第35話 かわいいって、いわないでよぉ!?

『キャ──っ!?』


 それは……

 ぼくとアイナママが、依頼を終えて街にもどる途中のことだった。


(【万物真理ステータス】!)


 とっさにぼくがその呪文をとなえると、頭の中にレーダーが浮かびあがる。

 ここから300メートルほど先、そこには人族を示す青い光点がふたつ。

 そして10をこえる赤い光点──魔物の表示があった。


「アイナママっ!」

「………(こくり)」


 ぼくがそのお顔を見ると、同時にうなずいてくれるアイナママ。

 その直後、ぼくはレーダーの示す方向に向かって駆けだした!


(まにあえっ! もっとはやくっ)


 祈るようなそんなキモチで走るぼくに【俊足】と【跳躍】のスキルが発動する。

 まるで大型のネコ科の動物みたいに、しなやかに身体が動くのがわかる。

 足場の悪い森の中、しげみを飛びこえ、木の幹をけり……

 文字どおり飛ぶようなはやさで、悲鳴の主のところへたどり着いた。


(っ!【ラビドードッグ】に【デスクロウ】!!)


 2種類の魔物が連携して、冒険者を襲ってる。

 魔物は魔物どうし、争ったりすることがない。

 むしろ人族への殺意をもつ魔物同士、協力しあうことだってよくあるんだ。


「助けがいりますか!?」

「っ!? お、おねがいっ!!」


 まずは救助の意思確認。

 これをしておかないと【エモノの横取り】ということにされかねないから。

 とはいえ……


(ふたりとも女の人、剣士の人は脚をえぐられて動けない)

(魔法使いの人は火の防壁を張ってる、けど……)


 その半分以上は【デスクロウ】、すごく大きい凶暴なカラスの魔物。

 だから飛んで、防壁の上から襲ってくる。


(しかもコイツ、動きがかなり速くて連続攻撃してくる!)


 そのうえ【ラビドードッグ】は【遠吠え】のスキルを持ってて、

 これは【瞬発力低下】の効果がある。

 だからこの2種に組まれると……


(こっちの速度をダウンさせられたあげく、2回連続攻撃を受けるんだ!)


 そしてそのパターンにハマっちゃったのかも。

 ふたりの冒険者たちは、まさに絶体絶命だった。


「【ソニックブレード】!」


 キュ──ン


 抜いた剣に風の精霊をまとわせ、振りかぶると、

 空気を切り裂くカン高い高周波の音がひびいた。


「たぁぁっ!」


 ぼくは【跳躍】のスキルを維持したまま高く飛び上がり、

 防壁を飛び越えようとしていたデスクロウをまっぷたつに斬った。


「ガァァァっ」

「やっ!」

「キャウン!」


 そして着地の瞬間、いちばん大きなラビドードッグを横なぎに斬る。

 きっとこいつが【司令塔】だったのかも?

 ほかのラビドードッグたちがひるむのを感じた。


「こいっ」


 とはいえあいては魔物で、人族に明確な殺意をもってる。

 保身を考えないすて身の突撃で、いっせいにぼくをおそってきた!


「【ケースショット】!」


 空から襲ってくるデスクロウに向かって、ぼくが呪文をとなえる。

 てのひらの魔法陣から【礫】──鋭く尖った岩のかけらがいくつも飛び出した。


-------------------------------------

【ケースショット】

 種別:元素魔法(土魔法)

 状況:戦闘時

 対象:魔族・魔物

 効果:空気中の元素から礫弾を作り出し、標的に向かって発射する魔法。

    一度に10を超える礫弾を同時に発射することができる。

    殺傷力は微力だが、術者の意思によってその速度や範囲の変更が可能。

-------------------------------------


「ガァっ!?」

「いまっ」


 ぼくが使える唯一の【元素魔法】である【土魔法】。

 それを応用した【ケースショット】。

 いわゆるショットガンみたいに、たくさんの礫弾を打ち出すことができるから、

 まず的を外すことがなく、そして当たりさえすれば──


 ズバッ!


 礫弾にひるんだ魔物を斬るのはとてもカンタン。

 あっけなくぼくの剣に斬られてしまう。


「つぎっ!」


 そうして──

 アイナママが駆けつけるころには……

 ほとんどの魔物が、その姿を魔石に変えていたのでした。


 ◇◆◆◇


「あ、ありがとうぅぅっ」

「うぅ……おかげでたすかりましたぁぁっ」

「うわっ」


 ぎゅぅぅぅ~♡


 さいごの魔物を切り終わったあと、

 ぼくが剣を収めたとたん、左右から冒険者のお姉さんたちに抱きつかれるぼく。


(お、おっぱいが~~~っ)


 ぼくに抱きついたお姉さんたちのおっぱいがちょうどお顔に!?

