第39話 ぼくと、アイナママの共闘!

 創生の時代──

 なにもないこの空間に【大父神】と【大母神】の夫婦神が現れて……

 大陸と海、そして世界を創った。


 そして数々の神々を創りだしたが……

 原初の火之神を創ったときの火傷が原因で【大母神】は亡くなってしまった。

 大父神は悲しみ、その後も新たな妻を娶らず……

 その後は一柱で、神々を創り続けた。


 そして大父神はこの大陸でも肥沃な地に、神々の【眷属】を創った。

 そのいくつか創ったその眷属のうち……

 繁殖を繰り返し、その数で他の眷属たちを圧倒した種族があった。

 それが【人族】であり、それ以外の眷属たちは【亜人】と呼ばれる様になった。


 人族と亜人たちは神々を敬い、そして神々はその神力で眷属たちを守った。

 そんな神々と人々の平和な暮らしが、永遠に続くかと思われた……


 そんな折、神々と世界に害をなす【邪神】が現れる。

 大父神はその邪神を、大陸の未開の地に封じ込めた。


 邪神は怒り、いずれ力を蓄え大陸を攻め滅ぼすと、神々に宣言した。

 そして封じられた未開の地を【魔素】で満たし……

 その眷属として【魔族】と【魔物】を作った。


 その後、大父神は神々を連れて天界に昇り……

 神々は人族に加護を与えつつ、大陸を管理させた。


 これが……

 数千年に及ぶ【人族】と【魔族】の、その戦いの成り立ちである。


 ◇◆◆◇


「【キリエレイソン】!」


 キラキラキラ……


「ぐぁぁぁっっ!?」


 アイナママの紡ぐ神聖魔法が、魔族に向かって放たれる。

 その聖なる光に、魔族の肌は焼け、青白い炎に包まれた!


-------------------------------------

【キリエレイソン】

 種別:神聖魔法

 状況:戦闘時

 対象:魔族・魔物

 効果:神々の神聖なる慈悲の力で、

    闇の眷属、邪なる者の存在を浄化し、消し去る魔法。

    ほぼ確実にダメージを与えるが、対象の持つ属性により効果が異なる。

-------------------------------------


 魔族はそのシルエットこそ人族に近いものの……

 その体内に魔石を持ち、邪神を崇拝することから、

 神聖魔法の【浄化】で、ダメージを受けちゃうんだ!


「ぐぅぅ……かぁぁぁっ!?」

「なっ!?」


 しかし、魔族がその気をめぐらせると……

 その焼けただれていた身体は瞬時に修復され、ほぼ元の姿に戻ってしまった!?


(再生魔法っ!? しかもあんなにはやく!?)


 魔族大陸に満ちた【魔素】の中で暮らし、

 そして体内に【魔石】を持つ魔族にとって【魔法】は身体の一部のようなもの。

 人族がスキルを得て、呪文をとなえることでやっと発動する魔法も、

 魔族にとっては【考えただけ】であたりまえに発動するんだ!?


(勇者時代にも、何人も魔族を討伐してきたけど……)

(こいつの再生魔法、すごくレベルが高い!?)


 アイナママも回復魔法でケガをなおせるけど……

 あんな広範囲の損傷なら、数分かけてゆっくりと癒やされてゆくもの。

 それをあの魔族は、瞬時に修復してしまった!?


「アイナママ、ぼくがいくよ!」

「クリス……」

「だから、ぼくの身体に【衝撃】から身を守ってくれる、防壁をおねがいっ」

「っ!? わかりました!」


 アイナママ最強の魔法防壁【アスガルド】は、

 その強力さゆえに、あらゆる攻撃を防いでくれるけど……

 それだけに、こちらからの攻撃までできなくなってしまうんだ。

 だから──


「【アインヘリヤル】!」


 ぱぁぁ……


 ぼくの身体を、アイナママの魔法が包み込む。

 その虹色の輝きをまとったまま、ぼくは【俊足】のスキルで駆けだした!


-------------------------------------

【アインヘリヤル】

 種別:神聖魔法

 状況:戦闘時

 対象:術者、対象者

 効果:神々の神聖なる慈悲の力で、対象者の周囲に聖防壁をまとわせる魔法。

    攻撃による衝撃を緩和・消滅させ、白兵戦を行う対象者の身を守る。

    ただし、炎熱や氷結、雷撃などのダメージは防ぐ事が出来ない。

-------------------------------------


「たぁぁぁっ!」

「くっ!」


 ドンッ! ドンッ!


 魔族がまた、ぼくに爆発魔法を連続で放つ。

 それはぼくの身体にあたり──


 チュイン!


 そんなカン高い音をたてて、消滅してしまった

 まるで熱した鉄板の上で、水滴が踊って──消えてしまうように。


「な、なんだと!?」

「やぁっ!」


 スパパパッ!


「ぐあぁぁぁっ!?」


 【抜刀術】のスキルが三連撃でひらめき、魔族の目・のど、胸を切り裂く。

 だけど……


「なんのぉぉっ!?」


 ドンッ! ドンッ!

 チュイン! チュイン!


「く……っ!?」


 瞬時に再生してしまい、狂ったように爆発魔法を打ち返してきた。

 まるで弾幕のようなその連撃に、衝撃こそ消してしまえるものの……

 その視界は奪われ、今度はこっちが身動きを封じられた!?


「【キリエレイソン】!」


 キラキラキラ…………


「ぐおぉぉっ!?」

「アイナママ!」


 アイナママの神聖魔法は、人族であるぼくには効かない。

 おかげで体勢をたてなおすことができたぼくは……

 その距離をとって、アイナママのところへ戻った。


「アイナママ、ありがとう!」

「いいえ、しかし……効果は薄いようですね」

「うん、あの再生魔法……やっかいだね」

「あぁ、もっとママの魔法に、威力があればいいのですが……」

「あ、アイナママより威力のある神聖魔法を使える人、いるのかなぁ」

「あ──」


 そうか……効果を高めたければどうすればいい?

