当代無双の弓の名手を娶ったのじゃが、新妻が毎晩わしの寝首をかこうとしてきて困る。

作者 真曽木トウル

19

7人が評価しました

★で称える

レビューを書く

書かれたレビューはまだありません

この小説の魅力を、あなたの言葉で伝えてみませんか?