西涼女侠伝

作者 水城洋臣

35

12人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

最近中華歴史もの? にはまっているのか、ほぼ2作品しか読んでいない気がする。そして、その2作品のうちのひとつがこの作品。わくわくしながら読んでます。

場所は涼州。馬超が曹操に反旗を翻し、混乱の兆しがある。そこを旅する男装の女剣士趙英、家族の仇を探す、ココタン。そして、謎の男緑風子。3人の旅と、涼州の混乱が描かれていく。なんか、リアルな三国志の世界を一緒に旅している気になってくる作品です。

★★★ Excellent!!!

私は物書きの真似事を始めたもので、面白い作品に出会うと嫉妬に駆られるようになってしまいました。この作品にも同じ衝動を覚えて癪なのですが…。それだけこの作品が良作ということです。面白いのも癪ならば、この作品が読まれてないことはもっと癪。
中華の武侠物ということでとっかかりにくいかもしれませんが、三国志の世界に趙英、呼狐濾、緑風子ら三人の魅力的な創作上の人物を投入し、生き生きと活躍させる様は見事としかいいようがありません。一度、読んでみられることを強くお勧めさせて戴きます。

★★★ Excellent!!!

良質な歴史小説ですが、歴史的背景を抜きに冒険小説としてみても秀逸です。
母との確執がある男装の敏腕剣士、家族の復讐を誓う少年、そして怪しい道士。
魅力的な登場人物がそれぞれの思いを秘めて中国の大地を駆け巡ります。
戦い、悩み、迷う。
そんな主人公の趙英を自然と応援したくなるお話です。