 薬草なら、うんと煮詰めてエキスを濃くする。

 そして照明の光なら、広範囲を照らすんじゃなく──


「アイナママ! 【照明】の魔法っ 強くできたよね?」

「え? あれは強くしたわけではなく──」

「そう! だからうんと細く【絞って】ほしいんだ!」

「【キリエレイソン】の魔法を!」

「っ!? わかりました!!」


 アイナママはふたたび、組んだ両手を掲げて祈りを捧げた。

 そして光り輝く魔法の奔流が──


「【キリエレイソン】!」


 キラっ


「ぐあぁぁぁぁっ!?」


 まるでスポットライトのような光が、魔族の身体にあたる。

 その明らかに強い光に、激しい炎をあげて魔族が苦しんでいる。


「アイナママ! もっと細く!」

「も、もっとなの!?」

「そう! それで心臓のところを!!」

「わ、わかったわ!」


 浄化の光が更にせばめられ、それが握りこぶしほどの大きさになったころ──


 ヒュボっ!


「ぐっはぁぁぁっ!?」

「いまっ! 【縮地】っ!!」


 ビキッ


 【縮地】のスキルで肉薄するぼくが、貫いたソレは、

 浄化のレーザーがぽっかりと空けた、胸の穴から覗く──

 魔族の【魔石】だった。


「な──」


 ぱぁぁ……


 そして魔石を砕かれた魔族は──

 光となって、かき消えてしまった。


「はぁぁぁ……やった!」


 ぎゅっと目を閉じ、歯を食いしばって勝利を実感するぼく。

 とても快勝とはいえない、ギリギリの勝利。

 そしてなにより──


(やっぱり、アイナママはすごいや!)

(ぼくだけだったら、勝てなかったか──)


 がばっ


「むぎゅぅ!?」

「クリスっ!」


 アイナママのとつぜんのハグに、ぼくのお顔はおっぱいに沈む。

 いつもならそれは、うれしいはずなんだけど……


「うぅっ クリス、よかった……ほんとうに、無事で……」

「あ、アイナママ……」


 ぼくのお顔に落ちる、アイナママのなみだ……

 もちろんそれがうれしいなみだなのはわかってる。

 けど……


「アイナママ……」

「あぶない目にあわせて、ほんとうにごめんね?」

「そして……ぼくをまもってくれて、ほんとうにありがとう」

「ぐすっ クリス……クリス」


 いまもちいさく震えるアイナママのその身体を……

 ぼくもきゅっと抱きしめて──

 そんなぼくたちはふたりで抱き合ったまま、

 おたがいの無事をよろこんだのでした。


 ◇◆◆◇


「おいおい、聖女とガキ、出てきたぜ?」

「なんだよ、闇ギルドの【切り札】ってのも、大したことねぇなぁ」

「いいじゃねーか、おかげで俺らが……なぁ?」

「ああ、最後にオイシイ所がいただけるとはなぁw」

(あー)


 そんなぼくたちが、ダンジョンの地下洞窟から出てくると……

 そこにいたのは……20人をこえる、冒険者たち。

 しかも全員、剣やタガーを抜き……

 そして弓を構え、発動寸前の杖をこっちに向けていた。


(【万物真理ステータス】のレーダーでわかってたとはいえ……)

(出口はここしかないしなぁ)


 とりあえず、どう対処しようかと考えてると──


「クリス……あそこに人が──」

「なっ!?」


 アイナママが指し示す先には……

 ダンジョンの入口を管理してたひとたちが、斬られて倒れてた。

 まだ息はあるみたいだけど……?


「なんてことを!?」

「と、とにかくあの人たちを助けなきゃ!?」


 ヒュ──


 そのとき、風がふいた。


 ──ヒュパッ! ──ヒュパッ! ──ヒュパッ!


「くふぁ──」


 とつぜん、冒険者たちが倒れてゆく。

 ぼくたちを取り囲んでいた、そのすべてが。


「えっ!?」

「まぁ……」


 そしてその全員が──すでに首がなかった。

 不可視の刃に、切り飛ばされてしまったから。


 どさっ


 そして、高いところからに落ちてきた、なにか堅いもの。

 それは……いわゆる【鎧の胸のパーツ】で──


「これって──むぎゅぅ!?」

「クリスっ! 逢いたかったぞ♡」


 とても柔らかくて大きなおっぱいに、

 お顔を埋める格好で抱きしめられるぼく。

 そしてそのおっぱいは、アイナママのおっぱいじゃなく──


「ん~♡ ずっと逢えなくて……死にそうだったのだ♡」

「あぁ……愛してるぞっ♡ クリスっ♡ んちゅぅぅっ♡」


 そう言うと……

 その【女性】は、ぼくのお顔にキスをする。

 それはもう、熱烈に……何度も何度も。


「お、おかえりなさいぃ」

「ああ、ただいま♪ クリス♡」


 この女性こそ……

 かつての勇者の従者にして、精霊魔法使いの魔法騎士。

 その剣から発せられる風刃は、易々と岩をも切り裂き、

 自身を風で浮かせて空まで飛んでしまうという【風の精霊魔法】の達人。

 【斬撃妖精】の二つ名を持つ、眉目秀麗な妙齢のエルフ。


 そして、亡くなってしまったぼくの【産みのママ】、ステラママに代わって……

 ぼくを養子にして育ててくれた【義理のママ】。

 そしてぼくがそのおっぱいを吸って育った【母乳のママ】。


 ぼくのもうひとりのママ、ルシアママなんだ♡

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る