とある姉妹の百合的日常

M・A・J・O

この恋の行く末は……

「おねえー!」

美奈みな? ……って、何その顔!?」


 明るく朗らかに叫んだのは、長い紫髪を懸命に揺らして走る美奈。

 対する短い紫色の髪を靡かせて驚愕した者は、美奈の姉である美久里みくり

 その二人は今、美奈の部屋にいた……のだが。


「えへへ、どうかな?」


 照れくさそうに頭を掻きながら問う美奈の顔は、なんというかその……厚化粧でめちゃくちゃになっていた。


「いや、え? えーっと……意味がわからないんだけど……?」


 混乱して目を回している美久里。

 美奈のこんな顔を見たら、“ああ、こういう反応するしかないな”ということが分かるだろう。


「たまにはこういうのもいいかな~と思って!」

「えー……それで? どうしたいの? その顔でどこか出かけるの?」

「違うよっ!」


 心外だ。という風に美奈は頬を膨らませて腕を組む。

 そして、ビシッと美久里の方へ指をさすと、こう言った。


「私はおねえに『可愛い』って言ってもらいたくて!」

「…………はぁ」

「なんでそんな反応薄いの!?」


 美奈が今にも泣き出しそうな顔をした。

 しかし、美久里は取り合わない。


「うぅ……やっぱりこんなんじゃダメかぁ……」

「……当たり前でしょ。ていうかなんでそれで私が可愛いって言うと思ったの……」

「だって……おねえってこういうの好きそうじゃん……」

「……美奈の中の私像ってどうなってるの?」


 美久里が呆れた目で美奈を見る。

 しかしそれには気付いていないようで、俯いている。


「ね、ねぇ……もしかして泣いてるの?」


 美奈は俯いたまま肩を震わせていた。

 美久里が心配そうに顔を覗き込むと――


「んむっ!?」


 美奈が美久里に覆いかぶさるようにして突然キスをした。


「えっ、ちょぉっ! んんっ……!」


 抗議の声と共に嬌声が漏れる。

 だが美奈はお構い無しに、美久里へのキスを続ける。


「ちゅ……ん……ちゅっ……」

「んっ……んぅ……」


 甘い声が室内に響く。そこはもう二人だけの空間だった。


「えへへ、おねえの唾液甘くて美味しいね」

「美奈ぁ……こんなの……ダメだよ……」


 美久里は「ダメ」というが、その顔は完全にとろけきっていた。

 濃い赤色のリップが美久里にも付き、マーキングしたみたいになっている。


 美奈はもうこれで十分だと思った。

 美奈の目的は、最初から美久里とキスすることだけだったから。

 しかし――


「はぁ……なんで妹とこんなこと……」


 美久里が呆れたように――後悔しているように言うと、美奈の中でなにかが崩れていく音が聞こえた。


 ☆ ☆ ☆


「……おねえ、私のこと嫌いなの?」

「ふぇ? な、なんでそうなるの?」


 美奈が声を低くしながら問いかけてくる。

 突然変わった美奈の態度についていけず、美久里は狼狽する。


 美奈は美久里の手首を、アザができるくらいぎゅっと握った。

 細めの美久里の手首は、とても痛そうに顔を歪めていた。


「ね、ねぇ、どうしたの……? なんか変だよ……?」

「そんなことないよ。私はずっとおねえのこと好きだったんだから」

「っ……え、そ、そうだったの……?」


 美奈の中の何かが崩れ去った今、美奈はもう気持ちを抑えられなかった。


「美奈……ねぇ……」

「――なにも言わないで。答えはわかってるから」

「……え?」


 美奈はなにも期待していないといった表情で、美久里を見つめる。

 その瞳は、わずかに濡れていた。


「こんなこと、間違っているって……わかってるから」

「美奈……」

「だからいいの。無理やりでもキスできてよかった……これで終わりにするから……」

「うん……」


 美奈が絞り出すように出した声に、美久里はなにも言えなくなった。

 でも、なにか言わなきゃいけない気がした。


「美奈は、いつから私のことが好きなの……?」

「……結構前から。子供の時から、ずっと目で追っていたの」


 そうだったのか。全然気が付かなかった。

 これ以上苦しむ美奈を見たくない。

 でも、喉になにか引っかかっているみたいに声が、言葉が出てこない。

 だけど、必死に声を振り絞って頑張る。


「美奈……あのね、私……美奈のこと……」

「なに……?」


 美久里の態度になにかを感じたのか、美奈が美久里の声に耳を傾けた。

 すると、美久里は覚悟を決めたように声を出す。


「私……私もね、美奈のこと……だ、大好き……だよ……」


 美久里がそう恥ずかしそうに顔を真っ赤にしながら言うと、美奈はフリーズした。


「……今、なんて?」


 美奈は目を見開く。

 ……聞き間違いだろうか。美久里が、美奈を……?


