人間のアシェイムド

作者 陸前フサグ

27

10人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

平成(令和でなく)から昭和、それも太宰治や中原中也といった名だたる文豪が登場する昭和初期へのタイムスリップ・ストーリー……なの、です、が、そう一言で纏めてしまうと、非常に軽薄で書き手に申し訳ない気がするのはなぜでしょうか。
なので、このレビューを書くに当たってこの作品の何に惹かれるのか考えていたのですが……私の個人的な感想となりますが、特に第三部になって深まる、各登場人物が共鳴することで醸し出す「人の業の重さ」「人生の皮肉」にあるのかなと。
そして、そこに至るまでの、主人公や文豪、その他の登場人物の肉付けの厚みは、そのまま物語の厚みに繋がっていて、ただのタイムスリップものにはない説得力と、凄みを醸し出しています。
さらに、時代考証も非常にしっかりしており、読んでいるとまるで自分も昭和初期に生きているかのよう。そんな、徹底して作り込まれた世界観と、文脈から、書き手のこの作品に賭ける執念のようなものを感じ取るとき、「これはものすごい作品を手にしてしまった」と思わずにいられないのです。

★★★ Excellent!!!

【物語は】
恐らく平成生まれの主人公が平成ではない場所におり、”働かせてくれ”とある店主に懇願しているところから始まる。しかも、お金の必要な理由は自分の為ではない。一体何があってこんな事態に陥っているのだろか?

【登場人物・物語の魅力】
本編に入ると、どうやら主人公は怒っているようだ。行き場のない怒りというのが適切なのだろうか。せっかくスケジュールの調整をし、遥々友人に会いに来たのにドタキャンされてしまい、相手にも自分にも怒りが収まらないといった印象。しかし、どうすることもできない。
これは偏ったイメージであるが、若いうちは恋人を優先し、結婚してしばらく経つと友人を優先する。人にもよるだろうが、恋愛を優先する人ほどこんなイメージがある。

主人公は意図せずして”一人での観光”になってしまい、地元の友人に助けを求めるが、自分に持たれていたイメージに落胆する。随分と偏ったイメージであり、友人がどんな人なのか知りたくなる。その友人から勧められた場所に不満を感じたものの、主人公は行ってみることにしたのである。
しかし、目的地に着くどころか変な人に絡まれてしまう。

日常から非日常へ。不思議な体験をした主人公は、高い場所から突き落とされ死を覚悟したが、気づいたら見知らぬ街にいたのである。

【世界観・舞台】
現代から過去へ。2018年・東京から過去へと飛ばされてしまう。手にはある植物を持って。ここで救いとなるのは、自分自身の目的が分かっていることである。(それは少し後でわかるのだが)

過去に着き、暫く困っていた主人公に、突然救いの手が差し伸べられる。全体的にユーモアの混ざった、笑いどころもある作品ではあるが、タイムスリップ先で、ある人物に出逢ってからが面白さが増す。
ここで、あらすじからは想像できない展開へとなっていく。ネタバレになるので詳しいことは言えないが、希望が現れるのだ… 続きを読む

★★★ Excellent!!!

 少しレトロな言い回しがあったり、登場人物の方言の口調の書き方が、昨今は随分と見かけなくなったタイプで、小学校の図書館にあった分厚い文学集の中の一作品のよう。それが完全にイマドキ向きな現代口語訳をされたような読みやすさがありつつも、昔の文学の空気感が残っているため、ブラウザで読んでるのに紙の匂いを感じるという。だからといって、古臭いという訳ではないです。昔の文学の情緒的な良さと、今時の読みやすさの融合というか。
 それが、平成から昭和にタイムスリップしたというストーリー、文豪との絡みにすごく合っています。

 そして登場人物たちなのですが。
 一癖ある、なんてものじゃないという。何癖あるの!?というぐらい、これがまあとにかく尖がっていて。主人公の要もかなり複雑な子で、頑張りが空回りするような不器用な部分もあるし、男装もしてるしで、設定だけでも盛沢山。失敗して、転んで、何気にひどい目にあったり、恋なんかもしてみたりもして…。泥臭いというか、ああ人間臭いってこういう事だな!という感じの。

 彼らのこの癖ある感じが、上っ面ではない、人間味が濃い、人としての層の厚さに感じられて、物語をより深く、魅力的に、そして現実感を醸し出しているように思いました。

 一気読みもできる読みやすさではありますが、一話ごとのまとまりが良く、雰囲気の部分でも、朝の連続テレビ小説的でもあるので、すでに多くの話数を重ねている作品ですし、朝に15分という感じで、昭和初期の雰囲気を味わいながら、じっくり読まれるのもおすすめかなと。

★★★ Excellent!!!

 1話目からいったいどうなるんだ、これは? と思いながら読み進めていった。時代逆行ものというのはたくさんあるけれど、こういう話は見たことがなかったから。わたしは詳しいわけではないが、昭和初期の感じライトに見せてくれていると思う。違和感なく世界観に入ることができた。
 主人公が魅力的だった。太宰治を知らないという現代日本になかなかいなさそうな人物で、抜けているが一生懸命で憎めない。こういうキャラクターが好きです。

★★★ Excellent!!!

主人公、歴史上の人物、平成と昭和。
すべてが違和感なくするりと繋がって……気づいたらバンバン読み進めてしまいます!

1ページ1話なので読みやすく、
キャラも個性がはっきりしていて背景まで作り込まれているので、感情移入しやすいです。
(個人的に登場人物が多いと忘れてしまうのですが人間のアシェイムドは全然忘れません、すごい笑)

これから伸びていく作品であること間違いなし!
皆さんと感想を分かち合いたい!です!

1部ではわちゃわちゃ、2部はハラハラ、3部はより深く物語を感じます。
更新楽しみです!応援しています!