「入れ替りを警戒する為に最前列には出ないが、後詰めとして参加すると伝えた」

「そういうことでしたら」


 ルシアママ……ホントは参加したくてうずうずしてますね?


「さらにエルフの【姫巫女】であるアプリル」

「そしてその従者となったアルタムも、その面子に加わるが……」

「後者の2名はその神託の装備により【英雄級】の力を誇る、そう報告してある」

「えへへ♪ がんばります!」

「ハイっ もちろんワタシも」

「ああ、頼りにしているぞ?」


 ルシアママにそういわれて、うれしそうなふたり。

 ちょっとニコニコしすぎじゃない?


「そして今回は【特務】として、いくつか権限が与えられた」

「権限……ですか?」

「ああ、まずはその行動に関しては、いっさいの制限を受けない」

「つまりギルドや守備隊の指示を受けず、自由に行動して良いということだ」

「おぉう」

「そもそも今回の敵が【悪霊】である以上、作戦を秘匿する必要があるからな」

「故に我らだけで、独自で動く方が都合が良いというわけだ」

「ああ、なるほど」


 悪霊だったら、どこにでも潜り込めちゃいそうだし……

 作戦なんかは筒抜けになっちゃうよねぇ?


「そして関係各位からの情報を、無制限で受けられることになった」

「今この街で起きている、不可解な事件や事故……」

「そういったものの情報は逐一集められ、我々に伝えられる──そんな運びだ」

「ああ、それは助かりますね」

「そうですね、悪霊の居所の手がかりになりそうです!」


 この世界にはネットもSNSもないから、そういう情報がすごく大事!


「さらにその必要経費は、自由に使って良いそうだ♪」

「すごい!?」

「とはいえ……防具や武器でなんとかなる相手ではないからな」

「主には街での宿泊費や、滞在費などになるだろうな」

「ですよねー」


 さすがに関係ないものを買うわけにもいかないよねぇ


「ともあれ……今日は皆、徹夜だったからな」

「今日はいったん家に引き上げて、今夜からまた警戒にあたるか」

「ええ……悪霊は、すぐに動くでしょうか?」

「わからんが……どのみち街に詰める必要はあるだろうな」

「なにかあってから駆けつけるのでは遅すぎる」

「ええ……」


 そりゃぁ? ぼくらが全力で飛んだら、10分もかからず着いちゃうけど……

 その街からの知らせを受けるのに、時間がかかっちゃう。


(う~ん、電話みたいなアイテムがあればいいんだけど……)