「っ……そ、その、そういうことだから……」

「おねえが……私を……」

「うん。だから、その、気に病まなくても大丈夫だよ……」


 そうならいいと、美奈は思った。

 しかし、これが同情とかだったら……


「ほんとにそう思ってる?」

「え? ほんとにそう思ってるよ?」


 美奈が喜んでくれると思って言ったのだが、もしかして本気度が伝わっていないのだろうか。

 それとも、嘘だとでも思っているのだろうか。


「ほんとに、嘘なんかじゃないから」

「……っ!」


 美久里がそう言って美奈の頭を撫でると、美奈は勢いよく駆けだした。


「え? み、美奈……?」


 美奈が美久里から離れた。

 それを美久里が呆然と見ているうちに、美奈は美久里を一瞥しながら部屋から出ていってしまった。


「え、な、なんなの……?」


 突然のことにそう呟くことしかできない美久里。

 そんな時、テレビのリモコンを踏んでしまった。


『結衣様! 魔法少女の力は凄まじいのですよぉ!? わかってますかぁ!?』

『あー、もう! うるさい!』


 テレビに映るステッキ――ガーネットが身をくねらせながら興奮している。

 だが結衣と呼ばれた少女は、うざそうに顔を顰めている。


『も~、結衣様聞いてください! 魔法少女は願いを魔法に変えられるんですぅ! 凄いでしょう!?』

『うーん……何度も聞かされたよぉ……』


 結衣は辟易しながらも、ガーネットの方を見る。

 凛とした儚さの瞳がガーネットの姿を捉える。

 それに何を思ったのかは分からないが、ガーネットは結衣に伝えた。


『ちゃんと想いを形にしなきゃダメですよ?』


 ☆ ☆ ☆


「……あの、さっきはごめんね、美奈」

「いや、謝るのは私の方だから……」


 美久里が手を合わせて頭を下げる。

 美奈も気まずそうに俯いている。なんとか元気づけてあげられないだろうか。

 そんな時、さっき見たアニメを思い出す。


「あのね、好きって言ったのは本当だよ。姉妹としてとか家族としてとかじゃなくて、本当に大好きなの」

「そ、そっか……まだ信じられないけど……夢だと思っちゃうけど……本気なのはよく伝わってきたよ」

「よ、よかったぁ……えへへ、両思いだね」


 嬉しそうに言う美久里に、美奈は本当に自分のことを想ってくれていたのだと、胸が高鳴る。

 しかも、テンションが上がり、今すぐ美久里を抱きしめたくなった。


「どうしたの、美奈?」

「ふぇ!? べ、べべべ別に何もないよ??」

「思いっきりなにかありそうだけど……まあ、いいや……」


 美奈が両手を振って否定するが、とてもじゃないが騙せそうにない。

 美久里はくるっと向きを変えたと思うと、美奈の方に顔だけを向けて――


「だから、さっきの……き、キス……またしたいなって……」


 ――…………


「ふぇ!?」

「え、だめ!?」


 美久里は突然なにを言い出すのかと思ったら、さっきのをもう一度?

 美奈は美久里の言動についていけなかった。


「え? え? どういうこと?? だっておねえ、さっきはダメって……」

「さ、さっきはさっきだよ……無理やりされたから嫌だっただけで……」


 悲しげな、今にも泣いてしまいそうに美久里は笑う。

 美奈は鈍感だが、美久里の表情を読み取れないほど鈍くはなかった。


「だめ」

「え?」

「そんなのだめ! 私っ……まだ何も伝えられていないのに!」

「ど、どういうことなの?」


 目を瞑りながら必死で叫ぶ。そして、言い終わると――


「ちょっと待ってて! 着替えてくるから!」

「え? どういうこと!?」


 美奈は颯爽と部屋に入った。

 ドタバタと忙しない音が聞こえてくる。


「おねえ、お待たせ!」


 美久里が小首をかしげるように傾いていると、美奈の着替えが終わったようだ。

 美奈は、美久里が大好きなアニメ――『魔法少女になれたなら』の主人公のコスプレをしている。


「は? え、何? 何をする気?」


 突然の美奈の着替えに頭がついていかないようで、美久里は思ったことをそのまま口にした。


「さっきのアニメ、実はこっそり聴いてたの。その中で、ガーネットが言ってたでしょ。魔法は、願いや想いを形にするものだって。だから、この衣装を着ている今なら……素直に、伝えられるかと思って」

「え? 伝えるって……何を?」


 美久里がそう言い終わると同時に、美奈は美久里の両手を握ってこう言った。


「私……私も、おねえのこと……大好きだよ!」


 美奈が笑顔でそう言うと、美久里は暫くは目をぱちぱちさせていたが、すぐに美奈と同じ笑顔を浮かべたのだった。


 ☆ ☆ ☆


 後日。


「おねえー! 大好き!」

「……ふぇっ!? え、あ、そ、その……わ、私もだよ……」


 美奈がお姉ちゃんに勢いよく抱きつくと、美久里は照れながらそう言った。


「な、なんか……ちょっと、あれだね……」

「あれって何!?」


 この姉妹は、今日も他の人より濃いおうち時間を過ごしていた。

 きっとこれからも、そうしていくだろう。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

とある姉妹の百合的日常 M・A・J・O @miku_kura

★で称える

この小説が面白かったら★をつけてください。おすすめレビューも書けます。

カクヨムを、もっと楽しもう

この小説のおすすめレビューを見る

この小説のタグ

参加中のコンテスト・自主企画