第61話 千年まえ、エルフの森にあったこと

「うぅぅ……ヒドいぃぃっ!?」

「ふう♡ ご馳走様だ、クリス♡」

「い、いまのぼくはアプリルさんなのっ」

「だが、中身はクリスではないか」

「アプリルさんっ ルシアママ……あんなこといってますよぉ!?」


 ぼくはアプリルさんにそういったんだけど──


「わ、私としては、いっこうに問題ありませんっ」

「そうなの!?」

「ただ出来るなら……私が見ている所でして頂ければ……♡」

「なんでハァハァしてるのぉ!?」


 っていうか、ぼくのお顔でそんな色っぽい表情するのヤメてぇぇ!?


「アプリルさんっ そのカラダは男のコなんですからねっ」

「い、今のクリスなら……レイナの服も似合いそ──」

「アイナママっ ナニいってるのぉ!?」


 そんなママたちに振り回されてぼくは……

 ひたすらツッコミ続けるのでした……


 ◇◆◆◇


「さて、おふざけはこのへんにして──」

「うぅ、もうおふざけ禁止だからねっ」

「了解だ♪」

「さて──件の【悪霊】だが、キスをする……という必要がある以上」

「それを防ぎさえすれば、身体の交換は防げる……こうも考えられるわけだな」

「なるほど、それはあり得ますね」

「うん、あらかじめわかっていれば、防ぐのはできそうだよね?」

「ただヤツも心得たもので、目の前で自刃したり服毒すれば──」

「思わず相手が駆け寄る……そこで抱きついてキスをする……ですね?」

「ああ、これを初見で防げる者は少ないだろうな」


 いわゆる【初見殺し】ってヤツだね?


「ああ、そして先程の、無事に生還した【身体を交換された高官】だが──」

「……別に駄洒落てなどいないぞ?」

「わかっていますから、ルシア? 続きを」

「ふむ、その高官もなぁ……娼婦の姿になっていたそうだ」

「しょうふ?」

「ああ、その高官が呼んだ者らしくてな?」

「そして娼婦になり変わった悪霊とキスをして──というワケだ」

「なるほど……」

「ルシアママ? その悪霊がなりすました、高官さんのカラダはどうなったの?」

「ああ、意図的な作戦の失敗の件もあり、拘束されていたが……」

「しかし、翌日には独房で死んでいたそうだ」

「まぁ……」

「しかし、外傷も服毒の様子もない……これは──」

「そのカラダを捨てて……逃げちゃった?」

「ああ、そういう事も出来るのだろうな、ヤツは」


 ほ、ホントに悪霊みたいなヤツなんだね……


「そしてもうひとつ、ヤツの目的だが……」

「おそらく、私のカラダと入れ替わる事だろうな」

「そ、そうなのかな?」

「ああ、まず私と親しいアプリルに、メイドの身で近づく」

「もちろんアプリルと身体を入れ替えるためだ」

「そして親切を装って、根掘り葉掘りと話を聞く」

「先程からクリス達の話を聞くところ……」

「入れ替わった身体の【記憶】までは引継げないようだからな」

「あっ そうか」

「ええ、ついでといっては何ですが、話し方やその仕草……」

「そういったものも観察していたのでしょうね」

「そ、そうだったのか……」


 そうとは知らず、いっぱいお話しちゃったよ……ぼく。

 アプリルさんも、ぼくと同じくしょんぼりしてる。


「まんまとアプリル入れ替わったヤツは、私の元へ向かう」

「しかしアプリルの話を聞き、さらに私に近づきやすい者を見つける」

「それって……ぼく、だよね?」

「ああ、私の息子なのだ……近づき、キスをするのも容易いと考えたのだろう」

「そして私の身体を乗っ取った後は──」

「あぁ……考えたくもありませんね……」

「う、うん……」


 魔王軍の主力兵団を、単騎で討伐できちゃうルシアママ。

 それが敵になったら──ガクガクブルブル……


「ともあれ……ふたりの機転で、最悪の事態は回避された」

「でかしたぞ、アプリル♪ クリス♪」

「あ、ありがとう、ございます……ですが──」

「いや……先程も言ったが、あの入れ替りを防ぐのは相当に困難だ」

「むしろその後の活躍こそ値千金だった、さすがはアプリルだな♪」

「ルシアさま──」

「ええ、その通りですよ? アプリルさん」

「あなたはわたしとルシア……ふたりの入れ替りを阻止したのです」

「ですからどうぞ、ご自分を責めないでくださいね?」

「あ、アイナさまぁ」


 そ、そうだよね……?

 ふたりともレベル50オーバーの【英雄級】冒険者だし?


