第67話 アルタムさんの、おっぱいの南半球♡

「うぅ……正直、もう夜の間は飛びたくありませんね……」

「で、ですよねー」


 アプリルさんのアイデアを採用して、ぼくたちは大急ぎでお家に飛んで帰った。

 そしてアイナママを説得して、3人でまた街に戻ってきたんだ。

 ちなみに……2人でアイナママを運ぶのはちゃんと成功した♪

 けど夜の空はまっくらで~ アイナママ、すっごく怖かったみたい。


「とにかく……常に3人で固まっていたほうがいいでしょうね」

「個別に行動しては、また【入れ替わり】の危険があります。」

「それに、エナジードレインの件もありますし……」

「で、でもアイナママ?」

「なんですか?」

「ぼくたち3人で固まっていて、あの悪霊が姿を現してくれるかな?」

「それに3人とも、顔を知られてるし」

「あ」

「それは……その通りですね」


 アプリルさんのそんな指摘に、おもわず納得!?

 でもホント、アプリルさんって頭の回転が早いなぁ。


「あ、なら……私が変装したらどうでしょう?」

「アプリルさんが変装……ですか?」

「はい♪ 悪霊が襲うのはレベルが高そうな女性冒険者ですよね?」

「なら、変装した私がおとりになれば……」

「ですが、危険では?」

「もちろんアイナさまたちには、影から見守ってもらいます」

「なるほど……それしかないようですね」

「あ、じゃあ魔法使いの装備を用意しないと」

「だったら──」


 ◇◆◆◇


「な、なるほど……そんなヤツが街にいるんですね?」

「はい、ですから魔法使いの装備を、お借りしたくて」


 ぼくたちは、アプリルさんのお店にやってきています。

 夜だからお店はもうしまってたけど、ムリをいって開けてもらいました♪


「ついでに、私がアプリルとわからないように……」

「なにか変装用の小物があるとたすかるんですが」

「ああ、さっきの話によれば、顔を知られてるんですよね? お三方とも」

「そ、そうなんです……」

「だったら、このワタシが囮になりますよ♪」

「え? アルタムさんが、ですか?」

「で、でもっ 危ないんじゃ……」


 そういってくれるけど、アルタムさんは冒険者じゃない。

 あくまで職人だから、魔物どころか人とも戦ったことがないと思うし?


「けど、そこは守ってくれるんですよね?」

「その……クリスくんが♡」

「えっ あ、もちろんぼくが守ります! けど……」


 そんなアルタムさんのフリに、アプリルさんが慌てて応えてくれた。

 でも【クリス】であるアプリルさんを見る、アルタムさんの視線が……

 なんだかとっても熱っぽいんですけど?


「それに、今まで襲われた被害者って……」

「みんな【魔力を根こそぎ奪われている】んですよね?」

「ええ、そうなんです」

「だったらワタシは大丈夫ですよ♪」

「え?」

「そう、なんですか? でもなんで──」

「だってワタシ、ドワーフですよ?」

「【魔力】なんて生まれたときから、まったくありませんから♪」

「「「あ」」」


 ◇◆◆◇


 人族や獣人にも、男性なら魔力がないひとはけっこういる。

 けど? 女性で【まったくない】っていうひとは、ほぼいない。


(だけど【ドワーフ】だけは、男女ともに魔力がないんだっけ)

(っていうかアルタムさんて、あんまりドワーフっぽくないし?)


 だからつい魔法のことも忘れてたんだ。

 とはいえ今回の件に関しては、すっごく助かったけど♪


「お、おまたせしました」

「おぉ!?」

「ど……どうですか?」

「はいっ♪ とってもステキですよ? アルタムさん♡」

「く、クリスくんにそう言ってもらえると……えへへ♡」


 なんだかほっぺを赤くしてるアルタムさんだけど……

 その格好は、すっかり上級魔法使いっぽくなってたんだ♪


(っていうか? 魔法使いの装備は、サイズが豊富でいいなぁ)

(ぼくなんかいまの【軽剣士】の装備、けっきょく女のコ用のだし!?)