 しかもそれは、ビキニアーマーのやわらかいおっぱい。


(こ、こんな柔らかいのに、板金鎧より防御力があるだなんて)

「で、でもすごかったぁぁぁ♡」

「ホント♡ あっという間に魔物を……」

「あんなカッコイイの、初めてぇ♡」

「うんっ それに魔法も使えるなんてっ すごい♡」

「え? えへへ♪」


 なんて、ぼくがお姉さんたちに挟まれていると……


「こほん、そこの剣士のかた? まずはその怪我を治療しましょう」

「え? あ……ありがとうございますっ」


 アイナママが剣士さんに声をかけて、治療を申し出てくれたんだ。


「【ライトヒール】!」


 パァァァッ


「これで大丈夫でしょう」

「す、すごい……ライトヒールなのに、跡形もない」

「ふふ、回復魔法には多少の自信がりますので」

「え……ちょ──まさか、聖女様!?」

「ええ、そう呼ばれる方もいらっしゃいますね」

「えぇぇぇぇぇっ!?」

「ですが今は、小さな村の神官に過ぎませんよ」


 アイナママが【聖女】だって気づくお姉さんたち。

 そりゃぁ……驚くよねぇ♪


「とと、ということは……」

「あのコが……」

「【かわいい英雄】!?」


 なんですと?


「え、英雄級冒険者の息子にして……その愛弟子っ」

「ギルドの塩漬け依頼を何件もっ! 達成してる期待のホープ!」

「なのに食べちゃいたいくらい可愛くて──」

「思わずその全身をペロペロしちゃたいくらいラブリーな男のコ!」

「あ、あのウワサ……」

「「ホントだったんだ~♡」」

「うぷっ」


 むにゅぅぅぅ~♡


 おっぱいという海で溺れたら……こんなかんじ?

 その4つのビキニおっぱいに、お顔をもみくちゃにされるぼく。

 そんな荒波ならぬ、軟波(?)に揉まれてると──


「こほん! おふたりとも、そこまでです」

「はっ、はい!」

「し、失礼しました!?」

「……あなたがたの感謝はいただきました」

「それではわたし達はこれで……クリス?」

「はい、アイナママ」


 ようやく軟波から開放されたぼく。

 アイナママのちかくに駆けよった♪


「じゃ、じゃあお姉さんたち? お気をつけて~」

「あぁっ クリスくぅん♡」

「ホント、あんな可愛いのに強いなんてぇ♡」


 そんなお姉さんたちの熱い視線を背中にあびながら……

 ぼくとアイナママは、街に向かって歩きだしたのでした。


 ◇◆◆◇


 そしてお姉さんたちが見えなくなって、しばらく経ったころ。


「あ……アイナママ?」

「どうしたの? クリス」

「ぼく……ちょっとお花をつみにいってくるね」

「ええ、わかったわ」

「ちょっと時間かかるかもだけど……きにしないで?」

「うふふ、ごゆっくり♪」


 ぼくはそういって、アイナママに背を向ける。

 そして茂みの向こうに駆け出だして──

 そのまま止まらずに【俊足】のスキルを起動した。


(あと50メートル……と、いたっ)


 ぼくが足を止めたところには、5人の冒険者がいた。

 剣士が4人にシーフがひとり。


(バランスの悪いパーティーだなぁ)


