第16話 アイナママと、デートみたい♡

「うわぁ やっぱり街はお店がいっぱいだね? アイナママ♪」

「ええ、それだけじゃなくて、人も5千人くらい住んでいるそうよ?」

「すごい!」


 まぁ? それだけぼくの村がイナカってことなんだけどね~

 それでもお店のある通りには、お買いもののお客さんでいっぱいだ♪

 アイナママもぼくが迷子にならないように、さっきから手をつないでくれる♡


「ねぇアイナママ? にもつ、ぼくも持つよ?」

「うふふ、大丈夫ですよ。こう見えてもママは力持ちなんです♪」

「んー」


 そりゃぁ、アイナママはレベル50オーバーの【英雄級】冒険者だし?

 レベルアップで【筋力】とかも高くなってるはず。


「でも、男のコのぼくが持たなくて、女の人のママが持ってるのは~」

「あら? うふふ♪ そういうのはレイナにしてあげなさいな」

「あの子きっと、すごく喜ぶわ♡」

「むぅ そんなの、ぼくが持つのあたりまえだもん」

「うふふ、クリスは優しい子ね♪」


 でも……アイナママがこの前いっていたように、

 レイナちゃんはぼくよりも背が、ちょっとだけ! 高くて……

 それに重いものとか持つときも、レイナちゃんのほうがチカラ持ちなんだ。


「うぅ、もっと剣の練習とか、しなきゃダメかなぁ」

「あら? でも剣術のスキルは、レベルが6もあったのでしょう?」

「それならいまはじゅうぶんよ♪」

「そ、そぉかなぁ」


 でもそれ……ホントはレベル87なんですぅ

 レベル6はレイナちゃんのレベル5に、1足しただけなんですぅ


「さ、じゃあ今日はお誕生日のお祝いだから……」

「約束どおり、お肉でも食べて帰りましょうか♪」

「わぁい♪ あ……でも」


 市場の通りには、それこそいろんなお店があって、

 そこにはお魚やお肉も売っていた。


「ねぇ……アイナママぁ ぼく、やっぱりおうちで食べたいな」

「あら、そうなの?」

「うん、ぼくもお料理、おてつだいするから……」

「お肉を買ってかえって、レイナちゃんもいっしょに食べようよ」

「まぁ……うふふ♪ クリスは、ほんとうに優しい子ですね、ちゅっ♡」

「やぁん♡」


 そんなぼくに、アイナママはほっぺにキスをしてくれた♡

 アイナママとふたりでデート♡ も、いいけど?

 やっぱりおいしいものは みんなで食べた方が、もっとおいしいからね♪


「うふふ、じゃあ今日は、お菓子も買っていきましょうか」

「えっ いいの?」

「ええ、最近話題になっているお菓子があると、ギルドで伺いましたから」

「わぁい♪」

「そこでお菓子を3つ買って……」

「レイナにはナイショで、わたしたちはお店でも食べちゃいましょう♪」

「うあぁ」

「あら? ダメかしら?」

「えへへ、ぼくとアイナママの……ヒミツだね♪」

「まぁ、うふふ♡」


 そんなぼくたちは、ニコニコしながらお店を探す。

 やっぱりこれ、デートみたいかも♡


 ◇◆◆◇


「えへへ、おいしかったね~」

「ええ、これは当たりでしたね♪」


 ぼくたちはカフェみたいなお店でほっこり中♡

 ちなみにお菓子は、ワッフルみたいな小麦粉を焼いたのでした♪

 サクサクしてるのにふんわりしてて…

 それにハチミツまでかけてあったんだ♪


(まぁ? この世界のお菓子って、だいたい小麦粉を焼いたのだけどね~)

(でもこのお菓子、サックリ甘くていいかんじ♪)

(おいしかった♡)


 ぼくたちの主食は小麦粉で、それでパンを作って食べる。

 だけど保存優先だから、固い黒パンにすることが多い。

 どのご家庭でも7~8日にいちどくらいのペースで焼いて、

 保存に気をつければ、半月くらいはもつんだ。


(これにマメとおやさいのスープ……だいたいいつもこんなかんじ?)


 で、たまーにお魚やお肉が手に入れば、塩漬けにして少しづつ食べる。

 なので、しょっぱくないお肉はけっこう貴重だったりする。


(えへへ、お肉たのしみ~♪)

(お菓子もまたおうちで食べられるし?)

(あぁ、しあわせ~♪)


 ここでお茶がほしいところだけど……

 こういうお店では、お酒しかおいてないことが多いんだ。


(そのお酒も、お水でわってるからすごくうすいけどね~)


 だからアイナママも、いまは水割りのワインを飲んでる。

 まえにちょっとだけ飲んだことがあるけど……ぶっちゃけ美味しくない。


(あとビールとかもあるけど……)


 やっぱり薄くておいしくないっぽい。

 でも、塩漬けのお肉やお魚ばっかりだから、どうしても飲みものがいる。

 なので【生水飲んでおなか壊すよりはマシ】ってかんじっぽい。


「でも、おうちなら紅茶があるもんね?」

「ええ♪ 今日はとっておきの缶をあけましょう♡」

「それから……ジャムもたっぷり食べちゃいましょうか♪」

「わぁい」


 アイナママは、いつも【質素倹約】をモットーにする【神官】だけど、

 ただひとつだけ、ぜいたくをするのが【紅茶】なんだ。


(まぁ、前世のぼくが、そうさせちゃったんだけどね)