「もちろんクリスもな♡」

「ええ♪ あなたが【悪霊】を拘束しなかったら今頃……」

「うん……ほんとよかったよぉ」


 そんなふたりのママに褒められて……ぼくも嬉しくなっちゃう♡


「とはいえ……だ」

「ええ……困りましたねぇ」

「うぅ……だよねぇ」

「は、はいぃぃ」


 最悪の事態は防げたものの……

 ぼくとアプリルさんが入れ替わったままのは、どうしようもないわけで~


「うぅ……あしたになったら、戻ってたりしないかなぁ?」

「残念だが……先程の【元高官】は──」

「ど、どうなったの!?」

「自分の身体が獄中死した後も、元には戻らず……」

「その後も軍で、娼婦の身体のまま雑用の仕事をしていたが……」

「先だって、とある男性兵士に求婚されて、結婚退職したそうだ」

「そうなの!?」


 こ、心のナカまで女の人になっちゃったのかなぁ!?


「なぁアイナ? 神聖魔法にないのか?」

「こう……魂を入れ替える魔法とか」

「ええ、残念ながらありませんね……」

「彷徨う死者の魂を、降霊する術ならあるのですが……」

「うーむ、どうしたものか」


 そんなふうにぼくたちが、うんうんをアタマを悩ませていると……


「る、ルシアさまっ」

「ん? どうした……アプリル」

「その……私がルシアさまを頼り、こちらに赴いた理由ですが……」

「おお、そういえばアプリルは、私に何用だったのだ?」

「我らが氏族の【神宮】に、盗みが入りました」

「神宮に? いったいなにが盗まれたのだ?」

「はい……あの【封印具】です」

「しまったな……そちらもヤツの狙いだったのか」


 急に、深刻なお顔になるルシアママたち。


「る、ルシアママ? 」

「ああ、エルフの森……大宮司の氏族が祀る最高位の神殿である【神宮】」

「そこには6つの【封印具】が納められており……」

「凶大な、6体の魔物が封印されているのだ」


 ちょ……そんなスゴいモノだったの!?


「盗みは……まさに内部の者でしかあり得ぬ状況で行われました」

「そして急ぎ、ルシアさまのお身内に、追跡をお願いしたのですが──」

「ルシアママのみうち?」

「ああ、我が氏族は精霊の声が聞こえるからな」

「そして封印具の封印は、精霊の力で行われている」

「その声を頼りに、追跡させたのだろう」

「はい、ですが……数日が経ったある日、その声が途絶えました」

「そうか……察するに、封印が解かれたな」

「おそらく……そしてそれまでの逃走方向を考慮すると──」

「その先には私が居る、そういうことだな?」

「はい……そして空を飛べる【私】が派遣されました」

「なるほど、そういうことか」


 むぅ、っとうなるルシアママ。


「ルシア? その封印具の魔物とは……?」

「ああ、千年ほど前、当時の魔王軍がエルフの森を襲った際に使われた魔物だ」

「せ、せんねん……そんな前なんだ」

「長命なエルフでも、さすがにその頃を知るものは居なくてな」

「伝承にしか残っていないのだが……アプリル?」

「はい、ルシアさま……僭越ながら、私が説明させていただきます」

「あ、おねがいします」


 するとアプリルさんは姿勢を正して、ぼくたちに説明してくれたんだ。


「ルシアさまの仰るとおり千年前……エルフの森に魔族の襲撃がありました」

「まぞく」

「はい、その魔族は10名足らずの兵士と、6体の魔物であったとされています」

「え? 少なくないですか?」

「はい、しかし高位の魔族は単騎でも一騎当千」

「そして魔族たちが森に放った魔物は……」

「本来ならダンジョンの最深部にいる様な、強力な魔物だったんです」

「そんな!?」


 それって……いわゆる【中ボス】クラスってことだよね!?


「しかも魔物たちは魔族の指示を受け、それに従ってみせたと伝承にあり……」

「そうなの!?」

「おそらく……その魔物たちには、なんらかの手が入っていたのかもしれません」

「本来魔物は、エルフや人族を襲っても、魔族に従う習性はありませんので」

「ですよねぇ」


 というか、魔物にはそこまで知性がないって感じ?

 人族を襲うのは本能だからであって【敵の敵が味方】ってわけじゃないんだ。


「そしてその魔物たちには、もっと厄介な手が加えられていました」

「もっとやっかい?」

「その6体の魔物たちには【不死性】があり……」

「倒しても倒しても、復活してしまうんです」

「なんと」

「もちろん当時のエルフの森の者たちは、総力を挙げて討伐に務めました」

「しかし……何度も復活しては、また森を襲う魔物たちに……」

「森の者たちはだんだんと、絶望を感じ始めていました」

「それは……」


 そりゃあ……そんなキリのない戦いをさせられたら、心が折れかねない。

 しかも被害は日に日に増すだろうし……


「そんなある日……とあるエルフの【巫女】が神に祈りました」

「『どうかこの苦難を乗り越えることが出来ますよう』と……」

「すると、なんということでしょう!」

「え?」

「その巫女に、神は戦う力をお与え下さったのです!」

「そ、そうなんだ?」

「その腕は剛力に、その脚は俊足に」

「そして、かつてない強力な【精霊魔法】を駆使出来るようになり──」

「す、すごいっ」

「ついにはその力で魔物たちを全て倒し、封印することが出来たのです!」

「やった!」

「その【巫女】こそ……わが氏族の祖」

「私が引き継ぐ【姫巫女】のなりたちなのです」

「おぉぉ」


 そんな神託が、千年前にも!?