 残念ながら、ステラママの蔵書にもそういうのはなかった。


「えと…ミラさんたちが、エルフの森からお手紙を受け取ってましたよね?」

「そのアイテム、借りられないでしょうか?」

「ああ、あれは双方にそのアイテムがないと、使えないモノらしくてな」

「なんなら私がその片割れを取りに行ってもいいが……」

「往復で6~7日程度はかかるな」

「うぅ なら私たちがこの街に居たほうが、ずっと早いですね……」


 エルフの森……ホント遠いんだなぁ


「さて……こんなところか」

「さすがに私も眠くなってきたし、そろそろ帰るとするか」

「ええ……ではアルタムさん、これからも宜しくお願いしますね?」

「はいっ アイナ様!」

「ああ、そうだ……アルタムにはこの特務に就いている間……」

「特別に、休業補償が出ることにさせたぞ?」

「ほ、ホントですか!?」

「ああ、客には『ギルドからの特別な依頼を受けた』とでも言うといい」

「まぁ、本当にそうなのは間違いないのだがなw」

「うぅっ ありがとうございますっ ルシア様っ」

「なんのなんの♪ その代わりクリスとアプリルの件、くれぐれも頼むぞ?」

「はいっ」


 うーん、あいかわらずオトコまえだなぁ、ルシアママ▽

 こうして……アルタムさんはルシアママの大ファンになったのでした♪


 ◇◆◆◇


「う~ん、動き……ないですねぇ」

「はい~」


 あれから……5日が過ぎました。

 けど、街は平和そのもので、悪霊も魔物もまったく気配なし。

 とりあえず、毎日パトロールはしてるけど……


「魔力を奪われた人まで見たらないとか……」

「もしかして、諦めたんでしょうか?」

「だったらいいんですけど……」


 アプリルさんのいうとおり、街では悪霊のウワサどころか、

 いままで何人もいた魔力を奪われた被害者が、ぜんぜんいなくなったんだ。


「でも、もしかしたら……さわぎにならない方法で、魔力を奪ってるだけかも?」

「騒ぎにならない?」

「悪霊としても、あの襲って奪うやりかたは、効率がよかったんじゃないかって」

「そうなんですか?」

「はい、だってあアイツ……」


『ふぅ、MPだけなら人死も出ないし、もう少し行けるかと思いましたが……』


「なんていってましたし?」

「そういえば、そんなことを」

「ですから? きっと【効率は悪いけど、バレにくい】やりかた」

「そういうのがあるんじゃないかって思うんです」

「あり得ますね……それ」

「でもそれをやられると、魔力がたまっちゃって……」

「あ、いきなり魔物をぶつけられる可能性が──」

「そうなんですよねぇ」


 と、そのとき……


「あぁ、クリスくんにアプリルさんっ ここにいらっしゃいましたかっ!?」

「あ、アマーリエさん」

「どうしたんですか? そんなに慌てて」

「その……例の【特務】の件なのですけれど」

「っ!? なにかわかりました?」

「ええ……とある冒険者から通報がありまして」

「街外れのとある屋敷に、見慣れぬ女性神官が何度も出入りしていると」

「女性神官!? まさか……」

「ええ、その冒険者の証言によると、現在行方不明になっている神官に近いかと」

「あ、あの【カルキノス】の時の神官かも!?」

「ですからまずはご連絡と思い、私達で手分けしてお探ししたんです」

「ありがとうございます!」


 さすがは冒険者ギルド! そしてアマーリエさん▽


「それでアマーリエさんっ その屋敷ってどこですか?」

「ええ、でしたら私がご案内します」

「え? でも危ないし!?」

「そ、そうですよぉ」

「ですが……お二人とも、住所を聞いて場所が判るのですか?」

「あっ」

「うぅ……わかりません」

「ですから、私がご案内したほうが早いです」

「さあ、こっちです!」

「は、はいっ」


 こうしてぼくたちは、アマーリエさんに案内されて走ったんだ。

 それにしても……


(アマーリエさんのおっぱい……メッチャ揺れるぅ!?)


 それはもう……【ぶるんっ】とか【ゆさゆさっ】とか聞こえそうなくらいで~

 そしてぼくはその時──


(日本のブラみたいに、揺れないの作ったら、みんなよろこぶだろうなぁ)


 なーんてことを考えていたのでした~


 ◇◆◆◇


「はぁっ はぁ……こ、ここです」


 アマーリエさんが案内してくれたのは……街の外壁に近い、文字通りの街外れ。

 そこに建つ、古びた庭付きのおうちだった。


「ここは長いあいだ無人だったと、その冒険者も証言しています」

「なのに、女性神官が出入りしてる…と?」

「ええ、それで不自然に思い、ギルドに──」

「ああ、冒険者ギルドは現在、街の冒険者たちに賞金を懸けているんです」

「しょうきん?」


『他の街から犯罪者が紛れ込んだ』

『見慣れない者が不自然な行為をしていたら、通報すること』」

『有益な通報には賞金を出す』


「──と、そんな感じですね♪」

「な、なるほど!」

「おかげで有象無象の証言が、かなり集まりまして……」

「ですがその甲斐あって、ようやく手がかりが♪」

「そ、それは……ご苦労さまですぅ」


 うぅ……やっぱり迷惑かけちゃってるなぁ

 でも、おかげで悪霊を追いつめられそうだけど。


「あ、アプリルさん? 見てください……」

「え? どうかしましたか? クリスくん」

「あの足跡って……ハイヒールのですよね? しかも最近の」

「あ、ホントですね……」


 ビキニアーマーを装備してる人には、ハイヒールが多いんだ

 それはもちろんミヤビさまのシュミ。

 なのでなぜかハイヒールの方が、かかとがぺたんこのブーツより安定するんだ。


「これは、もう決まりでしょうか?」

「はいっ とりあえず、そこの窓から中をみてみましょう」


 そうして、ぼくらが部屋の中を覗いてみると……


(あっ あれは!?)


 あの時の女性神官が、部屋の中にいた。

 しかもその両手両足を縛られ、椅子に座らされている。

 そして目隠しと猿ぐつわをされていて、椅子にくくり付けられているみたいだ。


「ま、まさか……すでに入れ替り済み!?」

「な、なら助けなきゃ!?」


 そうしてぼくらは玄関のドアに手をかける。

 それにはカギもかかっておらず──


「あいてる……クリスくん?」

「はいっ」


 バンっ


 剣を構えると、ぼくらは扉を開けて一気に部屋に踏み込んだ。


「んむ~~~っ!?」


 物音に驚くも、身体をねじって助けを求める神官さん。

 ひとまず目隠しと猿ぐつわを外すと──


「たっ 助けて!」

「もう大丈夫ですっ 助けに来ました!」

「た、助かった──え? なにこの格好!?」

「えっ えっ!? な、なんでアタシ、神官の装備してんの!?」

「落ち着いてっ まずあなたは誰で──」


 バタンっ


 その時、ぼくたちの入ってきたドアが閉まった。

 そして──


 ドカンッ!?


「なっ!?」

「きゃぁ!?」


 壁を突き破って現れたそれは──

 ひとことで言えば【巨大なライオン】!?

 しかも前脚が2対ある6本足で、背中にはコウモリのような羽が生えていた!


「うふふ♪ 残念ですが、ここでお別れです」

「ではさようなら……アプリルさんにクリスくん♪」


 ドア越しに聞こえてくる、そんなセリフ。

 それはアマーリエさんの声で、そういったんだ。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る