星影の歌姫が捧ぐ、愛知らぬ邪神(かみ)への愛を紡ぐ唄

巴 雪夜

私は愛そう、アナタがどんな存在であろうとも

episode.1 星影の歌姫は愛知らぬ邪神(かみ)と出逢う

第1話 愛するために生まれた



「お前は愛するために生まれたんだよ」



 仄暗い神殿の祭壇前で年老けた、けれど美しい女が言う。祭壇の上に立たされた少女に向けて。



「ワルドばばさま。私は誰を愛すればいいの?」

「それはね、ユエ。お前を迎えに来た存在だ」



 ワルドは安心させるように祭壇の上に立つユエの長く艶のある黒髪を梳いた。


 長く長い時を経て、お前を迎えに来た存在を愛するの。ワルドはそれがお前の生まれた意味だよと囁いた。



「お前はこれから常夜の世界でただ一人、生き続ける。不老の身体でずっと。けれど、必ずお前を迎える存在はいる。その者を生涯、命をもって愛するのよ」



 ワルドはユエを抱きしめながら言い聞かせた。貴女は愛するために生まれたのだと。



「ワルドばばさまは? ワルドばばさまはどうするの?」



 涙に潤む青く透き通った瞳を向けて問うユエにワルドは笑みをみせて、お前を遠い場所で見守っているよと答えた。


 祭壇の上に暗い暗い穴が渦を巻く。残された時間は少ない。ワルドは目を細めて、優しく微笑んだ。それが別れを告げるものだとユエは察した。彼女の肩に縋るように首を左右に何度も振った。



「嫌だ、嫌だよ。ワルドばばさまっ」

「ユエ。お前はガナーの最後の歌姫。わたしが教えた唄を、お前が生み出した愛の唄を愛する者のために紡ぎなさい」



 例え、どんな存在であっても、その愛をもって守りなさい、祈りなさい。ワルドはユエの頭を撫でた。



「愛しているよ、ユエ」



 どんなに遠くへ行っても、お前を愛している。ワルドはそう囁いて――ユエを穴へと落とした。


 ワルドは最後まで笑顔だった。目に涙を溜めながら、流すことなく。

 ユエは光の無い穴へと落ちていく。それは一度、入れば自力で出ることはできない常夜の淵だ。出るには試練に打ち勝った存在の迎えが必要だった。


 落ち行く中、ユエは涙を零した。

 この涙は恐怖からではない。もう二度とワルドにも、同じ民たちにも会えないことへの悲しみだ。祈るように手を合わせ、瞼を閉じる。


 どうか、どうか、苦しまずに彼らが天へと昇れますようにと祈りを捧げる。


(私、愛するわ)


 愛そう、名も知らぬ、顔知らぬ存在を。いつか迎えに来た存在を。生涯、命をもって愛し続けよう。


(愛を、私の愛を全て)


 私は愛するために生まれたのだ。だから、私は愛する、どんなことがあろうとも。


(何年、何十年、何百年経とうとも、待ち続ける)


 アナタを愛しながら。



  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る