親父の『研究』に付き合って見知らぬ人と共同生活するはずだった。その相手は学年一の美少女だった。

作者 萩塩

12

5人が評価しました

★で称える

レビューを書く

書かれたレビューはまだありません

この小説の魅力を、あなたの言葉で伝えてみませんか?