 そして誰もがぼくを見て、ぽかんとした顔をしてる。


「おいおい……こりゃぁどういうこった?」

「知らねぇよ! だが、手間が省けただろ」

「だな、わざわざ片方だけ来てくれるとか」


 そして次第にその顔が、ニヤニヤとしたイヤらしいものになる。

 だからぼくはこういってあげた。


「あのぉ、ぼくたちにご用ですか?」

「聞いたかよ?『ご用ですか』だとw」

「ああ、ご用でちゅよぉ? ボクちゃんw」

「正確には、あっちの聖女様にだけどな」

「けどよぉ、このガキにも懸賞がかかってんだろ?」

「ああ、でもこのツラだ……高く売れるわw」

「ちがいねぇw」

「……それでご用って、なんですか?」

「ああ、カンタンなこった。俺らと一緒に来てもら──」

「あ、お断りします」


 ぼくはそういうと、ぺこりと頭を下げて、回れ右をする


「ま、イヤでもそうしてもらうがな」

「………………」


 すると、5人がいっせいに剣やタガーを抜くのがわかった。

 そしてぼくが首だけ後ろを向くと……

 その剣を見せつけるように、またイヤらしい笑みを浮かべる。


「あのぉ、剣を抜くってことは……」

「反撃されてもいいってことですよね?」

「あぁ? 反撃? できるものならしてみ──くぁ」


 スパッ


「覚悟できてるんなら、いいんですけどね」


 スパッ


「どうせ【万物真理ステータス】のレーダーでも」


 スパッ


「黄色い光点で【敵意】があるのはわかってましたし?」


 スパッ


 ぼくが振り返りざまにそんなことをいいながら、4度剣を振る。

 【抜刀術:LV87】のスキルが、正確にその急所を斬り裂く。

 すると4人の剣士が声もなく倒れた。

 そして残ったシーフに聞いてみる。


「ひっ ひぃぃぃっ!?」

「ええと、あなたがたも【闇ギルド】の人ですか?」

「た、助けてくれっ」

「きいてるのに……」

「そ、そうだっ! 闇ギルドの依頼なんだ!」

「あー、やっぱり」


 これで襲撃は3回め。

 正確には、襲撃されるまえに返り討ちにしてるけど。


「頼むっ 助けてくれ!!」

「いいですよ? そのかわり……」

「な、なんでも言うとおりにするっ だから──」

「にどとぼくたちに関わらないこと」

「それから他の人たちにも、やめるようにいってください」

「わ、わかった! 誓う!」

「……じゃあ」


 そういって、ぼくが背中を向けると──


「あ、甘いんだよっ ガキがっ!」


 スパッ


「むぅ、どうしてこういう人たちって……」

「背中を向けただけで『勝てる』って思うんだろ?」

「さっきもそれで斬られてるのに……」


 しかもこのシーフも、最後まで【敵意】がぜんぜん減らなかったし。

 悪いけど、ぼくの有能すぎる【万物真理ステータス】さんにかかれば、丸見えだよ?


「いけない……アイナママが心配しちゃう」

「それに、冒険者ギルドの人(?)にも気づかれないうちに、っと」


 ぼくはまた【俊足】のスキルで駆け出すと、アイナママのもとへ急いだ。


(ここ何日か、ずっとあとをつけてくるけど、敵意はないみたいだし…)

(やっぱり冒険者ギルドが付けてくれた人……だよねぇ?)


 ともあれ……勇者の頃からこんな襲撃は何度もあった。

 その多くは、魔族にたぶらかされたり、賞金に目がくらんだ人だったけど。


「そしてどの人も、許しても、見逃しても……」

「ぜったいに改心なんてしないんだよね」

「というか……ウソつくぶん、魔物よりタチが悪いよねぇ」


 最近のも、さいしょの1回は軽く痛めつけて見のがそうとした。

 2回めは半分斬って、残りに警告したうえで見のがした。

 けど、3回とも見逃したとたん、その【敵意】がぐんぐん増すだけ。

 そして全員が、ぼくの背中を斬りつけてきた。


「もう次から、さいごの確認はいらないかな~」

「どうせみんな【闇ギルド】ってとこの人みたいだし?」


 どちらにせよ、アイナママたち……ぼくの家族を狙うのはゆるさない。

 この勇者のチカラでアイナママたちを守りぬく。

 ぼくはそう決めたんだ。


 ◇◆◆◇


「アイナママ、ただいま♪」

「あら……クリス?」

「なぁに? アイナママ」

「髪が、乱れているわ」

「え、ほんと?」


 ぼくが手ぐしで髪をととのえようとすると……


「あっ」

「じっとしてて? ママがやってあげる」

「うんっ」


 アイナママの手が、やさしくぼくの髪をなでてくれる♡

 それだけでぼくは……ココロがぽかぽかしてうっとりしちゃう♪


「はい、可愛くなったわ♪」

「むう、かわいいっていわないでよぉ」

「はいはい、【かわいい英雄】さん、うふふ♪」

「それ……ホントなのかなぁ」

「どうかしら? でも……」

「でも?」

「ママはクリスにぴったりな【二つ名】だと思うわ♪」

「えー」


 いくらなんでも、男のコに【かわいい】はないでしょお?

 そんなふうにぼくが【おこ】になってると……


「むぎゅ」

「うふふ、そんなかわいいクリスに……ハグのご褒美です♡」

「うれしすぎるぅ♡」

「さっきのふたりのハグと、どっちがうれしい?」

「もちろんアイナママ♪」

「うふふ、よろしい♡」


 もしかして……しっと? してくれたのかなぁ?

 そんなアイナママのハグに……

 ぼくのココロが癒やされるのでした♪

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る