 前世の召喚勇者をやっているときも……

 品質こそよかったけど、飲み物はほぼお酒だったんだ。

 でも、前世のぼくもお酒はぜんぜんダメ。

 薄めるともっとまずくなるから、ブドウをしぼったジュースを飲んでたんだ。


(そのジュースも、飲む文化がなかったんだけどね~)


 で、そのうちぼくはこう聞いたんだ。

 『お茶はないの?』って。


(紅茶くらいはあると思ったんだけど……)


 そうしたら、この大陸にはお茶そのものがなかったんだ……

 あるのはいわゆる【ハーブティー】で、それはぼくの好みじゃなかった。

 で、王宮の人が探してくれたのが、ずいぶん前に献上品として届けられた──

 極東の島国【フソウ】のお茶だった。


(もらってなん年もたってたから、緑茶みたいなのはダメだったけど……)


 中国茶みたいな発酵させたお茶があって、

 それは紅茶っぽい味と香りがして、けっこうおいしかったんだ。

 で、そのお茶に──


(アイナママが、ハマったんだ♪)


 そこでアイナママの気を引きたい前世のぼくが、

 とりあえずそれを【紅茶】ということにして……

 おいしい淹れ方とか、レモンやミルクをいれる飲みかたとかの、

 ウンチクをおしえてあげたら……

 アイナママは、もっとハマっちゃったんだ♪


(でも……)


 そもそも喫茶文化がない大陸だから、

 あったのは、その献上品としての1缶づつだけ。

 なので勇者のクエストでフソウに行ったときに、

 ぼくがワガママをいって、おいしい紅茶を探しまくった。


(クエストと関係ないのにねぇ)


 で、その時に魔族から助けてあげた人が、フソウのえらい人で……

 お礼をしたいといってきたので、紅茶(っぽい発酵したフソウ茶)を、

 こっちの王宮あてに送ってほしいとお願いしたんだ。


(それが、いまでも続いてたんだ……フソウのえらいひと、ありがとう♪)

(そしていま思えば……年にいちど、アイナママにお茶をとどけてくれる人)

(あの人、王宮からのお使いのひとだったんだなぁ)


 なのでアイナママはその時期が来ると、うきうきして待ってる。

 そしてその紅茶を、少しづつじっくりと味わいながら楽しんでる。


(アイナママ、かわいい♡)


 そしてアイナママは、ぼくたちのためにもぜいたく品を買ってくれる。


(それは、ハチミツ♡)


 ほんとうはおさとうが欲しいところだけど……

 それはとってもお高いアイテムで、まだハチミツのほうが普及してる。


(でも、ハチミツとビールは神殿が作ってるから)、

(神官のアイナママは、ちょっとだけお安く買えるみたい♪)


 それを季節のくだものといっしょに煮て、ジャムを作ってくれる♪

 それでそのジャムは、クッキーとかといっしょに、おやつにしてくれるんだ♪

 ぼくもレイナちゃんも、アイナママのジャムが大好きだ♡


(そしてアイナママは、紅茶といっしょにジャムをなめるのが好き♡)


 いわゆる【ロシアンティー】の飲みかた。

 お茶に溶かして飲むんじゃなくて、スプーンですくって少しづつなめるんだ。

 ジャムの甘さとお茶のシブさが交互にきて、止まらなくなっちゃうんだって♪


(ぼくもいつかアイナママにプレゼントしたいけど……)

(どっちもすごくお高いからなぁ……ふぅ)


 ぼくもおこづかいはためてるけど……

 レイナちゃんのおみやげを買ったら、だいぶへっちゃった。

 ちなみに買ったのは、あったかそうなかわいい手袋♡

 でも後悔はしていない。


(レイナちゃんの笑顔、プライスレス♪)


 レイナちゃんはかわいいのに、なぜだかいつも怒ってる。

 だからぼくは、そんなレイナちゃんを笑顔にしてあげたいんだ♪


 ◇◆◆◇


 それからぼくたちは、おみやげ用のお菓子を包んでもらって、

 また村の荷馬車にゆられて、村へ帰ったんだ。


(いろいろあったけど……やっぱり楽しかったなぁ♪)

(おかいものもできたし♪)

(お菓子もおいしかったし♪)

(ビキニアーマーは……うん、これはもうあきらめよう……)


 あんなかっこうになったとはいえ……

 女性冒険者は死ににくくなったし?

 なんだかんだで、女の人たちもビキニを楽しんでるみたいだし?

 もちろん男の人たちも、うはうはだったみたいだし?


(それに……ぼくも命を救われてる)

(ビキニアーマーを装備した、アイナママに)

(そう考えると、あんがいビキニアーマーも悪くないのかも……?)

(うん……そういうことにしておこう)


 それに、アマーリエさんのお話しも、すごく勉強になった。

 前世の記憶で、知ってたこともあったけど……

 依頼のお仕事のノルマのこととかは、知らなかった。


(でも、それをするのも楽しそ──ん?)

(そうだ、これなら)


 ノルマといえ、これはりっぱなお仕事。

 ちゃんとおちんぎんだって出るんだ。

 だったら──


(依頼のおしごと、いちど受けてみたいな♪)

(あはは、やっぱり今日は楽しかったぁ)


 お菓子もおいしかったし♪

 アマーリエさんともなかよくなれたし♪


「あっ そういえば……アマーリエさんがくれたきねんひん」

「なんなんだろう?」


 そんなぼくが包みをあけると、そこには──


「ん? ちいさな布とヒモ?」

「あら? クリス……それ」


 冒険者ギルドがくれた記念品、それは──

 ギルドのロゴ入りビキニアーマー(未奉納)でした……


「クリス……装備してみる?」

「ぼくっ 男のコなんですけど!?」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る