第21話 レニーさんとアマーリエさん

「うぉ!? イイ女がハデなビキニ、キメてると思ったら……」

「おまえ……レニーじゃねぇか!?」

「はんっ『じゃねえか』は余計だよっ」

「それにあたしがイイ女だってのは、自分が一番よくしってるさ」

「ははっ 違いねぇw」

(ふぉぉ……レニーさん、だいにんき!)


 やっぱりレニーさん達のパーティーは街でも有名みたいで……

 いろんな人に声をかけられてた。


「きゃぁぁん♡ レニーさん、だいた~ん♪」

「それっ アルタム商会の新作モデルですよねっ かっこよ!!」

「うわ~っ レベ30越えちゃうと、そんなサイズなんだぁ」

「でもでもっ?レニーさん腰細いから、すっごい似合う~♡」

「はいはい、オセジでも嬉しいよ」

「お世辞じゃないですぅ!」

(すごい……レニーさん、もてもて!)


 そんなレニーさんを見かけた若い女の人たちが集まって、

 あっというまにまわりをかこんじゃった!?


「ねぇレニーさんっ それ、どーゆー心境の変化なんです?」

「あっ もしかして……落としたいオトコができたとか!?」

「や~ん♡ そんなので迫られたら……わたし堕ちちゃうぅぅ♡」

「んなワケないだろう? 仕事だよ、仕事」

「なぁんだ……つまんなーい」

「そんなマジモードで受けるよーな、ハードな依頼なんですかぁ?」

「ハードというか……いや、単にあたしの気合の問題だね」

「まぁ? 一種の護衛依頼みたいなモンなんだけど」

「へぇ~ またお貴族さま?それとも豪商とかですかぁ?」

「ああいや……あたしの尊敬する、とある人の家族でね」

「こんな年増でも、少しでもチカラになれるなら……ってね」

「だから、いっさい出し惜しみナシでやることにしたのさ」

「れ、レニーさん……かっこよっ!」

「うわぁぁぁ……ステキすぎて、漏れそう♡」

「頑張って締めな?」

(な、なにをしめるの!?)


 ともあれ……他の女の人たちも、みんなビキニ。

 というか、若い女の人はみんなそうみたい。


(び、ビキニって……ホント広まっちゃったんだなぁ)


 そんなふうに、ぼくが後ろからレニーさんを見ていると……


「というワケで……クリス、おいで」

「あ、はいっ」


 レニーさんがぼくを見て、おいでおいでをする。

 なのでぼくはレニーさんの横に並んだ♪


「この子はクリス、さっき話したあたしの尊敬する人の家族さ」

「さ、クリス?」

「あ……はじめまして、ぼくはクリスです♪」(ぺこり)

「え、この子──」

「ちょ」

「うそお」


 そのとき、ぼくはお姉さんたちの表情が……そして目が。

 すうっと静かなものになったかと思うと──


「「「やぁぁぁんっ♡ かわいい~~~っ」」」

「ぎょっ!?」

「ちょ……何なんですかこのかわいいコっ!?」

「ね……ねぇ? 尊すぎて……手が震えるんだけどっ」

「ごごごっ ごめん……ちょっとだけ漏れ──」

「もっと頑張って締めな!」

「ふんぬぅぅぅっ♡ ふう……セーフ♡」

「だ、だいじょうぶ、ですか?」

「あひ♡ い、いま……大丈夫じゃなくなった……かも♡」

(なにが!?)


「とにかく! このクリスに今日明日、あたしが同行するから」

「あんたたち? 万一、この子がひとりで居るような事になってたら……」

「すぐに保護して、あたしの所へ連れて来ておくれ」

「はいっ レニーさん♪」

「あのっ その際は……手とか触っちゃってもいいんでしょうか!?」

「ふむ……クリスが拒まなければ、手を繋ぐまでは許可する」

「マジですか!?」

「ごくりっ じゃ、じゃあ……その先は?」

「あたし自ら、キッツいお仕置きをする」

「ぐ、具体的にはどのような……?」

「そうだねぇ……」

「今後、男に嫁ぐ気が起きなくなるくらいには……」

「あたしに従順にしてあげるよ(ニコ)」


「そ……それ、してくださぁぁぁいっ♡」

「わ、わたしたちの業界ではそれ、ご褒美ですぅぅ♡」

「あぁ、漏れましたぁ♡ 完っ璧に……漏れましたぁ♡」

(な、なにがぁぁぁ!?)


 その時ぼくは、レニーさんに目をふさがれていたので、

 なにが起きたのか、さいごまで判らなかったんだ……


 ◇◆◆◇


「あら? クリスくん」

「あ、アマーリエさん♪ こんにちわ」

「はい、こんにちわ♪」

「それに……レニーさん。その装備は──」

「はんっ 自分の歳もわきまえずに装備しちまったよ。笑いな」

「いえ、レニーさんは肌もお綺麗ですし、スタイルも抜群」

「それにお似合いですよ? そのビキニ♪」

「アンタみたいな美人の若いコにいわれてもねぇ」

「ま、一応褒め言葉だとおもっておくよ(ニヤリ)」

「ええ、そう受け取ってくださいな(ニコ)」

(う~ん、おとなの女の人の会話……)

(ぼくにはむつかしいや)


 ぼくとレニーさんは冒険者ギルドにやってきて、

 壁に貼ってある依頼書をみようとしていたら……

 アマーリエさんがぼくたちに声をかけてきたんだ。


(アマーリエさんも、あいかわらずきれいでかわいい)

(そしておっぱいがおおきい♡)

(けど……)