 って……再生しちゃう魔物だから、封印することにしたのかぁ


「すごい! それならもし【悪霊】がその魔物を放っても──」

「ええ! この私がその魔物たちを封印します!」

「よかった♪ ……って あれ?」


 いやいやいや……そういってるけどアプリルさん。

 いまぼくのカラダだよね?

 それにそのぼくのカラダ……いますっごく弱いですよ?

 武術系スキルとか、ぜんぜんないし?


「あー、アプリル?」

「はいっ ルシアさまっ」

「その【戦う力】というのは……【アレ】のことか?」

「はいっ♪ アレです」

「あー、アレかぁ……アレなぁ」


 またビミョーなお顔で、アプリルさんを見つめるルシアママ。


「ルシアママ? その……【アレ】って?」

「あー、確かにな? 強いぞ? アプリルの持つ【力】は」

「そうなんだ? どれくらい強いの?」

「ふむ……技では私には及ばぬものの、力は準ずる──そんなところか」

「なにそれすごい!?」

「えへへ♪ 恐縮です♪」

「だが問題は……2つある」

「そうなの?」

「ひとつは……アプリル、今のお前の身体でその【力】、使えるのか?」

「あっ!?」

「それに姫巫女の【力】はエルフに与えられたものと聞く」

「今のアプリルはクリスの身体──人族だ」

「うぅ……」


 えええっ? ならいったいどうしたら──


「る、ルシアママぁ?」

「うむ……ではクリス、試してみようか」

「えっ?」

「今の【姫巫女】はクリス……お前なのだぞ?」

「えっ えっ!?」

「実際に戦うかどうかは別として、まずはその【力】の有無、確認せねば」

「えぇぇ~!?」


 ◇◆◆◇


 そんなわけで~

 ぼくはアプリルさんに指示をもらって、そのチカラを試すことになったんだ。


「ええと……じゃあやってみますけど?」

「はいっ よろしくお願いしますね? クリスくん♪」

「えと……ひつようなのは……【MP】マジックポイントと──」

「ええ、精霊魔法の力で発動しますので、MPが枯渇した状態ではダメなんです」

「なるほど? それと、発動用のマジックアイテム?」

「はい、それはその……常にその身体に、肌身離さず身に付けていますので!」

「そうなんだ?」

「あとは発動の時にこう……右手の手のひらを広げて 高く掲げてください」

「そして発動の呪文は【シュミンケ】、そう唱えてくださいっ」

「わ、わかりました」


 おうちの裏庭の、ママたちのいるところへ移動するアプリルさん。

 別に危険はないそうだけど? いちおう離れてもらったんだ。


「クリス……」

「………………」


 心配そうなアイナママ、そして相変わらずビミョーなお顔のルシアママ。

 ともあれ? ためしてみないことには始まらない。

 ぼくは手のひらを広げた右手を掲げて──


「【シュミンケ】!」


 ぱぁぁぁっ


「……わっ!?」


 お部屋の中が光で溢れて……

 ぼくのカラダがハダカになって、虹色に光った!?


(ぱ、パンツだけは穿いてるみたいだけど……コレってまさか!?)


 そのままぼくのカラダはくるくる回り、そしてパンツ──

 かなりキワどいヒモパンから、リボンのような布が吹き出した!?

 そしてその布が、ぼくにカラダを包み込んで──


「セーラーコス☆美少女戦士! エルフィー・シルフ♡」

「風にかわってぇ……おしごとですっ♪」


 きゅぴーん☆


「……はっ!? いまおくちが勝手にぃぃ!?」


 その姿は……布面積の少ない、キワどいビキニの上下。

 そしてセーラー服っぽい、スカーフ付きの襟と超ミニのスカート!?

 ほ、ほかにもパーツはあるけど……ここっ コレってぇぇ!?


「せ、成功です!」

「これこそ【姫巫女】に与えられた戦装束!」

「【武芸守護】を司る高位神!【ミヤビ】さまが与えて下さった力です♪」


 興奮するアプリルさん。

 ぽかーんとしてるアイナママ。

 『あー、こんなだったわー』ってお顔のルシアママ!?

 それにしても──


「こ、これはひどい!?」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る