第15話 救国の英雄からの、おねがい


「こ、これは……すごいですね」


-------------------------------------

・名 前:クリス

・性 別:男

・レベル:LV01

・状 態:正常

・H P:13/13

・M P:29/29

・スキル:

    【剣術:LV06】【盾術:LV08】【清浄魔法:LV03】【回復魔法:LV01】

    【土魔法:LV01】【風精霊魔法:LV01】【作法:LV05】【調剤:LV04】

    【清掃:LV06】【文章作成:LV04】【治療:LV01】【薬草栽培:LV03】

-------------------------------------


(どきどき)

(HPはレイナちゃんとおなじにしたし!?)

(うぅ……ほんとは1たしたけど……)

(スキルは、勇者スキルをほぼ消して、剣と盾も少なくしてあるのに!?)

(や、やっちゃったの? ぼく!?)


 ふと、アイナママのお顔を見ると……

 最初こそちょっと驚いたかんじだったけど、

 とても嬉しそうにニッコリとほほえんでる。


「し、失礼しました」

「い、いえ?」

「こほん、HPこそクリスくんの、年齢相応の数値ですが……」

「驚くべきはそのスキルの多さです」

「しかも【剣術】【盾術】の武術系スキルは、すでに6等級クラス」

「【作法】【調剤】などの技能スキルも、すでに働いている新人並み」

「そしてなんといっても……魔法スキルが4つ!」

「さらにはレベル1の時点で、MPが30近くあるだなんて!!」

「え? これ……多いんですか?」

「クリスくん? そもそも男性は、1桁を越えること自体、珍しいんです」

「まったくMPのない人も多いですし……これはすごい事なんですよ?」

「そ、そうですか」


(うぅ、しまった)

(もとが20万だったから少なく感じてたけど、これでも多かったんだ!)

(でも、スキルとかはホントにあるやつだし……うぅん)


 すると、アイナママがくすっと笑う。

 そして……


「やはり……ステラの息子ですね」

「クリス? 彼女もあなたがその素質を引き継いでくれて」

「さそや喜んでいることでしょう」

「アイナママ……」

「そ、そうでした! クリスくんは【大陸最強の魔女】ステラ様の──」

「アマーリエさん?」

「は、はいっ アイナさんっ」

「これは、【お願い】なのですが……」

「クリスが、男子にしてはMPが高いこと、魔法スキルがいくつかあること……」

「あなたと、しかるべき立場の方にのみ、それを通達していただき」

「それ以外の方には【秘匿】していただけると、たいへん助かるのですが」

「そ、それは──」

「うふふ♪ お願いしますね?」ゴゴゴゴゴ……

「しっ 承知いたしました!?」


 そんなアイナママの【笑顔の威圧ゴゴゴゴゴ】に、

 つぅ……っと冷や汗を垂らすアマーリエさん。


(まぁ、救国の英雄の【おねがい】だもん)

(これはことわれないよねぇ)


 たぶん……このぼくのスキルやMPの多さは、確かに多くはあるけれど。

 それよりも【救国の英雄の息子】という立場に、

 興味を引かれる人は多いんだと思う。

 だから……


(アイナママはそういう人からぼくをまもってくれてるんだ)

(ひみつにすることで……)


 とはいえ、ぶじ(?)にステータスも調べられたし?

 ギルドですることはもう終わりかな?

 ……と、ぼくが思っていたら。


「では……このたび、クリスくんは冒険者ギルドへの加入をご希望」

「と、お伺いしておりますので」

「あ、はい」


 さいしょは、ステータスを調べるだけのつもりだったんだけど……

 やっぱりこんな魔物のいる世界でのことだし?。

 そして、アイナママも冒険者ギルドに籍をおいてると聞いたので、

 ぼくもギルドに入ることにしたんだ♪


「うふふ♪ ありがとうございます」


 するとアマーリエさんは、また別の紙をとりだした。

 そしてまたぼくに向かって、すっとさし出してくれる。


「こちらが、冒険者ギルドの加入書類になります」

「失礼ながらクリスくんは、文字は──」

「あ、はい♪ よむのもかくのもできます」

「まぁ……それは素晴らしいです♡」

「えへへ♪ アイナママがおしえてくれましたから」

「ええ、そういえば【文章作成】のスキルがありましたね♪」


 やっぱり読み書きできる人は、ほとんどいないみたい。

 なのでとっても褒めてくれたけど……

 そんなぼくをアイナママは、とっても嬉しそうに見つめてくれた♪

 そしてぼくも、ぼくが褒められるよりも……

 その方がとっても嬉しい気がしたんだ♡


 ◇◆◆◇


 あ、ちなみにこの世界では、紙はそれなりに普及してるんだ。

 いわゆる植物からできてる紙で、その品質は……

 繊維が見えちゃってざらざらで、色もけっこう茶色かったりする。

 それにけっこうお高いけど、そんなにめずらしいものでもなかったりするんだ。


(なん代かまえの召喚勇者が広めたそうだけど)


