夜の先に滑り込む ふたり

作者 樹 亜希 (いつき あき)

とにかく、このむちゃくちゃさがいい。何も考えずに読むしかありません。

  • ★★★ Excellent!!!

 恋愛はロマンだとか、清く美しくだとか、甘ったるいこと言ってんじゃねえ。
 人を好きになることは、切なくて、にがくて、苦しくて、兎に角相手を遮二無二求めたくなって叫びたくなるということだ。
 ということが、よくわかる。小説です。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

赤雪 妖さんの他のおすすめレビュー 31