天魔の契約

作者 HiraRen

1話目から読む

新規登録でもっと便利に!

ユーザー投稿作品やKADOKAWAの人気作品をもっと便利に読めます。

閲覧履歴

どこまで読んだか忘れても大丈夫。自動的に記憶してくれます。

更新情報

「フォロー」した作家・作品の更新情報がメールで届きます。

マイページ

好きな作品を管理できる、あなた専用の本棚ができます。

必要なもの

ユーザー登録(無料)に必要なのは、メールアドレスだけ! 登録は簡単です。

目次

完結済 全181話

更新

  1. 序章
  2. 序章
  3. 第一章 天地世界
  4. 第一節 落ちこぼれ学生と冒険者
  5. 第二節 五輪論
  6. 第三節 天地世界
  7. 第四節 異界の者たち
  8. 第二章 地獄の階段
  9. 第一節 死地へ向かう者たち
  10. 第二節 バトルメイド・ツムギ
  11. 第三節 剣を持つ者たち
  12. 第四節 慈善の施し
  13. 第五節 地獄の門
  14. 第六節 混沌の繁栄
  15. 第七節 天業
  16. 第八節 堕天者
  17. 第三章 破滅の日まで
  18. 第一節 正義と平和の旅団
  19. 第二節 自警団
  20. 第三節 逃げ出したい夜
  21. 第四節 自警団の設立
  22. 第五節 輪廻の眼球
  23. 第六節 嵐の釘
  24. 第七節 最後の日まで
  25. 第八節 頼りになるヴァンへ
  26. 第四章 魂の理
  27. 第一節 化け猫
  28. 第二節 法術師
  29. 第三節 ガオケレナの花
  30. 第四節 この世の理
  31. 第五節 血の花々
  32. 第六節 評議会
  33. 第七節 生きている人間として
  34. 第五章 死霊魔術師
  35. 第一節 アズラゴルド騎士団
  36. 第二節 歴戦の戦士
  37. 第三節 死霊魔術師 前篇
  38. 第四節 死霊魔術師 後篇
  39. 第五節 大敗の夜
  40. 第六節 お父さんを助けようとしている
  41. 第七節 遠雷と少女
  42. 第八節 灰色の妹 前篇
  43. 第九節 灰色の妹 後篇
  44. 第十節 さらに強くなるために
  45. 第六章 レーナ魔装具店
  46. 第一節 深度計
  47. 第二節 オーバードース
  48. 第三節 南岸砂漠
  49. 第四節 砂漠の渓谷
  50. 第五節 回遊路
  51. 第六節 ドクター
  52. 第七節 最悪な世界だけど
  53. 第七章 天魔の契約
  54. 第一節 朽ち果てた遺体
  55. 第二節 スキン・オブ・ウィンザーマギ
  56. 第三節 凶盗
  57. 第四節 窮屈な聖衣 前篇
  58. 第五節 窮屈な聖衣 後篇
  59. 第六節 狂犬
  60. 第七節 四つのダンジョン
  61. 第八節 審判の間
  62. 第八章 地獄の女王
  63. 第一節 悪魔の布告
  64. 第二節 死刑執行への同意
  65. 第三節 ワイアンドの眷属
  66. 第四節 アウレオラ
  67. 第五節 救世の大天使
  68. 第九章 モルガン十字軍
  69. 第一節 モルガン・クロード 前篇
  70. 第二節 モルガン・クロード 後篇
  71. 第三節 モルガン・ステップ
  72. 第四節 一員として
  73. 第五節 警戒任務
  74. 第六節 穏やかな水の底へ
  75. 第七節 平穏な脈絡
  76. 第八節 魔物の貌
  77. 第十章 処刑人の樹
  78. 第一節 彼らはどこかで『当たり』を引く
  79. 第二節 旧王朝の伝承
  80. 第三節 髪の薄い世捨て人
  81. 第四節 いい尻の娘さん
  82. 第五節 魔力も感じない浮浪者
  83. 第六節 六億ゴールドの高額報酬
  84. 第十一章 静謐の森と怪鳥
  85. 第一節 世界の問題
  86. 第二節 処刑人の樹
  87. 第三節 ここには旧王朝も現体制もない
  88. 第四節 魔力の本質
  89. 第五節 新しい魔力の境地
  90. 第六節 邪悪な力
  91. 第七節 怪鳥
  92. 第八節 恋人を探し続けてる
  93. 第十二章 リリスの秘跡
  94. 第一節 安全に、外で暴れられる場所
  95. 第二節 リリスの秘跡
  96. 第三節 それはわたし達のためでもある
  97. 第四節 呪われた血
  98. 第五節 淀んだ水のように
  99. 第六節 借物の魔力
  100. 第七節 ワイアンドが地上を歩く
  101. 第十三章 ワイアンドが地上を歩く
  102. 第一節 囚われた魂
  103. 第二節 赤き血の契約
  104. 第三節 ヴィルヘルミーナ・フォン・ザルデルン
