第32話 なーんか、なかよしすぎない?

「………………ん」


 まぶたごしに感じる明るさに、ぼくが目を開けると……

 となりにアイナママがいなくて、ちょっと寂しいきもちになる。

 けれど視線をめぐらせると……

 そこには髪をクシですく、アイナママの背中が見えた。


「あら、クリス……おはよう、よく眠れた?」

「うん、アイナママ」

「よかった……じゃあ身体を拭いてあげるから、背中を向けて?」

「うん」


 アイナママはもういつもの神官服を着てるけど……

 ぼくはハダカで寝ちゃったみたいで、ちょっとはずかしい。

 後ろを向いて……つい、おまたのあいだに手をはさんじゃう。

 ゆうべは……もっと恥ずかしいコトをしたのに……ね。


「………………」

「………………」


 だけど……やっぱり恥ずかしくて、なにをお話したらいいかわかんない。

 でも、こんどはちゃんと覚えてる。

 アイナママの優しいお顔と匂い♡ それから──


「クリス……ごめんなさいね」

「……え?」

「………………」


 そういったまま、アイナママはまた黙っちゃう。


「ええと……どうして『ごめんなさい』なの?」

「それは……」

「ぼくはアイナママのおかげで、一人前の男のコになれたのに?」

「ですが……」

「クリス、ママは……ズルをしたんです」

「ズル?」

「ええ……ほんとうは、クリスのお勉強相手は……」

「もっと若くて綺麗な女性が、するはずだったんです」

「えっ?」


 アイナママより若くてきれいな人?

 そんなひと……この村にいるの?


「ですが、わたしがそれがどうしてもイヤで……」

「村長さんの申し出を……断って、しまったんです」

「だからクリス……ごめんなさい」

「あなたの大切な初めてを、ママみたいな年増がするだなんて──」

「ちょっ!? アイナママっ!?」

「ぼくは……それでもアイナママがお相手で、よかったって思うよ?」

「……クリス」

「ううん、ぼくは……アイナママがいい」

「だからボクのはじめてが……アイナママでホントによかった♡」

「クリス……ありがとう、ママ……嬉しいわ」

「えへへ♪ それにこの村にアイナママより、若くてきれいな人なんていな──」

「むぎゅっ」


 アイナママはぼくを抱きしめて……何度もほっぺにキスをしてくれた♡

 でも、決してウソでもオセジでもなく、ぼくはアイナママでよかったって思う。

 心から……そう思っていたんだ♪


 ◇◆◆◇


「ほら、クリス? ジャムがほっぺに付いてるわ? ちゅっ♡」

「はい、取れた♪」

「えへへ♪ ありがとう、アイナママ♡」

「うふふ、どういたしまして♪」

「………むぅ」


 収穫祭も終わって……またいつもの日常がもどってきた。

 昨日のごちそうが残ってるから、もうしばらくは食卓がにぎやかだけどね♪


「……ん? レイナちゃん、もう食べないの?」

「食べるわよ……でも」

「でも?」

「クリスとママ……なーんか、なかよしすぎない?」

(ぎぐっ!?)

「あら、レイナ? クリスとママは、いつも仲良しよ?」

「そう……だよね、アイナママ」

「むー、でもなんかママ、いつもよりうれしそうなのよねー」

(ぎぐぎくっ!?)


 れ、レイナちゃん……するどすぎ!?

 お、女のカンってヤツなの!?


「ええ、嬉しいわ♪ だって──」

(ちょっ!? アイナママっ!?)

