俺の嫁は魔性の女

作者 美ぃ助実見子

47

17人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

「直観」、このお題が表示された時、ユーザーの多くが困惑した事でしょう。
「直感」は分かりますしかし「直観」とは? wikiを見ても? が増えるばかり。
難しいお題の中で書かれた今作、優れた直観を持つ妻「ひばり」に振り回されながらも寄り添う夫「虎太郎」の視点で進みます。

とにかくこのひばりさん、見えてます、そして分かっているのです。
凡人の虎太郎では到底理解不能な視点と思考、一手どころか二手三手先を読まれ、虎太郎はたじたじ。

そんなアンバランスな二人、しかし夫婦の愛は強く存在しており健やかな気持ちで読めました。
皆様も読んで作中で表される「直観」をお確かめください。

それにしても虎太郎の背後……どんどん増えてるよ。

★★★ Excellent!!!

小説を読む前にタイトルを見て、あれやこれやを予想する。そして、答え合わせをしながら読み進める。

時に予想が当たって欲しいとワクワクしながら、時に予想が外れて欲しいとドキドキしながら……。

この読み方もまた、楽しい。

僕は美ぃ助実見子さんの『俺の嫁は魔性の女』を予想が外れて欲しいとドキドキしながら読みました。

もちろん、そこは黒井ですから、ちょっとアレな展開を予想しました。

次はあなたが予想して、読んでみてください。タイトルで内容を予想しながら読むのも楽しい。

おすすめです(●´ω`●)