第53話 エルフの森の、そういった習慣

「むぅぅぅっ!」

「………………(大汗」


 いま、ほくとアイナママは──

 ルシアママのお部屋で、床に正座しています。


(え、エルフにも、正座の文化ってあるんだ……)

(って、土下座するくらいだし……それもそう?)


 床にはふかふかのじゅうたんが敷いてあるし、

 ぼくは元日本人だから、わりと平気だけど……


「………………(プルっ ブルっ」

(ああっ アイナママが、もう限界っぽい!?)


 あれから──

 ルシアママはスネました。

 それはもう盛大に拗ねまくりです。


(うぅ、ルシアママ……【激おこ】だぁ)


 ともあれ……ぼくたちは必死にルシアママに説明したんだ。

 これは【手ほどき】であること。

 一人前になった人族は、経験豊富な村の女性からそれを受けること。

 そして──そのぼくの相手を、アイナママがしてくれたこと♡


「い、いつからなのだ?」

「その……クリスに【手ほどき】を始めたのは!」

「それは……収穫祭の日から、ですね」

「そんな前からなのか!?」

「え、ええ……その数日前の、大イノシシの討伐──」

「それが村人たち全員が、クリスを【一人前】として認めた日、でしたから……」


 ぼくもいま知ったけど……

 村のお姉さんたちがいっぱい【手ほどき】の相手として立候補してたんだって。

 どきどき♡


「な、なんと……」

「で、ですから……経産婦であり、夫の居ないわたしが……手ほどきをする事に」

「だ、だが──」

「ではふたつ、貴女にお伺いします」

「な、何をだ?」

「ひとつは……エルフの森には、そういった習慣はないのですか?」


 そう聞かれて、思わず『むぅ』っとしたお顔をするルシアママ。

 だけど──


「………………いや、ある」

「むしろエルフの出産率は、人族のソレに比べてかなり少ない」

「故に、そうした教育は必ずする」

「なるほど……そうなのですね……」


 やっぱり、エルフにもそういう文化があったんだ?

 そういえば、エルフは【氏族】を大事にする種族。

 赤ちゃんも氏族全体で育てるっていってたし……

 やっぱりそうなるよね?


「そしてその相手は……同じ氏族の者から選ばれる」

「その【手ほどき】をする事で、その者も子供を授かりやすい身体になるからな」

「子供を授かりやすい身体……ですか?」

「ああ、エルフは寿命が長いからな」

「夫婦になってもその期間が長すぎて、どうにも子作りが疎かになりがちなのだ」

「まぁ……」

「妊娠出来る期間も長いので……新婚のうちに出来ないと──」

「『まぁ、いずれそのうち作ればいい』と」

「さ、さすがは長生きな種族ですね……」


 この世界の人族の平均寿命、は50~60歳くらい。

 それにくらべて6倍近くあるからね。


「となると……ますます赤ん坊が授かりにくい体質になる様でなぁ」

「そうなのですか?」

「ああ、長生きな種族はある意味【生への執着】が薄くなりがちだ」

「故に、そうした行為をすることで、身体が活性化するというか……」

「主に【子孫繁栄】【種族繁栄】への意識が高まるらしいのだ」

「な、なるほど」

「だからむしろ【人妻】のほうが【手ほどき】役に選ばれることが多いのだ」

「人妻!?」

「ま、まさかその【手ほどき】で……子供を?」

「ああ、それは違う。あくまでも自分の夫とだ」

「あ、あぁ……安心しました」

「妻の方は母性本能を刺激され、子供が欲しくなるし…」

「夫の方も何故かその妻を、強く求めるらしいのでな」


 そ、それって……NTRネトラレですよね!?

 な、なんてミヤビさまが……

 はぁはぁ♡ しちゃいそうなしきたりなんだ!?


「とまぁ、人妻は子宝の即戦力だからな」

「むしろその手ほどきをする事は、慶事の様な扱いですらある」

「そ、そこまでエルフは重視しているんですね……」


 そんな習慣がエルフにもあるなら?

 ルシアママも、納得してくれる……かなぁ。


「わかりました、ではもうひとつお聞きします」

「むぅ」

「ではルシアは……村のどの女性なら、納得したのですか?」

「ぐっ……」

「先程も申し上げましたが、わたしは夫の居ない経産婦」

「そして『ママ』と呼ばれてこそいますが……血の繋がりもありません」

「しかもこの村の誰よりも……そしてルシア」

「貴女に負けないくらい、クリスを愛しています」

「だ、だがっ」

「だが……何でしょう?」

「ぐぬぬ……だが、なら何故、私に相談してくれなかったのだ!?」

「そ、それは……」


 アイナママが、目を伏せてる。

 そしてしばらく考え込んで──


「それは、その……ルシアはいつ、帰ってくるか判りませんでしたし……」

「な、なら何故帰ってきても、今まで──」

「そ、それは……」

「それは!?」

「は、恥ずかしくて……うぅ(かぁぁぁ♡)」

「んなっ!?」

「そ、そこは申し訳ないと思っています……」

「ですが、どうしても恥ずかしくて……言い出せなくてぇ、うにゅぅ」

「あ、アイナママ」


 お顔をまっかにして……もじもじしちゃうアイナママ。

 かわいい♡


「そ、それに……クリスに【レッスン】をするとですね──」


 と、【MP】マジックポイントのお話をするアイナママ。

 さすがにそれはルシアママもしらなくて、びっくりしたみたい。


「なんと……MPが、か」

「ええ、そうよね? クリス」

「うん、さいしょはぼく、29しかなかったけど……」

「いまはそろそろ、400になりそうなんだ♪」

「400!? ……というと、そろそろ上級の冒険者というところか」

「えへへ♪」


 ルシアママ自身も、精霊魔法使いだし?

