第63話 それはぼくのおいなりさんです

「違うのですっ!?」

「えー」


 それは……ぼくがベッドでお休みしてすぐのこと。

 ミヤビさまが、ぼくの夢まくらに立ってくれたんだ。

 そして開口一番に、いったセリフがそれ。


「ちがうって……何が違うんですかぁ? ミヤビさまぁ」

「あぁっ またクリスきゅんが、わたくしを家畜を見るような目で……ハァハァ♡」

「しまった!? コレじゃミヤビさまがよろこんじゃうぅ!?」


 それというものゆうべ、お休みする前にアプリルさんのいってたセリフ──


『【武芸守護】を司る高位神!【ミヤビ】さまが与えて下さった力です♪』


 だからぼく、おへやの明かりを消したあとに、ミヤビ様を想って──


『えー、業務放送・業務放送』

『天界からおこしのミヤビさま……クリスくんが【おこ】でおまちしています』

『至急、夢まくらにお立ちください』


 そうしたらミヤビさま、来てくれました~


「うぅ……あんな業務放送で呼び出されるだんて……」

「わたくしの、神としての威厳がぁぁぁ」

「っていうか、そこを気にするなら、いちばんで言い訳しないでくださいよぉ」

「で、でもぉ……クリスくんが【おこ】だって……」

「もう【おこ】じゃないですから、ね?」

「だ・か・ら、なにが【違う】んですかぁ?」

「うぅ……あの【姫巫女の戦装束】のことですぅ」

「やっぱりアレ、ミヤビさまのシュミですよねぇ?」

「は、はいぃ」

「ですが……あれには実は、理由があって~」

「りゆう? それってどんなのです?」

「実は……千年前の当時の勇者が【アレ】に夢中だったんですぅ」

「せんねんまえのゆうしゃ」


 ええと……【アレ】こと【セーラ服美少女戦士】が活躍するアニメは~

 日本人だったぼくが召喚された時点で、30年前くらい前の作品だったはず。

 こっちじゃ千年たってるのに……時間がずれてるの?


「それというのも、その異世界の勇者をここへ召喚した際に……」

「彼は紙で出来た手提げ袋の中身を、全部ぶちまけてしまい」

「そこには大量の【アレ】の絵が描かれた薄い本が──」


 え、エ○同人誌だそれぇ!?


「ですが……その薄い本に描かれた女子の装束は……」

「わたくしに、いんすぴれーしょんを与えました!」

「あ、与えちゃったんだ……」

「そんな折……エルフの森に魔族が襲いかかり、わたくしに救いを求める声が!?」

「神としてはこの事態、捨て置くわけには行きません!」


 天の神様、魔族と魔物を倒すためなら? めっちゃ協力的ですからねー


「さて、どの様な力を授けましょう? そうわたくしが思案した──」

「その時! わたくしに『神』が降りたのです!」どどーん!

「神さまなのに!?」

「あの【特別な戦装束】を魔法でまとい、剛力と絶大な魔法を得るその姿……」

「これは使える……と!」

「そしてわたくしは早速、その【でざいん】に入りました!」

「あー、入っちゃいましたかー」

「そして、その作業は徹夜に至り……」

「そして明け方になった頃、それは完成しました!」

「心地よい疲労感がわたくしを包みます……」

「しかし、それによりわたくしは、少しだけ仮眠を取ったのです」

「そして目覚めた後、改めてその装束を見て……わたくしは思いました」


『もしかしたら……これはやりすぎたかもしれない』


「わたくしとしてはまさに至高の逸品……」

「しかし、エルフや人族には【まだ】早かったかもしれない」

「そんな不安がわたくしを襲います」


 それって~ 徹夜で書いたラブレターとかポエムを……

 次の日改めて読み直したら~ ってヤツですよねぇ?


「しかし……クリスきゅん?」

「【交渉事】には、こんな手管があるのです」

「あ、はい」

「まず……相手にとって、到底納得出来ない【厳しい条件】を叩き付けます」

「そしてそれは……当然の様に【却下】されるでしょう」

「ですよねぇ?」

「ですがその際に、『では少々、条件を緩めましょう』そう提案します」

「すると……相手は『まぁ、さっきよりはマシ』と、警戒を緩めてしまうのです」

「ほほう」

「そうなれば……あとは微調整をして、契約に漕ぎつけるだけ」

「そうすることで、本来よりも有利な状況で、契約することが可能なのです!」

「なるほどー」


 だけど、ミヤビさまはなぜか悲しそうに目を伏せて──


「ですが……なんということでしょう!」

「エルフの姫巫女は……その一番最初の条件──」

「すなわち【一番過激なでざいん】のソレを、受け入れてしまったのです!」

「あー」


 あのー、ミヤビさま?

