第26話 なんてフェチまるだしなんだ!?

「むぅ」


 けっきょく……

 ぼくはアルタムさんのお店で、あの防具一式を買っちゃいました。

 というか、いまも装備したまま街を歩いているけどね。


「もうっ ぼく男のコなのにぃ」


 ちなみにお値段は、ずいぶんおまけしてもらっちゃいました♪

 もう前金をもらってるからとか、

 例の【いわく】つきだから、みたいなのもあるけど?


『この先、クリスくんよりも似合いそうな人……想像できないんですよね』


 ……というのが、いちばんの理由だそうです。


(うぅ にあうってほめてくれるのはうれしいけどっ)

(ぼく男のコなのにぃ!?)


 それでも……

 やっぱりこの防具にかけられた【瞬発力】アップの魔法はすごくて、

 勇者スキルはともかく、ステータスが低いぼくにはとっても効果があったんだ♪


「うふふ、クリス……大丈夫ですよ?」

「アイナママ……でも」

「ええ、心配はいらないわ」

「そ、そうかなぁ」

「だって、あのアルタムさん」

「え? アルタムさん?」

「あの人、たぶん付け髭みたいだから♪」

「そっち!?」

「って、それもぼくにはビックリなんですけど!?」


 も、もしかしてアイナママ……

 ぼくがアルタムさんのおヒゲにショックを受けてたの思ってたの!?

 や、付けヒゲだとしても、ぼくには理解できないけど。


「あのね、クリス?」

「なあに? アイナママ」

「女の人でも、あるていど歳を取ると、その……」

「【おばさん】なのに【おじさん】みたいに見える人がいるでしょう?」

「あー」

「ドワーフもね、そういう女性が多いのよ」

「その場合は、お髭も生える場合が多いの」

「そ、そうなんだ?」

「しかもドワーフは威厳……堂々としてることが偉いとされる種族だから」

「お髭が生えていないと、そう見えなくて」

「他のドワーフの方たちに、あなどられてしまうのかもしれないわね」

「なるほど……」


 やっぱりドワーフでも、女の人がお店をやるのはたいへんなのかも。

 そう考えると、あのおヒゲにも納得?


「でもママも、あんなに可愛いドワーフの女性は初めてですけどね♪」

「やっぱりそうなんだ!?」


 というかアルタムさん……歳はいくつなんだろ?

 日本の高校の制服でも、着こなせちゃうそうなほど可愛いけど。

 なのにおっぱいはとってもおおきいし?


(こんどあったら【万物真理ステータス】で──)

(ってダメダメ! そんなの失礼だよぉ!?)


 いやでも、きっとぼくの【万物真理ステータス】さんは有能だから、

 へたにお願いしちゃうと、スリーサイズとか体重とかまでわかっちゃいそう……


(って!? お願いしないけどね!!)


 ◇◆◆◇


(やっぱり、おっぱいのおおきさくらいは……うぅん)


 そんなふうにぼくが悩んでいると……


「ねぇ……ちょっと見てよ、あのコ」

「あれ? ビキニじゃないんだ。イマドキ~」

「ちょっとぉ! ダメだよ……そんなコトいったら!」

「えー、でもぉ」

「まだ冒険者デビューしたばっかなんでしょ? なんか初々しい♡」

「あー、ウチも初ビキニの時、お父さんがうるさかったな~ はしたない!とか」

「あるある♪ よその女のビキニはデレっと見てるくせにね~」

「こないだウチで、ママがビキニ着ててさ……あたしがいつもより早く帰った日」

「ちょっ そういうナマナマしいのはやめてぇ!?」


 ………………

 なんだかここでもボク、女のコだと思われてない?

 というか、やっぱりビキニって若い女の人には常識なんだ?


「ちょ……見てよっ あれ!」

「あっ ギルドのっ!!」

「うわぁっ かっこよ!」

(ん?)


 そんなお姉さんたちの声に、視線をたどってみると……

 そこには、おそろいのビキニ姿の女の人たちが、連れだって歩いてた。


(あれは、ギルドの受付のお姉さんたち?)

「うわ~、ステキぃ!」

「ホント♡ しかもみんな美人でスタイルいいっ」

「うらやま! あたしもあんなモテボディがほしいぃぃっ」

「あ、あたしはおっぱいがもうすこし……」


 そろそろお昼だし?

 きっとみんなでごはんを食べに行くのかも。

 そうやって受付嬢のお姉さんたちが歩くと、人だかりがさぁっと開くんだ。

 そしてみんなウットリした目で、お姉さんたちを見てる。


(なんだか…)

(空港でキャリーを引いて歩く、キャビンアテンダントさんみたい)


 ギルドの受付嬢のお姉さんは、やっぱり【見ため】が重視されるっていうし、

 しかもおそろいの制服ビキニ姿なのは、かっこいいのかな?


(でも、なぁ)


 その制服を、こうしてよくよく見てみると……

 胸のリボンがついた、白いブラウス──は、

 肩甲骨のあたりでバッサリカットされてて、ほぼおっぱいが出ちゃってる。

 それを三角ビキニで隠してるけど、むしろ強調されてエッチなかんじ。

 足は太ももまでの長くつ下を、ガーターベルトで吊ってる。


(うん、どうみてもフェチ系コスプレイヤーです)

(ほんとうにありがとうございました)


 そして靴は高めのハイヒール……


(って!? ハイヒール!?)

(なんでこの世界に!?)