 でも、紙は普及してても、やっぱり本はほとんどない。

 印刷技術がぜんぜん進んでないから、ぜんぶ手書きしないといけないからね。


(そんなお高い紙を使えるなんて)

(やっぱりギルドはもうかってるのかな~)


 なんて思いながら、ぼくは必要事項を書いてゆく。

 とはいえそれは、住んでる村のなまえ。

 それと男か女か? と、じぶんのなまえと歳、だけだったけど。


「はい、かけました」

「ありがとうございます。クリスくん♪」

「あら、とても綺麗な字ですね?」

「えへへ♪」

「うふふ、ではこれで正式に、クリスくんも冒険者ギルドの一員となります」

「今後とも、よろしく願いしますね♪」

「はいっ、こちらこそ」


 アマーリエさんが差し出した手を、ぼくもきゅっと握る。

 あ、この握手の習慣も、まえに勇者が広めたそうです♪


「ではアイナさん、これで手続きはすべて終了いたしました」

「はい、お忙しいところお手数をお掛けして、申し訳ありません」

「い、いえっ そんな……」

「ですが、クリスも現場で実際に働く、あなたのお話が聞けました」

「それはかけがえない経験となって、この子の糧となるでしょう」

「ほんとうに、感謝しています(ニコっ)」

「あ、あぁ……そんな、恐れ多いですぅ」

「では、こちらを……」

「お、恐れ入ります……」


 アイナママは袋に入ったままの……たぶんお金?

 それをアマーリエさんに差し出した。

 たぶん、検査にかかったお金とか……入会金かな?


「では行きましょうか? クリス♪」

「うん、アイナママ」

「あっ クリスくん?」


 ぼくたちが立ち上がると、アマーリエさんもいっしょに立ち上がる。

 そして、布に包まれたなにかを渡してくれる。


「こちら、ギルド加入の記念品です♪」

「え? いいんですか」

「ええ、魔法適正のある子には、さしあげているんです(ニコっ)」

「うわぁ ありがとうございます♪」

「いえいえ♪ クリスくんは将来有望ですからね」

「ギルドとして── いえ、私個人としても、バックアップは惜しみません」

「あ、ありがとうございます?」


 こ、個人?


「それにあのスキルなら、うちの支部の職員としても即戦力です♪」

「そ、そうですか? えへへ……」

「ええ、その気になったらぜひ!」

「私たちと共に、冒険者たちを導いてあげましょう」

「クリスくんなら──立派な受付嬢になれますよ♡」

「ぼくっ 男のコですけど!?」


 ◇◆◆◇


 アイナママといっしょにギルドをでて、街を歩く。

 【おこ】なぼくだったけど……

 アイナママが手をつないでくれたので、すぐにきげんもなおっちゃった♪

 そして街はあいかわらず、ビキニ姿の女の人でいっぱいだ。


「ねえ……アイナママ?」

「あら? どうしたのかしら?」

「あ、あのね? もしかして……」

「なぁに?」

「前にぼくがねつをだしたとき……アイナママ」

「ビキニ装備してた?」

「………………(ふいっ)」


 なにもいわず、目をそらすアイナママ。

 いやそれ、装備してたっていってるのとおんなじだから!?


「え、ええと……アイナママ?」

「クリス? 世の中にはね……」

「知らなかった方が良いものも……あるのよ?(ニコっ)」ゴゴゴゴゴ……

「ひぃっ!?」


 で、でも……いまのぼくならわかる。

 ビキニアーマーを装備すれば、【知力】の数値が倍増する。

 それは魔法の威力も、さらに強大になるということで……


「ぼ、ぼくのために、回復魔法のチカラをすこしでも高めるために……」

「装備、してくれたんでしょ?」

「……ええ、そうですよ、クリス」

「このままでは、あなたが死んでしまうかもしれない」

「そう思ったら……迷いはありませんでした」

「あ、アイナママぁ♡」


 そんなアイナママの思いやりが嬉しくて、

 ぼくはアイナママに抱き付こうとし──


「ですが!」

「……えっ?」

「い、いいですか? クリス……」

「この件は、誰にも! 話してはいけませんよ?」

「え? そうなの? でも──」

「いえ! わ、わたしの様な者がビキニアーマーを着るだなんて……」

「……え?」


 あれ?

 アイナママが神殿の人とおはなししてたときも、

 ビキニアーマーを装備した、神官の女の人はいっぱいいた。

 だったら、同じ神官のアイナママが装備しても……

 おかしくないよね?


「ええと、アイナママ? 神殿でも装備してる人、いっぱいいた──」

「クリス」

「はいっ」

「一度しかいいません……よく聞いてください」

「は、はひっ!?」

「ビキニアーマーはね……」

「び、ビキニアーマーは……?」


「20代中程までの【若い娘】が装備するものなんです!」

「おぅふ」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る