第28話 やっぱりアイナママはスゴかった!?

「──では、あの光は単なる発動試験であった……と?」

「は、はい……」


 アイナママと初めて山に行ったその日の晩──

 レニーさんたちのパーティーが、慌ててぼくたちのおうちにやってきた。

 その理由は……まぁ?


(やっぱりきょうの【アスガルド】、だよねぇ)

(あの光、すごく高いところまでとどいてたし?)


 そんな大規模魔法が発動しちゃったものだから、

 それが見えたケストレルの街でも、大さわぎになっちゃって……

 冒険者ギルドが、あわててレニーさんたちのパーティーを向かわせたみたい。


「その……お騒がせしてしまい、申し訳ありません」

「いえ、そういう事でしたら」


 お話してるのはレニーさんひとりで、他のひとたちはお外で待機してるみたい。

 やっぱりレニーさんが、アイナママと親しいからかも。

 でも、さすがのアイナママも、今日はちょっとしょんぼりぎみ?


「その、わたしも久しぶりの現役復帰で……」

「はい、それは聞き及んでおります」

「ご子息のギルドでの活動を、補佐監督されるとか」

「たいへんご立派な行いかと」

「いえ……その、恐縮です」

「それで、あの魔法ですが……」

「ギルドへの報告義務がございますので、差し支えなければ」

「あ、あれは【アスガルド】です」

「あ……アスガルド?」

「はい、わたしの扱える最上級の魔法ですので、念の為に……と」


 アイナママ……あれ、タヌキさん相手に使ったよね?

 ぜんぜん試験とかじゃなかったよね?


「もも、もしやそのアスガルドを……お一人で?」

「ええ、そうですけど?」

「あ、あれは何人もの高位神官が、同時詠唱するものでは──」

「ちょっとしたコツがあるんですよ?」

「確かに複雑で、面倒ではあるのですけれど」

「は、はぁ」


 う~ん、自分も高位神官なレニーさんが、どん引きしてる。

 やっぱりアイナママの神聖魔法って、すごいんだなぁ


(……そうだ!)

「ねぇ? レニーさんはアスガルド、使えるんですか?」

「ん? あたしかい? 一応ね」

「すごい!」

「とはいえ、あたしの時は5人で同時詠唱して……」

「しかもその1回で魔力はすっからかん」

「枯渇酔いで、次の日は寝込むハメになったけどねぇ」

「そ、そうなんだ……あ、それビキニを装備して、ですか?」

「そうだよ? やっぱりビキニがあるとなしじゃ、大違いだからね」

「やっぱり! ビキニって魔法を使うのに、ホントに効果あるんですね~」

「ああ、あたしも思うところあって、しばらく装備しなかったけど……」

「使ってみれば……やっぱり全然違ってねぇ」

「今思えば、パーティーの連中にも迷惑をかけちまったね」

「そんなすごいんだ?」

「ああ、魔法を使う女が冒険者をやるなら、もはや避けて通れないだろうね」

「へ~(ちらっ)」


 ふとアイナママを見てみれば、興味しんしんで聞いてるみたい。

 アイナママ、ビキニには自信ないみたいだし?

 ここはレニーさんにもっとおはなし、聞いちゃおう♪


「それにレニーさん、街で女の人たちにビキニ、ほめられてましたもんね~」

「すごくかっこいいって♪」

「く、クリス……アイナ様の前で……」

「あら、いいんですよ? うふふ」

「ぼくなんか、女のコとまちがえられて……」

「『いまどきビキニじゃないんだ~』なんていわれちゃたし!」

「今じゃ冒険者じゃなくても、ビキニは多いからねぇ……と、そういえば」

「聞いたよ、装備を整えたんだってね?」

「えへへ♪ よくしってましたね?」

「アマーリエに聞かされてね、さんざん自慢されたからね……(ぼそ)」

「おぅふ」

「ま、それはともかく……やっぱり装備は大切だよ。命がかかってるからね」

「ですよねー(ちらっ)」

「………………(フンス!)」


 そんなレニーさんのお話を聞いて、アイナママも決心がついたみたい?

