祟り梅

作者 宮塚恵一

思い出す物語

  • ★★★ Excellent!!!

この話を読んだ時、京都伏見の某所の大木を思い出した。道の中央を大木が生えていて、それを避けるように道路が走っていた。地元の人曰く、災難を恐れて誰も切ろうとしないと言う。そう言った話が日本中にある。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

ミツルさんの他のおすすめレビュー 145