「昨日までのクリスは、村のみんなの【英雄】だったでしょう?」

「なのにママは、神官のお仕事でずっと、クリスのお世話をできなかったもの」

「そういえば、そうね?」

「ええ……なのにクリスの隣をずっと離れずにいた子も、いたみたいでね~」

「ぎくっ!?」

「やっとお世話できてママ、嬉しいのに……」

「やっぱりそんな子には、判ってもらえないのかしら~」

「わ、わかったわよっ! もう……」


 おぉ……さすがはアイナママ。

 かんたんにレイナちゃんをいいくるめちゃった♪


「お祭りも終わったし? すこしはクリス……ママに貸してあげる」

「か、貸してあげるって……レイナちゃん」

「なによぉ? クリスのくせに、もんくあるの?」

「ないけど──うわっ」


 ぎゅっ♪


「んふふ♪ じゃあ……クリスは今日、ママのお手伝いね♪」

「あ、うん。わかったよ、アイナママ」

「レイナは神殿のお掃除をお願いね?」

「ぶー、きのう村の人たちが、みんなでおそうじしてたじゃない!」

「いろんな人がいっぺんにやるとね、どうしても雑なところが出てくるのよ」

「だからあなたが一通り、全部チェックしながらもう一度……ね?」

「うぅ……はぁい」

「というか……ママ、クリスばっかり甘やかさないでよねっ」

「あら、ママはね? ほんとうはレイナのことも甘やかしたいのよ?」

「えっ」

「なのに、ママが甘やかそうとすると……」

『ママウザい』

「なーんて嫌がるのは、どこの子だったかしら?」

「わ、わたしはクリスとちがって、そんなのでよろこんだりしないもんっ」

「はいはい、ですからお仕事がきちんと出来たら、褒めてあげるから」

「頑張ってね? レイナ♪」

「うぅ……はぁい」


 そういってレイナちゃんは食器を片付けると……

 そのまま神殿に、お掃除しに行ったみたい。


「じゃあクリス、今日は薬草の収穫をしましょう」

「お外は寒いから、しっかりと温かい格好をしてきてね?」

「はぁい♪」


 ぼくはお部屋にもどって、上着を着こんで手袋をはめる。

 そしておうちのうら庭に行けば……そこにはアイナママの菜園があるんだ。

 菜園といっても、トマトやジャガイモみたいな食べるお野菜じゃなくて、

 薬の効果がある、いわゆる【ハーブ】みたいなのがほとんど。


(それに、食べる方のおやさいは、村の人がおすそ分けしてくれるしね)


 ゲームなんかでの【薬草】は、なぜだか【生の葉っぱ】のイメージだけど……

 そんなのあっというまに枯れちゃうから、じっさいにはありえない。

 だからこの世界での【薬草】は、いわゆる【漢方薬】みたいなモノなんだ。


(だから効果はそれなりだけど……)

(ふつうに暮らしてる人には、それでじゅうぶんだしね~)


 もちろんお値段もお安いし、そして手にも入りやすい。

 だから薬師のいないこの村では、アイナママが代わりにそれを作ってるんだ。


(じゃあ、冒険者はどうするかというと……)

(【魔法薬】を使うんだ)


 そういった薬草を煮詰めて、うんと濃くしてエキスをいっぱい集める。

 そしてそのエキスの濃縮液に魔力を染み込ませると…

 【魔法薬】として錬成されるんだ。


(だからそっちは、回復魔法みたいな【即効性】があるんだよね~)


 だから当然、お値段も薬草の何倍もするし、作る手間もけっこうたいへん。

 そしてアイナママは魔法薬の調合を、神聖魔法ですることができるんだ♪

 そして作れるのは……


【回復薬】

 使用した者の体力を一定量回復し、怪我などを治癒する効果のある魔法薬。

 空気にさらすと劣化するため、小ビンに小分けして密閉して保存。

 そのつど使い切るのが前提。

 体力回復の場合は服用し、怪我や骨折の治癒には患部に振りかけて使用する。


【状態回復薬】

 使用した者の【毒】や【麻痺】等の異常状態を、正常に戻す効果のある魔法薬。

 なお、保存や使用方法などは【体力回復薬】に準ずる。


 ちなみに【回復薬】は【初級】【中級】【上級】の3グレードあって、

 もちろんグレードが上がるごとに、その効果とお値段がはね上がってゆくんだ。

 ただし、上級ともなれば作るのに魔力をいっぱい使うし、

 作ってからその効果が安定するまでの日数もだいぶかかる。


(もちろんアイナママは【上級】だって作れちゃうけどね♪)


 なんて事を考えながら、ぼくはもくもくと薬草の収穫をする。

 ちなみに【薬草栽培】のスキルがあるから、手が勝手に動いてくれるんだ♪

 アイナママのおかげで【調剤】のスキルもあるし……


(このままがんばれば、魔法薬も作れるようになるかも♪)


 ただ……残念ながら【魔力回復薬】は、まだ実用化されていないんだ。

 だから、冒険者たちは魔法使いや神官の魔力──

 すなわち【MP】マジックポイントが少なくなってきたら、すぐに撤退。

 そんなルーチンで冒険をやっているのが普通なんだけど……


(もしそれがあれば、もっと冒険できる時間が増えるのになぁ)