 でもその日はとってもごきげんで……

 レニーさんたちとぼくたちに、すっごいごちそうが出たのでした♪


 ◇◆◆◇


「【ライトヒール】!」


 パァァァッ


 アイナママの杖から、温かい光がぼくにふりそそぎ……

 ぼくがした腕のケガが、まるで最初からなかったみたいに消えてゆく。


「ありがとう、アイナママ」

「もう……油断をしてはダメでしょう? クリス」

「はぁい、ごめんなさい」


 アイナママのいうとおり、ちょっと油断して、ケガしちゃった。

 ホントはたいしたケガじゃなかったけど……

 アイナママはぼくに駆けよって、すぐに治してくれたんだ♪


-------------------------------------

【ライトヒール】

 種別:神聖魔法

 状況:常時

 対象:術者、対象者

 効果:神々の神聖なる慈悲の力で、対象者の減少したHPを回復させる魔法。

    その効果は弱いものの【初級回復薬】よりは若干高い効果がある。

    また死霊やアンデッドに対しては、ダメージを与えることが可能。


-------------------------------------


「はい……これでいいでしょう」

「クリス? くれぐれも気をつけてね? でないと……」

「でないと?」

「クリスにも、ビキニを装備させちゃいますからね?」

「それはイヤぁ!?」

「うふふ♪ じゃあ気をつけましょうね?」

「はぁい♪」


 なんて感じで、今日もアイナママといっしょに魔物討伐です♪

 そしてぼくたちの前には……

 何匹ものオオカミが倒れていた。


(ごめんね? オオカミさんたち……)

(でもこの山には、村の人たちも入るから)


 お昼ごはんを食べていたぼくたちを、おそってきたオオカミさんたち。

 悪いけど、ぜんぶ返りうちにさせてもらいました。

 それこそ、アイナママがまた【アスガルド】を発動させるかと思ったけど……


『だいじょうぶ!』


 そういうぼくをママは信じてくれて、防壁を張らずに見守ってくれたんだ♪


(ここでケガしなければ、かんぺきだったのになぁ)

(でも……アイナママに怒られるのは、やっぱりうれしいや♪)


 ぼくが小さな頃からずっとそう。

 ぜったいにアイナママは、意味なく怒ったりしない。

 アイナママが怒るのは、ぼくを心配してくれるときだけだから♡


「でも、アイナママのビキニはとってもおにあいだし、ステキだよ♪」

「も、もう……クリスったら♡」

「ホントだもーん♪」


 そしてアイナママは、だいぶビキに慣れてきた♪

 さすがにレイナちゃんにはまだ、見せたくないみたいだけど?

 村の人たち……とくに山に入る人たちには、もうビキニを見せてる。


(もっともこの村の人たちは、アイナママをすっごくそんけいしてるから)

(ぜったいにヘンな目で見たりしないけどね~)


 そしてぼくも、この勇者スキルはともかく、

 【筋力】や【攻撃力】の低さをなんとかできそうだった♪


(あとは、もっと大きい魔物でためさなきゃだけど……)

(さすがにそんなところには、アイナママが連れていってくれないかなぁ?)


 こんどの魔物討伐は、ギルドの依頼を受けるつもりなんだ♪

 だからアイナママも、初めてビキニで街に行くんだけど……


(アイナママ、だいじょうぶかなぁ?)


 ◇◆◆◇


「ね、ねぇ……あれアイナ様じゃない?」

「え? ホントだ! しかもあれ……ビキニ!?」

「うわぁ」


 街にやってきぼくとアイナママは、やっぱりすごく目立ったんだ……

 それはもう、この前のアマーリエさんたちギルドの受付嬢が、

 そろって街を歩いたときみたいに……

 街の人たちがさぁっと割れて、いっぱい見られてる。

 けど──


「ステキ……♡ まるで女神様が降臨されたかのよう♡」

「ホント♡ 憧れちゃう~」

「そういえば、この前のあの【光の柱】……」

「ああ、聖女様が放った魔法ってハナシだろ?」

「なんでも神殿の最高位魔法で、ホントは何人もの神官で唱えるヤツらしい」

「それをお一人で!? ビキニの加護があるとはいえ、さすが聖女様」

「あっ 隣にいるコ、アイナ様のお子さんよね?」

「そうそう、あのコが冒険者デビューしたんで、アイナさまが……」

「現役に戻って『何があっても守ります』って~♪」

「そこまでして強さを……さすがです! 聖女アイナ様ぁ♡」

(おぉう)


 ……とまぁ、おおむね好意的?

