第24話 ぼく、チョロくないもんっ

「ダメです」

「そんなぁ」


 お昼ごはんのあと、ぼくはアイナママに頼み事をしたんだ。

 けれど……答えは今のとおり。

 しかもぜんぜん悩まずに答えられちゃった!?


「で、でも……」

「でも、ではありません」

「いくら【一人前】といわれる歳になったからといって……」

「クリス? あなたはまだまだ【大人】というには、ほど遠いのですよ?」

「うぅ」

「あなたが【冒険者になりたい】」

「そういうなら……それはいつか、叶えても構いません」

「え? なら──」

「クリス? わたしは【いつか】といいましたよ?」

「ひゃい!?」

「ゆえに、それは【いま】ではありません!」

「えぇぇ!?」

「ですから! せめてわたしよりも背が高くなるまでは……」

「冒険者になることは許しません!」

「あうあうあう……」


 うぅっ アイナママが、こういうていねいなお話しのしかたの時は、

 ぜったいに許してくれないんだ……

 でも……


「ち、ちがうんだよ! アイナママぁ」

「なにが違うのですか?」

「ぼくだって、いますぐ冒険者になって……」

「おうちを出て行きたいって、いってるわけじゃないんだ!」

「……ですが」

「この前の奉仕依頼のときみたいに、いろんな人のやくに立ちたいんだ!」

「………………」

「それは、どのような?」

「ええと……」


 やった!

 アイナママがすこしは、お話しを聞いてくれる気になったみたい!

 ぼくはいっしょうけんめい言葉を選んで……

 なんとかアイナママを説得しようとがんばった!


「ま、まずね? アイナママはギルドの【塩漬け依頼】って知ってる?」

「概念としては知っています……受けた事はありませんが」

「でね? ぼくがこの前受けたのも、その塩漬け依頼だったでしょ?」

「ええ、そうでしたね」

「塩漬けになっちゃった理由は……」

「めんどくさいわりに、おちんぎんが少ないから──だよね?」

「ええ、そうですね……しかし」

「うんうん! ぼくもアマーリエさんにいわれたんだけど」

「そりゃあ冒険者の人たちは、生活がかかってるんだもん」

「おしごとを【選んじゃう】のは、しょうがないよね?」

「そう……ですね?」

「でもね? ぼくは……冒険者になりたいわけじゃないんだ」

「え? ですがさっき──」


 あ、やっぱりアイナママ……

 カン違いしてたみたい。


「うん、ぼくがアイナママにいったのはね……」

「【これからもギルドで、依頼を受けていきたい】だったでしょ?」

「あら? そう、でしたね」

「ならなぜ……冒険者になりたくないのですか?」

「うん、じつはぼく……なりたいおしごとが、まだ決まらないんだ」

「そう、なんですか?」

「あ、でもやりたいおしごとは決まってるんだ~」

「ええと……どういう事でしょう?」

「あのね? ぼくがなりたいのは……」

「アイナママたちを、たすけてあげられるおしごとなんだ♪」

「え……?」

「あ、たすけて……っていうより、おてつだい──かな?」

「だから、ちゃんとした【職業】になるかどうかは、よくわからないけど……」

「ぼくの望みは……アイナママたちとずっといっしょに」

「みんなでたすけあって、暮らしてくことなんだ♪」

「クリス、あなた……」

「だからね? ヘンないいかただけど……」

「ギルドの依頼を受けるのは、ぼくのシュミ?」

「……趣味、ですか?」

「うんっ だって、それで食べていきたい! ってわけじゃないからね」

「それよりも── こまった人を助けてあげなさい」

「その行いは、いつかあなたにかけがえのない経験として糧となるでしょう」

「それは──」

「うん、アイナママが教えてくれたことば♪」


 アイナママは聖女と呼ばれるだけあって……

 その慈愛に満ちた行いで、たくさんの人を助けてあげてるんだ♪


「それでね? ぼく、この前のギルドのけんさで……」

「【剣術:LV06】と【盾術:LV08】のスキルが付いてたでしょ?」

「え、ええ」

「それをね? この前、ユカイさんにみてもらったの」

「そしたらね? ぼくの剣はすごく【剣筋】がきれいなんだって♪」

「それは……そうなのでしょうね」

「うん、だからね? ユカイさんたちも……」

「ぼくに足りないのは経験と、それを使いこなす応用力だ~って、いってたの」


 そりゃぁ、勇者のスキルをぜんぶ使えば、

 たいていのことはできちゃうだろうけど……

 ぼくが勇者スキルをもってるって、バレないようにも気をつけなきゃ!


(でも、せっかくまた持てた勇者のチカラ)

(だったらこのチカラをぼくは……)

(アイナママたち家族と、それを必要としている困ってる人たちに使いたい!)


「だからぼくがしたいのは、魔物を討伐するコトじゃなくて……」

「魔物を討伐した【後】にある、だれかのよろこぶお顔を見ることなんだ♪」

「クリス……」

「あっ もちろんいままでどおり、アイナママのおてつだいもするし!」

「お勉強や剣の練習だって、いままでどおりやるから!」

「だから、依頼のお仕事は……ときどき?」

「そのぉ 7日にいっぺんとか、10日にいっぺんとかじゃ……ダメ?」

「………………」


 ふぅ。

 とりあえずぼくのいいたいことは……何とかいえた?