  105. 第四節 明確な生命の鼓動とともに
  106. 第十四章 スキニア聖十字軍
  107. 第一節 マルユッカちゃんは慈悲深い
  108. 第二節 魔物になっちゃったさん
  109. 第三節 友達って難しい
  110. 第四節 神の導き
  111. 第五節 幻聴で踊る
  112. 第六節 必ずあなたを解放する
  113. 第七節 デモゴルゴン
  114. 第十五章 隣り合わせの悪魔たち
  115. 第一節 統括主 前篇
  116. 第二節 統括主 後篇
  117. 第三節 生きるか死ぬかの戦いの果てに
  118. 第四節 純粋なおバカ
  119. 第五節 スキニア正規軍を皆殺しにしてやる
  120. 第六節 魔力伝搬
  121. 第七節 テーブルを壊してもいけない
  122. 第八節 誰かを好きになるっていう自分の気持ち
  123. 第十六章 アンドラス卿
  124. 第一節 新しい領域へ
  125. 第二節 地獄の掟
  126. 第三節 ヒトのココロ
  127. 第四節 悲しき求愛
  128. 第五節 その役割はあんたじゃない
  129. 第六節 純粋な恋心の結末
  130. 第七節 ヒトのカタチをした魔
  131. 第八節 仲間たちの魔力
  132. 第九節 たぶん、もっともっと上だ
  133. 第十節 生きててほしい友達もたくさんいる
  134. 第十七章 セムナの移転門
  135. 第一節 空間の亀裂
  136. 第二節 粛清
  137. 第三節 黒い光の帯
  138. 第四節 積年の恨み
  139. 第五節 血の海
  140. 第六節 異界を歩く
  141. 第七節 キミと話すために
  142. 第八節 帰ろう
  143. 第十八章 叙勲伝達式
  144. 第一節 いまは一分一秒でも惜しい
  145. 第二節 難しい生き物
  146. 第三節 再生なんてされない
  147. 第四節 しかるに、天魔の契約は
  148. 第五節 頼りになる師匠
  149. 第六節 一息に殺してやる
  150. 第十九章 逆十字の聖都
  151. 第一節 どこか異なる街のように
  152. 第二節 神様に名前なんてあんのかな
  153. 第三節 神様の御加護
  154. 第四節 幸福な生活
  155. 第五節 ただいま
  156. 第六節 求めていた途中式
  157. 第七節 守るべき者たち
  158. 第八節 血祭りにあげてやる
  159. 第二十章 ガラスの路
  160. 第一節 神はあなたをお許しになる
  161. 第二節 夢のなか
  162. 第三節 不愉快かつ愉快なもの
  163. 第四節 ガラス
  164. 第五節 その傷を法術師なら治せる
  165. 第六節 根源的な生命の力
  166. 第七節 本当に地獄に毒された
  167. 第八節 あの孔雀の長もそう言っていた
  168. 第二十一章 流血の聖都
  169. 第一節 流れた血に偽りはない
  170. 第二節 ある意味で履行されるべきだと思う
  171. 第三節 地上を穢している
  172. 第四節 仔羊たち
  173. 第五節 忘れかけていた信頼
  174. 第六節 ただ……家族を取り戻したかった
  175. 第七節 クネセトの梯子
  176. 第八節 時空の再編
  177. 第九節 死を早める魔剤
  178. 第十節 階段を登り続けていた
  179. 第十一節 解放の地へ
  180. 第十二節 一緒に人間界で暮らしたい
  181. 第二十二章 混沌の領域
  182. 第一節 純潔の救世主
  183. 第二節 犠牲と流血の少女
  184. 第三節 注意してくれる『誰か』が必要だった
  185. 第四節 蹂躙される旧世界
  186. 第五節 女王の名において
  187. 第六節 煩雑な問題を議論していた
  188. 第七節 アシュドド・ウィズダム
  189. 第八節 醜い人間界の破壊を止めるために
  190. 最終章 願いは神へ
  191. 第一節 旧世界の終焉
  192. 第二節 いままで側にいてくれて、本当にありがとう
  193. 第三節 わたしには少し重すぎる
  194. 第四節 身体の芯から冒険者 前篇
  195. 第五節 身体の芯から冒険者 後篇
  196. 第六節 地獄の魔剣
  197. 第七節 天使に成り損ねたバカ
  198. 第八節 新世界の住人
  199. 第九節 正真正銘の『神』
  200. 第十節 秩序は守られるためにある
  201. 第十一節 聖戦の顛末
  202. 第十二節 一緒だから戦えた
  203. 第十三節 本物の神様が存在するなら
  204. 最終節 わたし達の『天魔の契約』
  205. 終章
  206. 終章