 【だからわたくしは悪くないのです!】ってお顔、してますけど?


「ミヤビさま?」

「はい……」

「いちおう、いっておきますけどね?」

「はい……」

「神さまからいただいた【神託】のデザインに、リテイクやりなおしを出せると思います?」

「も、もしかしたら? ……と」

「出せませんからね? ふつうはそういうの」

「ですからもうそういうの、止めましょうね?」

「はい……」


 気づいたらミヤビさま、床に正座してしょんぼりしてました。

 なんだかかわいそうになったぼくは……

 そのおひざを借りて、ひざまくら♡ してもらったんです。

 そしたらミヤビさま……


「うふふ、クリスきゅん▽」


 そんなふうに楽しげに、ぼくの髪をなでてくれました▽


 ◇◆◆◇


 カポーン


「「はふぅ♡」」


 そして今回も……ミヤビさまご自慢の、露天の風呂につかるぼくたち♪

 例によって湯船の底がないから?

 またミヤビさまに、仰向けでだっこされてます~


「それにしても……ミヤビさまぁ」

「はぁい♪ なんですか? クリスきゅん♡」

「あの【姫巫女の戦装束】のデザイン変更とか──」

「ムリです♪」

「えー」

「すでに千年間、エルフたちに伝えられてしまっているのですよ?」

「それが急にカタチが変わってしまったら……」

「あー」


 きっと、すっごく混乱しちゃうよねぇ?

 見た目はともかく、その効果はすごいんだし?


「ええと、じゃあ……新シリーズ展開による【フルアーマー化】とか?」

「む、なにやら魅惑的な響きですが……」

「布面積を増やすのは、わたくしのぽりしーに反します」

「むしろ、その余剰な装甲を吹き飛ばし【きゃすとおふ】すべきかと♪」

「というかアレ以上削っちゃダメでしょ!?」

「くろす・あうっ(脱衣)」


 だから脱いじゃらめぇ!?


「それにあの装束には【認識阻害】の効果があるのです」

「にんしきそがい?」

「ええ、その姿を他の者に見られても、その顔は印象に残らないのです」

「なにそれすごい!?」


 あ…あのアニメも額のティアラにそーゆー効果があったんだっけ?


「ですから…露出初心者でも、安心して楽しめるのですよ♡」

「な、なにを楽しむのぉ!?」


 やっぱりミヤビさまのシュミ、丸出しだよぉ!?


「ですが…その【転身】を見られた者には、認識阻害は働きません」

「そしてその後も効き目はありませんので、注意してくださいね?」

「そ、そうなんですね? 注意しますぅ」

「あ……でもあれ、ビキニアーマーよりずっとすごいんですね?」

「ええ、その威力には自信がありますが……ほぼ姫巫女専用ですから~」

「あ、そっか」


 いま、ビキニアーマーはすっごい数、装備されてる。

 その総数による効果を考えれば、ビキニのほうが確かにすごいよねぇ?


「あの戦装束は、わたくし単独で授けたもの」

「ですが【びきにあーまー】は、何人もの高位の神々たちから力を借りた……」

「いわば【共同ぷろじぇくと】なのです」

「え? それってすごくないですか?」

「えっへん! 実は……すごいのです♪」

「おぉぉ」


 ミヤビさま、高位の神さまだとは知ってたけど……実はかなりすごい?


「というか……ミヤビさま?」

「はい、クリスきゅん♡」

「もみもみしないでください」

「もみもみ♡」

「それはぼくのおいなりさんです」

「って!? ぼくのおいなりさんが……ないんですよぉぉ!?」


 いま、こうしてぼくが【クリス】の姿なのは……

 ここがミヤビさまの司る【精神世界】のようなものだから。

 いまごろぼくは、ベッドの中でスヤぁ……

 もちろん、アプリルさんのカラダのままで。


「ミヤビさまぁ その無敵の神通力でなんとかしてくださいよぉ!?」

「ですが……わたくしは、地上の民に直接手を出せないのです……」

「そうでした~」

「ですが、今回の件は【魔族による被害】ですので……」

「諦めずに申請すれば、おそらく通ることでしょう♪」

「おぉぉ!」


 なんだか…お役所とか保険会社っぽい?