 あとはアイナママが、わかってくれるかどうかだけど……


「クリス? ひとつ聞きたい事があります」

「は、はい!」

「これからしばらく後……レイナも一人前の歳になりますね?」

「うん、なるね」

「そしてギルドに行き、レイナもスキルを調べてもらうでしょう」

「うんうん」

「そしてクリス、あの子もあなたといっしょに剣の練習をしていますね?」

「うん、してるね」

「その甲斐あって、あの子にも剣術のスキルが付いていたとします」

「ありえるかも」

「そしてあの子がいい出します」

『わたし、冒険者になってみたいの!』

「だだっ ダメだよ! そんなの危ないよっ!!」

「………………あ」

「クリスもそう思うのですね?」

「………………(ふいっ)」

「目を逸らしてもダメです」

「うぅ……危ないと思いますぅ」


 しまったぁぁぁっ!?

 うぅ、やっぱりアイナママには勝てなかったよ……


「ええ、そしてクリス、あなたの説得の甲斐あってあの子が」

「冒険に出るのは時々にするし……」

「危ない魔物はなるべく避ける、といい出します」

「それならクリス、あなたはどうしますか?」

「そ、それでも心配だよぉ!?」

「できることなら、ぼくがいっしょに行きたいけど……」

「どうせならレニーさんたちみたいな、レベルの高い人たちと行くべきだよ!」

「ええ、わたしもそう思います」

「ですよねー」

「ですから──クリス?」

「はい……」

「あなたが依頼を受けるそのときは、ママもいっしょに行きます」

「はい………え?」

「ママも、いっしょに、行きます」

「あ、アイナママが……ですか?」

「ええ、その通りです」

「幸いママは、あなたのいう【高レベル】の冒険者です」

「しかもレニーさんよりも上の、レベル56……不服ですか?」

「とんでもありません!?」


 っていうか、勇者が死んじゃった今……

 この大陸に、アイナママよりも高レベルの人なんて、いないよ!?


「では問題ありませんね?」

「え、ええと~」

「クリス? ひょっとして……」

「……え?」

「ママといっしょに依頼を受けるのが……そんなにイヤなの?(うるっ)」

「そんなわけありませんっ」

「うふふ♪ では……そういうことで」

「ないてないし!?」

「うふふ♪ クリスはちょろいですね♪」


 ちょっ、チョロくないもんっ ぼく!


「じゃあ、依頼をうけるのは……してもいいの?」

「ええ、ただし」

「はひっ」

「あなたのいう通り、ふだんのお手伝いに勉強に、剣の練習」

「それを今までの様に、しっかり続けられれば……ですよ?」

「あ、ありがとうっ アイナママ♪」


 ぼくはそういうと、アイナママに抱きついちゃった♪

 アイナママも、そんなぼくを抱きしめかえしてくれる♡


「もう……あいかわらず甘えんぼうのくせに♡」

「いつの間にか、そんなことを考える様になっていたんですね」

「えへへ♪ だってぼく、アイナママの子供だもん♡」

「ええ、ママの自慢の息子ですよ……クリスは。ちゅっ♡」

「やぁん♡」


 ぼくのおくちに近いほっぺに、アイナママがキスをしてくれる♡

 それがくすぐったくて……嬉しくて♡

 ぼくはそんなアイナママの子供になれて、ほんとうに良かった♪


 ◇◆◆◇


「えぇぇぇっ またクリスとママだけなのぉ!?」

「あ……うん、ごめんね? レイナちゃん」

「もーっ するいずるーいっ」

「レイナ……クリスはお仕事で行くのよ?」

「むぅっ わかってるもんっ」

(あー、なんだかすっごく見たコトある気がするー)


 ってまぁ、またレイナちゃんがおるすばんと聞いて、ゴネてるみたい。

 そもそもまだ、村から出ちゃいけない決まりがあるのに……


「レイナ? いい加減に聞き分けのないことを──」

「はぁい、わかったわよぉ」

「その日はママもいないんでしょ?」

「なら、おうちと神殿のおしごとは、わたしがやるしかないじゃない」

「え、ええ……でも、いいの?」

「よくはないけど~ それくらいわかってるもん」

「レイナちゃん……すごいや!」

「そ、そぉ? ふふん♪ まーね!」

「ええ……偉いわ♪ レイナ」

「そ、そのかわりっ わたしが一人前になったら……」

「クリスとい~っぱい! 街にいかせてよね!?」

「ええ♪ いいでしょう」

「ホント? やったぁ♪」

「えへへ~ クリス? 今のっ 聞いてたわよね!?」

「うんっ もちろんだよ!」

「うふふ♪ だ、だったらクリスも、もっとほめなさいよ!」

「うんっ ぼくもがんばってるつもりだったけど……」

「レイナちゃんは、もっとすごいや♪」

「はうっ!? くく……クリスぅ おおっ お顔がちか──」

「レイナちゃんっ これからもアイナママをおてつだいしようねっ」

「ぼくとレイナちゃんと、ずっといっしょに♡」

「は、はひ♡ わ、わたし……」

「ずっとクリスと……いっしょに、いましゅぅ♡」

「うんっ 約束だよ♪」


 そんなふうに手をとりあってやくそくするぼくたちを……

 アイナママは困ったような~ うれしいような~

 そんなお顔をして、ため息をつくのでした?

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る