卒業パーティーで断罪されるはずの悪役令嬢ですが、ソロ卒業式に出席することになりました

作者 相葉ミト

11

5人が評価しました

★で称える

レビューを書く

書かれたレビューはまだありません

この小説の魅力を、あなたの言葉で伝えてみませんか?