 魔法使いはほぼ女性だし、あんまりマッチョなひともいない。

 それに小柄なひとも多いから、アルタムさんでも困らなかったみたい。


(でも? たしかに、にあってるかも♡)


 そんなアルタムさんの装備は……

 エナメルっぽい光沢のロングブーツに長手袋。

 ブーツはハイヒールだから、いつもより背がたかくなってる。


(アルタムさん、いつもはかかとがぺたんこなブーツだからなぁ)


 そして襟が高めで【輪】のカタチにになってる黒いマントをはおって、

 口元──というか、おヒゲのあたりを隠してる。

 そしてお約束の天然木の杖と、つば広のとんがり帽子♪


(それに今日は、三角ビキニなんだ♡)

(アルタムさん、おっぱいの【南半球】が見えちゃってるぅ♪)


 いつもはスポーツブラっぽいアルタムさんだけど?

 今日はレニーさんみたいな三角ブラ。

 しかも上級冒険者向けだから、とっても面積がちいさい♡


「へぇぇ♪ その装備、とてもお似合いてず、アルタムさん♪」

「それに髪、解いたんですね?」

「ええ、私もいちおう、イメージを変えようと思いまして」

「とってもステキですよ♪ すごく、出来るオンナって感じで♡」

「も、もぉ……クリスくんったら♡(ぽぉっ♡」

(ちょっ!?)


 おおはしゃぎでべた褒めしてるアプリルさんに……

 アルタムさんは、恥ずかしそうにくねくねしてる!?


「……アプリルさん?」

「は、はいっ アイナマ──アイナさま!?」

「おうちに帰ったら……少々聞きたい事があります」

「いいですね?」

「はひっ!?」


 うぅ……違うんだよアイナママぁ!?

 ぼくはちょっと、セッケンをプレゼントしようと思っただけでぇ!?


「こほん……では、アルタムさん? 今夜はお願いしますね?」

「は、はいっ 【聖女】アイナ様っ」

「うふふ、わたしはもういち神官ですから……もっと気さくに呼んでください」

「わ、わかりました! では……アイナお義母様♪」

「アルタムさん?」

「はいっ」

「その呼び方は却下です」

「そんなぁ!?」


 ◇◆◆◇


 コツ… コツ…


 すっかり人が少なくなった街の中を……

 アルタムさんのヒールの音だけが、コツコツひびく。

 ここは現代日本と違って、自動車なんか走ってない。

 だから夜になると、本当に風とフクロウの声くらいしか聞こえないんだ。


(それに、今日はお月さまが雲にかくれてるから……まっくら)


 だからアルタムさんはマジックアイテムのランタンを持って歩いてる。

 おかげでアルタムさんのまわりは明るいけど……

 ちょっと離れたところは真っ暗だった。

 そしてぼくたちは、少し離れたうしろからアルタムさんを追いかけてる。

 アイナママに【気配遮断ハーミット】の魔法を使ってもらって。


-------------------------------------

【ハーミット】

 種別:神聖魔法

 状況:常時

 対象:術者、対象者、魔物

 効果:神々の神聖な祝福を受けることで、

対象者を含むパーティーメンバーの気配を遮断する魔法。

一定の時間経過で効果は消失する。

ただし、高レベルの索敵スキルがある敵には効果が薄い。

-------------------------------------


 ダンジョンなんかで、魔物に会いたくないときに使う魔法だけど?

 あくまで【気配】を消すだけだから、姿を消してくれるわけじゃない。

 だけど足音や装備の音なんかは、だいぶ消してくれるから、

 今日みたいな真っ暗な夜なら、身を隠す効果はかなり高い。


(それにさっきから【万物真理ステータス】のレーダーも使ってるけど~)


 周囲にあるのは、人族や亜人を示す青い光点だけ。

 魔物や魔族は【赤】、敵意をもつ人族や亜人は【黃】で表示されるけど……

 ぼくたちに気づいていないということは……悪意を向けられていないということ。

 だからもし犯人が【人族】だったら、レーダでは判別できないんだ。


(うーん、こんな時間でも歩いてるひと、そこそこいるからなぁ)


 さっきから、なんども人とすれちがうたびに、ぼくらは警戒するんだけど……

 いままではぜんぶ【ハズレ】だった。

 そして【万物真理ステータス】の時計では、もう夜の10時を過ぎていた。


(うぅ いつもはもうおやすみしてるじかんだから、ちょっとねむけが……)

(って! ダメダメ!?)

(アルタムさんも手伝ってくれてるんだから、ここはがんばらないと!?)


 と……そんなとき、向かいから女のひとが歩いてきた。

 それは若い神官のひとで、レニーさんよりはちょっと若いかんじ?