 とくに若い女の人にはモテモテみたい♪

 もちろん……男の人たちも、でれっとしたお顔でアイナママをみてるけど。


(でも、それもしかたない?)


 アイナママはただでさえ神殿最高位の女性神官【聖女】で……

 しかもかつての勇者の従者にして【救国の英雄】。

 なのにとってもきれいで……おっぱいがおおきい。

 というか、ぼくはアイナママよりおっぱいがおおきい人を知らない。


(なのに、そのアイナママが……)


 そのおっぱいに装備してるのは、レベル50台【英雄級】用のビキニ。

 レニーさんのレベル30台【上級者】用のビキニも小さく見えたけど……

 アイナママのは、さらにちっちゃいんだ!


(ビキニアーマーはレベルが上がるにつれて)

(面積を小さくしていかないと、加護がおりないって聞いたけど……)

(……ん?)


 考えてみれば、アイナママはこの大陸に2人しかいない【英雄級】冒険者。

 と、いうことは……


(あ、アイナママのビキニって、いままで誰も装備したことのない……)

(【前人未踏のちっちゃいビキニ】ってこと、だよね!?)


 おかげでアイナママが、そのヒールの靴でコツコツと歩くたびに……

 【ぶるんっ ぶるんっ】って、おっぱいがあばれてる!?


「す、すっご! アイナ様すっご!」

「た、ただでさえ聖女様なのに……あの美貌でナイスバディとか!?」

「うぅぅ……天はなぜ、こうも不公平なのぉぉ!?」

「しかも見てよ! あのお肌の真っ白なこと!?」

「はふぅ♡ ホント憧れちゃうわよねぇ……あぁ♡」

「あ、あたしもアイナさまと同じビキニ買う!」

「あんたレベル16でしょ? しかもおっぱいは【初心者】級じゃん」

「それにアンタじゃあの着こなしはムリだって~」

「そーそー、その差を実感するだけよぉ?」

「ちくしょ~~~っ!」

(おぅふ)


 お……女の人たちにも、アイナママのおっぱいはスゴいんだ?

 なにはともあれ、アイナママをうっとりとして見てる人ばかりで、

 イヤな感じで見てる人は、ほとんどいないみたい。


(ほ、ホントこの十年で……)

(ビキニアーマーって、あたりまえになっちゃったんだなぁ)


 けれど、そんなアイナママはというと……


「………………(プルプルっ プルっ)」

(お、お顔をまっかにして、プルプルふるえてる!?)


 そんなアイナママの手を、ぼくはそっとつなぐ。

 アイナママが、少しでも安心してくれるように……


「く、クリス…♡」

「アイナママ──」

「きゃぁん♡ アイナ様のお嬢様、カワユイ~♡」

「ホント♡ でも……ビキニじゃないのが初々しくてイイわよねぇ♪」

「きっとおっぱいが小さいの、気にしてるのよ」

「あー、アレくらいの年齢だと、とくに気にしちゃうわよねぇ」

「でもアイナ様とおそろいのビキニ、着せてみた~い♡」

「ハァハァ♡ は、激しく同意よ!」

「なにそれすっごくはかどる!」


 なんて声が聞こえてきて……


(ぼ、ぼくは女のコじゃありませんのだ!)

(というか、なにがはかどるの!?)


 ◇◆◆◇


 そして冒険者ギルドでも……


「………………」

「あ、あのぅ? アマーリエさん?」


 壁に張り紙をしてたアマーリエさんに、声をかけてるのに……

 アマーリエさんは、アイナママを見るなり固まっちゃって。


「ま、まま」

(……ママ?)

「負けましたっ! アイナ様にはとても敵いません!」

「ちょっ アマーリエさんっ 床に土下座とかヤメてよぉ!?」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る