 そう、ぼくは気付いてしまったんだ。

 アイナママのような、とってもおおきなふかふかのおっぱいも、

 アマーリエさんのような、大きめなきれいなおっぱいも、

 そしてレニーさんのような、ややこぶりなかっこいいおっぱいも、

 どのおっぱいも、等しく尊いものじゃないかって……


「ところで……レニーさん? クリスくんといっしょという事は──」

「はいはい、いいたいことは判ってるさ」

「はいよ、アイナ様の委任状」

「まぁ……」

「このクリスが、ギルドの奉仕依頼のノルマを兼ねて……」

「ぜひ依頼を体験してみたい、というハナシさ」

「それであたしが、道中の移動と依頼中の護衛を買って出た」

「期間は今日と明日の2日間」

「とまぁそういうコトだけど、他に質問は?」

「なるほど……理解しました」

「クリスくん? すばらしいです♪」

「えへへ、そうですか?」

「はい♪ まるでギルドの精神が形になったようです」

「なんと」

「それで……クリスは討伐依頼じゃなくても構わないそうだよ」

「あら、そうなんですか?」

「はいっ ぼくは困ってる人がいるなら、そういう人をたすけてあげたいんです」

「まぁ……(キュン♡)」

「えへへ♡」

「では、レニーさんがその依頼に立ち会うと?」

「ああ、モノによってはあたしが参加してもいい」

「あと弟のユカイもね」

「それはまた……ずいぶんなことが出来そうですね」


 ユカイさんはいま、ほかのパーティーの人たちとお店に行ってるんだ。

 きのうのクマの毛皮とかを売りに行くんだって。

 ちなみに、お肉は村の人たちが買いとったんだ♪


「それでまぁ? とりあえずは依頼を物色しようとしてたんだけどねぇ」

「ああ、ではまだお決めになっていない?」

「まぁね」

「それでアマーリエ、受付嬢チーフのオススメはあるのかい?」

「もちろんあります♪」

「えっ? そうなんですか? アマーリエさんっ」

「ええ♪ こういうケースについてご相談に乗らせて頂くのも……」

「大事な受付嬢の業務のひとつ、ですからね♪」

「なるほどー」

「とりあえず立ち話もなんですから、わたしのカウンターへどうぞ」

「はいっ」


 ぼくはアマーリエさんに手を引かれて、カウンターの席に着いた。

 ここでもレニーさんに、ギルドの人が椅子を持って来てくれたのでした♪


 ◇◆◆◇


「さて『普通の冒険者がやりたがらないような依頼』……というと」

「やはり【塩漬け依頼】ですね♪」

「しおづけ?」

「やっぱりねぇ……クリス、これは面倒になるよ?」

「そうなんですか?」

「とんでもない、少々人気が無いだけで、りっぱな依頼ですよ」

「モノは言いようだねぇ」

「クリス? 受付嬢のこういう笑顔のゴリ押しに、騙されちゃいけないよ?」

「だまされる?」

「まぁ、心外です」

「受付嬢ってのはね?バカでガサツな野郎共の冒険者を……」

「その笑顔で上手いコト手なずけて、いうことを聞かせるのが仕事なんだ」

「ま、女相手じゃ効かない手だけどね」

「そ、そうなんですか?」

「人聞きの悪い……昔ならともかく、今は冒険者の6割が女性です」

「おっしゃる通りなら、その効果は低いのでは?」

「ろ、6割!? そんないるんですか? 女性の冒険者さん」

「ええ、ビキニアーマーのおかげですね♪」

「クリス…女の冒険者はね、昔から登録人数だけは多いんだよ」

「えっ?」

「ええ、しかし……」

「ケガをしたり、限界を感じてお辞めになる方が多かったんです」

「あとはまぁ……死んでたんだよ、魔物にやられてね」

「うぅ」

「とはいえ、それもビキニアーマーがもたらされるまでの事」

「それに、今の若い世代の冒険者が、物心付いたときには……」

「ビキニアーマーがすでに普及していた、という状況ですからね」

「おかげでギルドの加入数も順調に増えて、嬉しい限りです♪」

「はんっ ビキニアーマー第一世代の年増で、悪ぅごさんしたね」

「なにを仰います」

「レニーさんのパーティは、当ギルド所属のトップパーティーの一角」

「そこには、レニーさんのご尽力が特に大きかったこと……」

「もちろんギルドは承知しておりますよ♪」

「へいへい、これも褒め言葉として受け取っておくよ」

「……ま、あたしも幾度も命を救われたからね……ビキニには、さ」

(おぉう……)


 やっぱりレニーさんたち、トップパーティーだったんだ。

 そしてビキニアーマー。

 こんなに女の人たちを、助けてきたんだなぁ……


「やっぱりレニーさん、すごいですっ」

「よしとくれ、あたしの様な神官なんて……王都にはごろごろいるさ」

「ごろごろ」

「あら? ご謙遜を」

「クリスくん? 少なくともレニーさんは……」

「当ギルド所属の神官としては、上から2番目の高レベル冒険者ですよ?」

「すごい!」

「そして1番は、もちろんアイナ様です♪」

「とはいえアイナ様は、ギルドに籍こそ置いて頂いておりますが」

「そのお立場は【予備役】ですので……実質はレニーさんが1番ですね♪」

「やっぱりすごいです!レニーさん♡」

「うぅっ そんな澄んだ眼で見ないどくれよ」

「その……照れちまうだろ?」

「えへへ♪」


 うーん、照れるレニーさん……

 かわいい♡


「ああ、悪かったよ……勘弁しとくれ」

「アマーリエ、あんたはプロの受付嬢だ」

「こんなすれっからしのあたしまで、手なずけられるとはね」

「まぁ、心外ですわ」

「けれど……褒め言葉として受け取っておきますね♪」


 そんなふうににっこりと笑うアマーリエさん。

 やっぱりギルドに関わる女の人って……いろんな意味で強いんだなぁ。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る