幼女戦記二次創作

クッキー

第1話東京駅のホームにて

「そろそろ来るな」

「覚悟しろ!ここでお前を殺してやる」

 いつもどこかでよく聞くような言葉を言われ私は笑った。

 たった二、三人でスポーツジムで鍛えた私を突き落とそうとは片腹痛い。

「人数はたったそれだけか?」

「よく周りを見ろ」

「うん?まさか!」

 ホームにいる50人ほどの人は全員自分が首を切った人物だった。

 全員がにじり寄るとホームから突き落とそうとする。

 この数には流石に対応できない。

 何十回もこういう事態を対処してきたが私はホームから転落し、数秒後にホームに突っ込んできた電車に轢き潰された。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る