(そしてぼくも、MPが少ないから……)


 この前の【ソニックブレード】の呪文は、【風精霊魔法】の応用だけど……

 ぼくのスキルレベルだと、いちどの発動で効果があるのはほんの数分。

 それにけっこう魔力をもっていかれたから、まず連続使用はできない。


(そもそもMPが残り1割を切ったら、めまいをおこしちゃうし……)


 そしてゼロになれば昏倒する。

 すなわち戦闘不能状態になるということで……


(うぅん……それはぜったいマズいよねぇ)

(ええと、【万物真理ステータス】、ぼくの今のステータスは?)


 パッ!

-------------------------------------

・名 前:クリス(人族)

・性 別:男

・レベル:LV63

・状 態:正常

・H P:102569/102569

・M P:37/37

・スキル:【剣術:LV87】【槍術:LV81】【弓術:LV72】【抜刀術:LV87】

     【盾術:LV83】【斧術:LV80】【鞭術:LV71】【格闘術:LV77】

     【体術:LV82】【暗殺術:LV85】【隠密:LV84】【投擲:LV82】

                            下画面があります▼

-------------------------------------


(うーん、魔王を倒してレベル63になったばっかりだしなぁ)

(こんなんじゃレベルアップはそうとう先だし……MPも──ん?)

(【37】? えと……たしか【29】だったよね?)


 そう……30に1足りなかったから、よく覚えてる。

 なのに、なんでMPだけ増えてるの?


(ええと、【万物真理ステータス】、ぼくのMPが増えたのはいつ?)


 パッ!

-------------------------------------

 MPの数値変動における報告

 出典:万物真理【ステータス管理ログ】より


 昨日の夜半前に【29】→【37】へと【08】のMP増加を確認。

 なお、このMPの数値変動は【クリス(人族)】の出生以来、初のものである。

-------------------------------------


(えっ? きのうの夜!?)

(それって……)


 きのう夜といえば……

 アイナママに【手ほどき】してもらってた日だ。

 というか、それが原因……なの?


(えと、【万物真理ステータス】、ぼくのMPが増えたのはなんで?)


 パッ!

-------------------------------------

 MPの数値変動の原因報告


 不明。

-------------------------------------


(おぉう……)

(さすがの有能な【万物真理ステータス】さんでも、わからないことはあるんだ?)

(うーん、これはもうミヤビさまにでも、聞くしかないのかなぁ)

(というか最近、ミヤビさま……ぜんぜん来ないみたいだけど?)


 ともあれ考えても仕方ないので……

 ぼくはアイナママのおてつだいに、集中することにした。


 ◇◆◆◇


 ところが……その答え、らしきものが聞けたのは、

 なんとアイナママ、からだった。

 薬草の収穫を終えて、ひとやすみのお茶を飲んでいた時に、ぼくが……


「ねぇ、アイナママ?」

「なぁに? クリス」

「あのね?」

「レベルアップしてないのに、MPが増えるってことって、あるのかなぁ?」

「……それは、クリス……あなたのことなの?」

「う、うん……そうなの」

「ええと……朝ごはんの前に、剣の練習をして、魔法も使ってみたんだけど……」

「なんだか昨日よりも、MPによゆうがある気がして」

「レベルアップしたのかな? って思ったけど……」

「【筋力】とかは変わらないみたいだし?」


 もちろんコレは作り話。

 けど、ギルドで調べてもらわないと、ステータスなんて判らないからね。


「そう、ですか……」

「え? アイナママ、信じてくれるの?」


 てっきり、『気のせいじゃないの?』っていわれるかと思ったのに。


「ええ、実は……」

「レベルアップしていないのに、MPが増えたことが……ママにもあるの」

「えっ そうなの!?」

「ええ……それもだいぶ前」

「10年以上前の、まだママが冒険者をやっていた頃……」


 ん? それって、勇者の従者だった頃のお話だよね?


「れ、レイナのお父様にね? ママが……」

「ええと、【手ほどき】をしてもらったの」

「………え?」

「その次の日……ママも、MPが増えていたの」

「クリスと同じように、レベルアップをしていないのに……ね」

「……なんと」


 や、やっぱり……

 アイナママに【手ほどき】してもらったせいなの!?

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る