 ……って、考えるまでもないよね。

 きっとあの女神さまのせいだ!


(あ、あの露出女神さまっ なんてフェチまるだしなんだ!?)


 そして、その先頭を歩くのは、やっぱりアマーリエさん。

 ヒールのかかとをコツコツさせるたびに……

 そのおおきなおっぱいが【ゆさっ ゆさっ】って感じで揺れてる。


「あら、クリスくん? アイナさんは一緒じゃあ── って、その装備は……」

「あ、アマーリエさん。こんにちわ」

「えへへ、さっき紹介してもらったお店で買っちゃいました♪」

「どうですか?」

「………(ズキュンっ♡)」


 な、なにかいま、スゴい音がしたような?


「あ、ちょっとみんな? わたしは彼に急用ができましたから……」

「みんなはわたしに構わず、お昼に行って頂戴?」

「えーっ チーフずるいっ」

「わ、私もそんな可愛いコと急用した~いっ」

「ぐぬぬ、この子たちったら」

「いいわ……今日のランチはわたしのオゴリです」

「きゃぁん、ごちそうさまでーす♪」

「急用ですもの、仕方ないわよね~」

「はいはい、とりあえずひとり大銅貨1枚までよ?」

「はぁい♪ いこいこっ」

「じゃあクリスくん、まったね~♪」

「あ、あはは……」

「こほん……それでクリスくん? アイナさんは?」

「アイナママはいま神殿の人とお話してて……」

「ほら、あそこです」

「あら、ほんとう──はっ これはまたとないチャンス!?」

「……はい?」

「じゃあクリスくん? お待ちしてるあいだ、わたしがお相手します♪」

「え? いいんですか?」

「ええ、もちろんです♡」


 そういうとアマーリエさんは……

 アイナママのところへ走っていったんだ。


 ◇◆◆◇


「さ、クリスくん? 遠慮なく食べてください♪」

「わぁい♪ いただきますっ はむっ」

「あぁ、食べてるクリスくんもかわいい♡」


 ぼくはアマーリエさんに連れられて、カフェっぽいお店にきています。

 そこで焼きたての白パンと、スープをごちそうになったんだ♪

 アマーリエさんおすすめだけあって美味しいパンだけど……

 これに負けないくらい、アイナママのパンはやっぱりおいしい♡


「それにしても……その装備、とてもステキです♡ クリスくん」

「えへへ♪ そうですか? ありがとうございます♪」

「特に! そのむき出しの白くてなめらかなお腹!」

「そして丸出しの美味しそうな太もも♡」

「極めつけは……そのマントからちょっとだけ覗く白い肩!」

「あぁ……尊い♡」

「え、ええと?」


 それ、防具のことじゃないですよね?

 というか、なんだかおへそのあたりに、すっごく視線を感じるんですが?


「それにしても、これからクリスくんと何度もお逢いできるだなんて♪」

「ええと……ギルドで、ですよね?」

「あら? ギルドでしか、逢ってくれないんですか?」

「そういうわけじゃ……ないです?」

「うふふ、それに先日お話したとおり……」

「もし街に泊まるような事になった場合は、ぜひ♪」

「わたしの部屋に、お泊まりくださいな♡」

「あ、でもほんとうにいいんですか?」

「ええ、もちろん♪」

「それは、ぼくとしてもうれしいんですけど」

「うれしい!? クリスくんが……嬉しいって!?」

「でも、やっぱり悪いですよぉ」

「あぁ、そんな遠慮なさらなくてもっ」

「だって、アイナママとふたりぶんでしょう?」

「お部屋、せまくなっちゃいますよぉ」

「はっ!? そそっ そうでした……アイナさんがっ!?」

「え? だってこれからは、ずっといっしょですけど?」

「な、なんて……こと……がくっ」

「ええと……アマーリエさん?」


 そしてアマーリエさんは、なぜかおちこんじゃって。

 う~ん、せぬ?


(あ、こんどアイナママのパンを、お返しにさしいれしてあげようかな♪)


 そう思いながら、アマーリエさんのあたまをなでなでしてあげたら……

 なぜだかとっても元気になって、『もっと♡』って、

 だからいっぱいなでなでしてあげました♪


(中間管理職だもん、おしごとつらいよね?)

(がんばって、アマーリエさん♪)


 ◇◆◆◇


 数日後──

 ぼくとアイナママは、ふたりで山へ行くことになったんだ。

 目的は……ぼくの腕だめし。

 ぼくが毎日剣の練習をしてて、

 そして【剣術:LV06】のスキルがあることは、アイナママも知ってるけど。

 じっさいに魔物を討伐したわけじゃないし?


(ホントは前に山の魔物を、ねこそぎ討伐しちゃったけどね)


 だから今日は……アイナママに心配かけないくらいには立派に!

 でも強すぎて不自然に見えないくらいには、ヘタにしなきゃいけない。


(なんだかむずかしいけど……なんとかなる、かなぁ?)


 とにかくここで安心させてあげないと、

 いつまでも依頼は受けられそうにないし?


(よしっ がんばろ!)

(って、アイナママ……おそいなぁ)

(したく、まだかかるのかな?)


 すると、おうちのドアが開く音がして……

 アイナママがやってきた。


「あ、アイナママ♪ じゃあいこう──よ?」

「え、ええ……行きましょうか? クリしゅ」


 お顔を真っ赤にして……ぷるぷる震えながら。


(あ、アイナママまで……)

(ビキニアーマー! 装備してきちゃった!?)

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る