 そして冒険者じゃなくて、神殿におつとめの神官さんだった。


(あー、神殿の神官さんでも、わかいひとはビキニ、装備するんだなぁ)


 なんて──どうでもいいことを考えてたせいで、気付くのが遅れた。

 向かいから……しかも近い距離で、すれ違おうとしてるのに……

 アプリルさんがその神官の女性に、気づいていない事に。


(しまった!? あっちも【気配遮断】の魔法を使って──)

「アイナママっ アプリルさんっ」

「「……っ!?」」


 ぼくが小声でアイナママたちの名前を呼ぶ。

 それと同時に──その神官がすれ違いざま、アルタムさんのカラダに触れた。


「ひゃっ!?」

「…………? おかしいですね、魔力が奪えないとは」

「あ、アナタですね!? 魔力を奪ってまわってる犯人は!?」


 犯人らしき神官にむかって、アルタムさんが杖を構える。

 アルタムさんは魔法なんて使えないけど、それでも犯人の気は引いてくれた!


(アルタムさんっ)


 ぼくは【俊足】のスキルで駆け出すと、犯人のもとへ駆けよった。

 そして剣の柄をそいつの首筋に向かって──突きつけた!


 ガキッ!?


「なっ!?」

「ふふ……危ない危ない」

「せ、聖防壁!?」


 ぼくの剣はそいつに届くことなく、防壁に阻まれてしまった

 いやむしろ、その防壁の向こうにアルタムさんが囚われてしまった!?


「そろそろ警戒されるとは思ってましたが……まさかアプリルさん──」

「いや、クリスくんですね? あなたが来るとはw」

「や、やっぱりお前は……【悪霊】!?」

「ああ、人族が勝手にそう呼んでいるだけで、名乗ってる訳ではありませんが」

「やっぱり……」

「ふふ、オンナの身体はいかがです? 楽しんでいますか?」


 きっとあの時のメイドさんのカラダから、また乗り換えたんだろう。

 神官さんらしい優しい笑みでぼくを見ながら、小馬鹿にするようなことをいう。

 そして、慌ててアプリルさんたちが駆けつけるけど──


「はぁっ はぁっ あっ アルタムさんっ」

「ああ、クリスくんの身体ということは……アプリルさん、そして聖女も一緒ですか」

「……このっ」


 そのとき、悪霊の後ろにいたアルタムさんが、杖を振りかぶって殴りかかる!?

 けど──


「うぁぁぁっ!?」

「そのヒゲと耳、ドワーフですか? どうりで魔力がないはずです」

「あ、アルタムさんになにをした!?」

「今度は魔力ではなく、気力を吸っただけですよ」

「なに、吸い尽くしていません……殺したら、人質にならないでしょうw」

「こ、こいつ……」


 【MP】マジックポイントではなく【HP】ヒットポイントをドレインされ、アルタムさんがぐらりと傾く。

 そんなアルタムさんのカラダをはがいじめにして……

 悪霊は肩に下げていたバッグから、何かを取り出した。


「な、何をする気──」

「ふぅ、MPだけなら人死も出ないし、もう少し行けるかと思いましたが……」

「ですがひとまず1体分程度なら、もう集まっていますよ?」

「まさか、【6体の魔物】!?」

「正解ですw 正直このカラダでも、あなた方には勝てそうにないので」


 すると悪霊の手のひらのボール状のモノ──

 それがぱぁっと光り輝いた。


(ま、まさか……魔力を注いでいる!?)

(こ、こんな街中で、そんなコトしたら──わっ!?)


 するとボールは激しく光り……そのまま大きく膨れあがった!?

 あまりの眩しさに、腕で目を覆うぼくだったけど……

 ようやく光が収まってみると、そこには──


「なっ──カニ!?」


 そこには──ふたつの強大なハサミを振りあげた……

 幅6メートルはありそうな、巨大なカニがいた!?

 しかも大きなクチを開け、そこには凶悪そうなキバがぎっしりと並んでる。


「あ、あれは……【大鋏の悪魔】!?」


 アプリルさんが、ソイツを見て叫ぶ。

 そしてそれは……アプリルさんから聞いていた、6体の魔物のひとつ。

 その大バサミで数多の船を沈め、あらゆるものを断裁するという──

 屈指の攻撃力と防御力を持つ、凶悪な魔物だった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る