 MPの量の問題に関しては、けっこう大事だってわかってる。

 そしてぼくみたいな【筋力】のない冒険者が、魔法が使えるのはとっても大事!


「で、ですから……その、定期的に【レッスン】をしてですね──」

「ずるい!」

「ず、するい……とは──」

「それならっ! 私とてこの村でクリスを一番愛しているという、自負がある!」

「ルシアママ♡」

「そ、そして私もまた、クリスの母ではあるが……血縁はないっ」

「にゃので!」


 噛んじゃった!

 かわいい♡


「わ、私も! 義母として……クリスに【女】を教える!」

「「え?」」


 ルシアママが……ぼくと?


「「えぇぇぇぇっ!?」」


 ◇◆◆◇


「ルシアママ……」

「く、クリス……」


 そしてルシアママのお部屋に、ぼくたちはふたりきり。

 ステラママを亡くしたぼくを、育ててくれた……大好きなルシアママ。

 そんなルシアママと、【レッスン】する。


「ルシアママ……きれい」


 ルシアママはベッドの上……シーツの下にはなにも着ていない。

 そのきんいろの髪がキラキラ光って……

 ほんとうに女神さまみたいに見えた。


「ふふ、ありがとうクリス」

「だが、これは付けたままでいさせてくれ」

「うん……」


 そんなルシアママがぼくに見せたのは……

 ハダカの身体に装備したままの、ガントレット。

 左手首は……魔王戦で失ってしまったから。


「これがないと……クリスを両手で抱きしめられないからな」

「う、うん……」

「すまない……こんな身体で……ほんとうにすまない」

「ルシアママ……」


 無事なほうの右腕で、自分の左腕をきゅっと抱くルシアママ。

 だけど──


「ううん、ぼくはこの手に……なんども抱っこされてきたんだ」

「だからそんなこと、いわないで?」

「く、クリスぅ」


 ルシアママのその手に、ぼくは指を絡めてきゅっと握る。

 そうしたらもう……

 することはただひとつだけだった。


 ◇◆◆◇


「はふぅ♡」


 ぼくは──ルシアママおっぱいに、お顔をうずめた♡


(ぼ、ぼくのできるだけのことはした!)


 アイナママとの【レッスン】で身につけた、あれこれ。

 それをルシアママに、ぜんぶ出しきったつもり。


「る、ルシアママ♡ ありがとう」

「ぼく、とってもうれしかっ──あれ?」

「………………」

「ルシアママ?」


 ルシアママ……なんだか寝ちゃってるみたい?

 ときどき……腰のあたりが【ぴくっ】って動くけど……

 さっきから揺さぶっても、ぜんぜん起きないっぽい。


「うぅ……寝ちゃうくらい、ダメだったのかなぁ」

「でも、このまま朝まで寝たら、カゼひいちゃうよね」


 なんとか気をとり直して……ぼくはルシアママをベッドの真ん中にうごかす。

 それで毛布をかけてあげようかと思ったんだけど──


「あれ? なんだろ……この赤いシミ」

「ま、まさか……」

「このシーツの赤いシミって……もしかして、血?」


 そして見れば……ルシアママの脚の付け根にも、同じ赤いモノが!?


「ぼ、ぼくはなんてことを……」

「ぼくがあんまりダメだったから……ルシアママのカラダを傷つけちゃった!?」


 いつも元気で【最強】のルシアママ。

 そのカラダから血を流すなんて……魔王戦以外で見たことないのに!?


「あわわ……どどど、どうしたら!?」

「ま、まずはキレイなお水で洗って──」


 そんなふうに……ぼくがあわあわしていると……


「う……ん……」

「ルシアママっ!?」


 ルシアママが目を開けて……ぼんやりと宙をみつめてる。


「る、ルシアママ!? ごめんね? ぼく、ぼく……ぐすっ」

「く、クリス!? どうした、そんな泣いたりして!?」

「え……だ、だって……ぼく、ルシアママを傷つけて……」

「傷つけた?」

「え? その……平気なの?」

「ん? いやその……平気かと聞かれれば……平気ではいられなかったというか♡」

「や、やっぱり! そんな痛かったんだ!?」

「あ、ああ……やはり、それなりに……な」

「うぅ……ごめんね、ルシアママぁ……」

「ん? だから何故、そこで謝るのだ?」

「え? だって……ぼくがあんまりダメだったから、痛かったんでしょ?」

「え? いやその……痛さより、むしろ天国が見えたというか……♡」

「天国!? 死んじゃうくらいだったの!?」

「あ、あぁ♡ 途中、何度も『死んでしまう♡』と──」

「うぅ……やっぱりぃぃ!? はっ!? 今ぼくが、回復魔法を!」

「回復魔法? クリス……どこかケガでもしたのか?」

「ぼ、ぼくじゃなくて、ルシアママが!?」

「私が……? あんなに丁寧に愛されて、ケガなどしていないが?」

「でもっ そこに……血のあとが!?」

「こ、これは……!? うぅ」


 自分の脚の付け根を見て、びっくりするルシアママ。

 ルシアママ……いままで気づかなかったみたい。


「待ってて!? いま呪文を──」

「いや、いらん」

「なんでぇ!?」

「こ、これは……仕方ない事なのだ

「しかたない?」

「あ、ああ……私は……」

「今日この今が、初めてだったのだ……」

「………………はじめて?」


 ぼくはルシアママを改めてじっと見る。


「そ、そんなに見つめないでくれ…」

「は、はじゅかしいではにゃいか(かぁぁぁっ♡)」


 かわいい!?

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る