「具体的には聖女に【正しき身体に、その魂を戻す魔法】、これを授けましょう」

「パーフェクトですっ ミヤビさまぁ♪」

「感謝の極み♡」ズパッ


 そんなミヤビさまに、なんとかひとあんしん♡


「じゃあ、あしたにでもその魔法、もらえます?」

「ええ……この後にでも、神託を授けましょう」

「やったぁ♪」

「えへへ♪ ミヤビさま……すき♡」

「あぁぁ……クリスきゅん♡」


 ぎゅぅ▽


「ですが!」

「びっくり!?」

「クリスきゅん? すぐに元の身体に戻ってはいけませんよ?」

「なんでぇ!?」


 思わずカラダの向きを変えて、ミヤビさまに向き合う格好になるぼく。


「それはあなたと姫巫女……ふたりの魂がまだ、馴染んでいないからです」

「たましいが……なじむ?」

「ええ……実際に今、あたたがたの魂は、その身体に違和感を感じています」

「それは、そうですよねぇ?」

「ですからその魂は、非常に不安定で……」

「現在いつ、身体から魂がぬけ出しても、おかしくない状態なのです」

「な、なんだってぇぇ!?」


 そ、それって……【幽体離脱っ】てコトぉ!?


「そしていちど魂が抜け出してしまえば……自力で元に戻ることは、まず不可能」

「そうなの!?」

「ええと……魂の状態で、身体に飛び込めば~?」

「魂だけになってしまえば、もはや物質に触れることは出来ませんよ?」

「なんと」

「故に、身体に触れてもただ突き抜けるだけ……乗り移ることなど出来ません」

「そんなぁ」


 そんなの……ユーレイになってさまよってるのと同じじゃないかぁ!?


「ですから、まずは今の身体に魂を、馴染ませる必要があるのです」

「でないと元の身体に戻っても、その魂が安定せず抜け出してしまうでしょう」

「うぅ、はい……具体的には、どうすればいいんですか?」

「そうですね……さしあたって問題なのが、あなたと姫巫女の性別が異なること」

「そうなんですか?」

「ですから、クリスきゅんは姫巫女に……」

「姫巫女はクリスきゅんに、なりきってください♪」

「えっ!?」

「そうすることで、その身体に違和感をなくさせるのです」

「その【思い込み】の力が、より魂の安定を授けてくれるでしょう♪」

「ぼ、ぼくが……アプリルさんになりきるの!?」

「ですから、あくまで期間限定です」

「それが成された後なら……聖女の魔法で元に戻っても良いでしょう♪」

「うぅ……わかりましたぁ」


 な、なんだかスゴいことになっちゃった!?


「あ、それからぼくの勇者スキルなんですけど……」

「どうしてカラダが入れかわったのに、こっちに移ってるんですか?」

「うふふ……それは当然のことなのですよ? クリスきゅん♡」

「とうぜんのこと?」

「ええ、なぜなら勇者魔法とそのスキルは……」

「あなたの魂に結びついているからです」

「ぼくの……魂に」


 ミヤビさまは……とても優しい目でそういってくれたんだ。

 ぼくの頭を、愛しげになでながら……


「そもそも勇者の力は、決して他の者に奪われてはならぬもの……」

「そしてクリスきゅん?」

「あなたの様な清く正しい魂の持ち主にこそ……勇者の力は授けられるのです」

「ミヤビさまぁ」


 そんなミヤビさまに抱っこされていると……

 その心地よさに、思わず眠ってしまいそう♡

 でもぼくは、がんばってそれをこらえて──


「わかりました! ミヤビさま」

「ぼくがんばって、あの【悪霊】と6体の魔物を倒します!」

「うふふ……あなたならきっと出来ますよ♡」

「ミヤビさまぁ♡」

「それに、女の子になりきることも♪」

「うぅ……そっちもがんばりますぅ?」

「うふふ、がんばれがんばれ♡」

「むぅ、ぼくはちいさいコじゃありませんのだ」

「ふふ♡ では、おっぱいは吸わなくていいんですか?」

「……吸いますぅ ちゅぅ♡」

「あン♡」


 ミヤビさまの、とっても大きなおっぱいに、吸い付いちゃうぼく。

 けど、ミヤビさまはそんなぼくをからかったりしないで……

 またやさしくぼくのあたまをなでてくれるのでした♡

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る